« フィリピン エルニド ミニロックのランチ その2 | トップページ | フィリピン エルニド 無人島に二人きりで、プライベート・ピクニックランチ その1 »

登利平の上州御用鳥めし弁当をGET!

ぷく、本日は群馬県の高崎方面にお出かけ。

帰り、高崎駅に立ち寄ったら
一緒に行った人が

「とにかく美味しいから、
お夕飯用に買っていかないと後悔する!」

と、

「登利平」の鳥めしを強く推奨したので
買って帰ることにしました。

同じ群馬県のお弁当と言えば
「峠の釜めし」が断トツで有名だけど

このお弁当も、地元ではかなりの人気商品らしく
夕方に入手したかったら
予約した方が無難・・・と言う代物らしいです。

ぷくが立ち寄った時
運よく2個残っていたので買って帰りました~!

「竹」もあったけど
ちょっと奮発して「松」を購入

・・・と言っても
竹 680円、松 780円のリーズナブルさ・・・

で、こんなお弁当でした

登利平 上州御用鳥めし松弁当

2012_03060027

紙をとるとこんな感じ

2012_03060037

中身はこんなの

2012_03060042

鶏胸肉ともも肉が、ボリュームたっぷりにのっています
(竹は胸肉だけだった様な・・・)

鶏肉の下は
当然ご飯ですが
海苔が敷いてあって、タレが浸みているのもいい感じ!

(少し肉をずらして撮影↓)

2012_03060045

・・・で、お味restaurantは・・・??
強く勧められたことに納得しました!

このお値段でこの味とボリュームなら
文句ないと思います!

このお弁当、
残念ながら、新幹線の駅構内や
車内販売では扱っていないみたいですが
機会があればリピートしたいな、と思いました。

出来立ての温かい状態で食べてみたいです。

車内bullettrainで食べるなら、
このお弁当riceball+缶ビールbeer
かなり満ち足りた気持ちになるのでは、と思います。

   

・・・ちなみに・・・、ぷく家のお夕飯
これだけでは足りそうになかったので
お弁当を食べる前
野菜料理を作って食べました

・つまみ菜のごま和え
・大根と蒟蒻と油揚げの煮物
・ブロッコリーとひじきのサラダ

そして
なめこ汁も投入。

お弁当でお夕飯の手抜きをしようと
目論んでましたが
そんな訳には行かなかったです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

一緒に飲んだお酒bottle
群馬県ではなく
お隣の新潟県のものでした

2012_03060023

麒麟山
純辛
純米吟醸辛口
麒麟山酒造株式会社
(新潟県東蒲原郡阿賀町)

精米歩合50%

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・・

|

« フィリピン エルニド ミニロックのランチ その2 | トップページ | フィリピン エルニド 無人島に二人きりで、プライベート・ピクニックランチ その1 »

コメント

ぷく、出張だったんですね。怪我の方はだんだん良くなっていますか?

鶏肉がたっぷりのお弁当、本当に美味しそう。それにしても何てリーズナブルなお値段でしょう!!(首都圏なら千円台だったりして!)最近は日本で旅行しても駅弁じゃなくてコンビニ弁かおにぎりばかり買ってしまうのでうが、こんなに豪華でしかも安い駅弁があれば買いたいなと思いました!

投稿: 明子 | 2012年3月 7日 (水) 05時50分

>明子ちゃん

日帰りの出張なので、無事に行くことが出来ました!

お弁当、コンビニのものもいいけど、駅弁って味わい深いなぁと思いました。
基本、温めないで食べる前提で作ってくれているから、冷たくても美味しかったです。

大抵の駅弁は1000円はする中、これはリーズナブルで大満足でした~!

投稿: ぷく | 2012年3月 8日 (木) 00時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/44395062

この記事へのトラックバック一覧です: 登利平の上州御用鳥めし弁当をGET!:

« フィリピン エルニド ミニロックのランチ その2 | トップページ | フィリピン エルニド 無人島に二人きりで、プライベート・ピクニックランチ その1 »