« トホホ感満載の居酒屋でのお食事 その1 | トップページ | お酒備忘録 割と高級な?ワイン »

トホホ感満載の居酒屋でのお食事 その2

昨日の記事に引き続き
とある居酒屋のお話・・・

コース料理で温かい料理を出てきた順に
卵焼き → 鶏の煮物 →天麩羅
と食べ進んだ後

楽しみにしていた金目鯛の煮つけshineを食べました!

何と言っても
金目鯛の煮つけがあるから
期待に胸を膨らませ
今回このお店に来たようなものでしたheart02

これを食べる頃にはワクワクした期待flairは全く薄れていてdown

逆にどんな突っ込みどころがある料理なんだろうとの方向に
期待のベクトルupwardleftdownwardright が変換eye

そう言う点では
期待通りの内容でした

こんな一皿

2012_02190022

かなり鮮度がアレな金目を使っているみたいで
●お魚の臭みが強い
(生姜を沢山使って、臭みを抑えているのがわかる味だけど
それでも消しきれない臭みがありました。)

更に、着席してそれなりに時間が経ってからサーブされたので
もしかして、煮上がったばかりなのかな~と
少し期待したのですが
そんなことはなく

出来立ての煮魚の身のふっくら感がなくって
作り置いてた締まった身の食感で・・
しかも、上手に煮返してくれていたら
まだ良かったのですが、

レンジで温め直した様な
パサパサした身
で・・・

確かに金目鯛ではあったけど・・・
小さなサイズの半身で
頭は半分ついていたけど、カマの部分は取れていて・・・と
かなり悲しい状態で、

ある意味、ベクトルが変わった期待以上のトホホ感weepでした。

金目の煮つけなんて、なかなか食べる機会がないから
と期待してお店に来ただけに、とても残念。

これなら、お家で作った方が美味しくできるのではないか、と
思ってしまいました。

また、お魚をあまり食べ慣れない人が
これを食べて
金目って臭くて硬くてあんまり美味しくないお魚だな~と
の印象をもし、持ってしまったら
とても悲しいな、と思います・・・

トホホポイント その3

→悲しすぎる看板メニュー

  

  

で、煮魚の後にお刺身を食べるのも
ちょっと変な感じだね・・・
と言いつつ、お刺身のお皿に注目。

産地直送のお魚が
セールスポイントのお店だけあって
こんな丁寧な状態で刺身5点盛

2012_02190013_2

一瞬、「ふくらげ」って何だろう?
と思いました。(手前左)

富山の方でブリの小さいのを「ふくらぎ」と言うので
それと同じでブリの系統だと思ったのですが
でも、これは、白身のお魚だから違うんじゃない??

と言う話をしつつつ、

ふと「ソイ」(奥右)の札を見たら
明らかにソイではない身が鎮座。

そこで、
ソイとフクラゲの表示が逆になっていることが判明!wobbly

鵡川のニシンのお刺身があったりして
お刺身そのものは楽しめたのですが

表示を間違えるとは・・・sad

多分、この間違い、判別できる人は
あまり多くはないと思います。

もしかして、盛り付けた方も良く分かってないかも・・
他のテーブルにも同様の表示で
サーブされていないことを
祈ります・・・

トホホポイント その4

→自慢のお刺身で表示ミス

・・・と、今回強く感じた
トホホポイントは以上です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ま、人によっては
上記の内容
大したマイナスポイントではない
と思う方もいらっしゃるとは思いますが
少なくとも
ぷくにとっては
何だかな~、と思うお話が
沢山重なりすぎたのが
逆に新鮮で記事にしてみましたhappy01

その他にも、色々楽しい点はありました。

ホタテの天ぷらと言われて
サーブされたコレ

2012_02190020_2

贅沢9品コースとの名前だったので、
ホタテの貝柱の天ぷらと
勝手に思い込んでしまったのですが

食べてみたところ
「ベビーホタテ」の天ぷらでした。

お店の表現に偽りはないので、
思い込む方が悪い
・・と言う典型パターンでした。

また、

まだ食べ物がいっぱい残っている段階で
(食事開始後30分経過しない時間に)

「お食事をお持ちしても良いですか?」
との確認があったり

あまりに早すぎるので、後にして欲しいと言いましたが・・・

ちょっと楽しみにしていた
デザートが

これっぽっちだったり

2012_02190024_2

マンゴーアイスだそうです・・・
(直径3cm程度)

・・・と、いろんな衝撃bombを受けた
お食事でした。

ま、お安いクーポンだったから
仕方がないのかな
とも思うのですが
お酒も飲んだら
支払い総額は結構な金額になってしまって・・・

今回のお食事、ぷくの完敗でしたshock

ヤラレタ感満載punchでしたが
ある意味、とてもいいお勉強annoyになったお食事でした。

あ、でも、
ホールのスタッフの方が
機敏によく動いてくれていて
笑顔で心地よい対応をしてくれたのは
唯一の救いだった気がします。

だけど、
このお店、
もう絶対行かないも~ん

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
↑こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると、
ぷくも、ちょっぴり何かのお役に立てたるようでとても嬉しいです・・

|

« トホホ感満載の居酒屋でのお食事 その1 | トップページ | お酒備忘録 割と高級な?ワイン »

コメント

ぷくさんこんにちは~

なるほど、これは相当にトホホな
結果でしたね、ご愁傷さまです(笑)

こちらも毎週のように市場まで買い出し
に行って、魚を捌いて食べているので、
外食の場合は、魚以外のものをウリに
しているところに行くことが多いですね。

たぶん、今回のぷくさんみたいな目には
会いたくないと思ってしまうからなん
ですよね。

投稿: こむこむ | 2012年2月22日 (水) 17時56分

酷い店ですね~\(*`∧´)/
ふくらげは私も???でした
白身だし・・・
後ろを見て納得しましたが( ̄Д ̄;;

ホタテ貝柱とベビーホタテとは違いますよ~

クレームつけるべきでしたね(^-^;

私だったら速出ていきます!
御金も払いません!!!(#゚Д゚)y-~~イライラ
勉強になるなんてありえない!
人が良すぎますよw(゚o゚)w

投稿: ブッチ | 2012年2月22日 (水) 20時01分

こういう店も最近じゃむしろレアな部類でしょう。お店でも釣りたてと見まがう新鮮な魚をだすところも多いですから。
ところでフクラゲってどんな魚でしょうか。

投稿: マルソータ | 2012年2月22日 (水) 22時57分

刺身を見てフクラゲ(フクラギ)じゃないじゃん
って思ったら右奥の真ゾイが…笑
コレ、ぷくさんぐらいじゃないと気付かないですね。
(普段食べてその名で呼んでる現地は別として)
しかし、残念なお店ですね。

この前、昼飯食べに行ったお店で、一緒に
行った方が頼んだ金目煮つけ定食。
少々小ぶり(30㎝ぐらい)のキンメでしたが
1匹丸ごと状態の良いのが出てきて
確か定食で1300円でした(^^;
つくばから来られた方でしたが、
「これは美味い!」と喜んでおられました。

投稿: おおはし | 2012年2月23日 (木) 10時13分

超久々におじゃましました
骨折って? どないしたん?
この日のは たぶん、ナンヨウキンメちゃうかな?
ほんまもんのキンメよりも鮮度が落ちやすいし、脂の乗りもないわ。
たぶん間違いないと思います・・・
いや、ワイが言うから間違いない!(笑)
お体、お大事に~

投稿: あかまんぼ | 2012年2月26日 (日) 00時17分

あれー骨折ですか、、、
お大事にして下さい。

投稿: おおはし | 2012年2月27日 (月) 12時34分

皆さん、コメントありがとうございます。
お返事遅くなってすみません。


>こむこむさん
プロの方が自信をもって提供してくれる
「自慢料理」だったので、
自分で作るより美味しいに違いない!
と期待していたのですが
そういう訳ではなかったです・・・

>ブッチさん
ベビーホタテをホタテ貝柱と言って出してきたら
さすがに指摘していたと思いますが。

今回は「ほたて」だったのです。
表現が上手だと思いました。

>マルソータさん
都心の激戦区のお店なので、確かにレアケースかも知れません。
なので、すぐに淘汰されてしまうと思っています。

フクラゲは、関東で言えばイナダくらいのサイズのブリのことです。

今思うと、わざわざ普通の人には分かりにくい名前で出しておいて、
説明がないと言うのも、ちょっといただけないですよね。
(厨房の人まで分からない名前って・・・)

>おおはしさん
決して行きたくはないとは思いますが
話として聞くには楽しいお店だと思います(笑)

キンメ丸ごとで1300円・・・
うらやましいです。


>あかまんぼさん
ナンヨウキンメと言う種類があるのですね!
初耳でした。
それだったのかも知れません・・・


投稿: ぷく | 2012年2月29日 (水) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/44192822

この記事へのトラックバック一覧です: トホホ感満載の居酒屋でのお食事 その2:

« トホホ感満載の居酒屋でのお食事 その1 | トップページ | お酒備忘録 割と高級な?ワイン »