« ぷく、福島へ行く 裏磐梯猫魔ホテルの洋食コースディナその2 | トップページ | ぷくの貯金箱その2~宮城県苺農家復興支援オーナー制度 »

ぷくの貯金箱その1~三陸牡蠣復興支援オーナー制度について

昨日の記事などに書いた通り
今年の夏休み、福島で充実した日々を過ごしてきました~


ぷく自身に東北にボランティアに行く程の
器が無く申し訳ないのですがsad
今回のお出かけがほんの僅かでも
地元に寄与できていることを願っていますconfident

ところで、ぷく家では
震災以来、募金用の貯金箱moneybagを自宅に設置。

性急に赤十字や中央募金会に募金dollarすることも大事だけど
今回の状況は被害は甚大すぎる為sweat01
少しだけことが落ち着いて来た時に
それらへの寄付以外の形で何か役に立てる
お金の使い方が出来るのであれば
その時に使おうと思って貯めていたお金ですshine

震災から半年近く過ぎた今、
さまざまなNPOなどが
それぞれ色んな目的で
寄付を募ってらっしゃいますが
お金を委託する先が余りにも多すぎて迷う所think

食べることが好きなぷくとしては
農業budや漁業fishなどの復興の為の
一口オーナー制度が幾つか出てきているので
その中から幾つか応援notesさせていただいています。

今までも色んな形で
東北地方の第一次産業には大変お世話になっていましたし、
それらの産業を復興する目的の為に
募ってらっしゃる基金であれば
ごくわずかでも応援したいと思ったので。

オーナー制度と言うのは
内容に賛同し、幾許かの応援をしたら
復活した暁には、何かが贈られて来るpresentと言う制度。

正直なところ、
何か見返りがあることを期待して
応援する方は居ないとは思うのですが・・・

唯、利益分配する「ファンド」は
自分の気持としてちょっと違う気がするし
何かを送っていただけるまで
復活できたことが、確実に確認できるのは
何となく嬉しいな、とその時に思う筈なので
オーナー制度に賛同することにしました。

そこで、ブログの記事に
そんな中から
ぷくが応援している先を載せたいと思います。

ぷくのブログでは何の役にも立たないかも知れないけどdown

でも、もし、この記事がきっかけになって
今必要としている処に役立つお金が周る可能性が
ゼロでは無いのであれば
記事にするのもいいかな、と思って。



先ずはこんな所を応援しました!

三陸牡蠣復興支援プロジェクト

三陸牡蠣復興支援プロジェクト「SAVE SANRIKU OYSTER」

ここは、各メディアでも取り上げられていて
ぷくもNHKのニュースで知りました)
一番有名な復興支援オーナー制度かも知れません。

<概要>

・出資金は一口一万円
・復興後(時期は未定)三陸牡蠣約20個が送付されてくる。
・出資金のうち、支援には70%、事務手数料などの経費に30%を充当予定

詳細はこちらのHPをご参照下さい
http://sanriku-oysters.com/index.html


このプロジェクトは
6月にご近所さんと開催したぷくぷく亭
の時にも話題になったのです・・・が、

趣旨はとても賛同できるけど
折角の牡蠣が20個も届いても
扱いに困るかも知れないので迷っている・・・・
(その時集ったメンバーは皆、二人家族・・)
と言うお話が出て・・・

でも、牡蠣が届いたら、
皆で集まって、乾杯wineすればいい!
と言う話にまとまって、それぞれが
オーナーになる計画を立てたのでした。
(飲む話になると、まとまりが早い!?)


↓牡蠣のイメージ画像

2011_08100012

ぷくぷく亭メンバーとしては、
こんな感じの牡蠣の殻をこじ開けながら
納税する日bottlewinebeer
首を長くして待っています!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
↑こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると、
ぷくも、ちょっぴり何かのお役に立てたるようでとても嬉しいです・

|

« ぷく、福島へ行く 裏磐梯猫魔ホテルの洋食コースディナその2 | トップページ | ぷくの貯金箱その2~宮城県苺農家復興支援オーナー制度 »

コメント

素晴らしい企画ですね! ぷくぷく亭ならではの応援の仕方、とっても賛同します。

海外まで牡蠣を送って頂くわけにもいかないしなあ。。 地道に寄付しまーす。

一日も早く復興しておいしい牡蠣で乾杯できるといいですね。

投稿: まこ | 2011年9月 1日 (木) 05時00分

なんかいいですねsun

私もやってみようかなo(*^▽^*)o

投稿: ブッチ | 2011年9月 1日 (木) 20時05分

>まこちゃん
この企画は、いち早くオーナー制度を告知なさったせいか、色々なメディアでも取り上げられているみたいです。

三陸の牡蠣はフランスからも援助しに来てくれているみたいですよ~
(かつて、フランスの牡蠣が壊滅した時に三陸の牡蠣が力になったことがある、という縁で)

>ブッチさん
ひとくちオーナー、いろんなところでしているみたいなので、
これは!と思える内容があれば、是非!

投稿: ぷく | 2011年9月 2日 (金) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/41441275

この記事へのトラックバック一覧です: ぷくの貯金箱その1~三陸牡蠣復興支援オーナー制度について:

« ぷく、福島へ行く 裏磐梯猫魔ホテルの洋食コースディナその2 | トップページ | ぷくの貯金箱その2~宮城県苺農家復興支援オーナー制度 »