« お酒備忘録 鶴齢<カクレイ>いろいろ | トップページ | ぷく、福島へ行く 裏磐梯猫魔ホテルの洋食コースディナその2 »

ぷく、福島へ行く 裏磐梯猫魔ホテルの洋食コースディナその1

またまた引き続き、福島にお出かけしたお話。

ぷくがお泊りしたのは
裏磐梯猫魔ホテルは、
ホテルの窓からこんな景色が臨める素敵な場所にありました。

2011_08170104

2011_08170105

ホテルのそばには、会津磐梯山

2011_08170250

ちょっと分かりにくい写真だけど
山が削りとられた様に、凹んでいて
山肌むき出しの茶色い部分は
噴火で吹き飛んだ跡らしいです。

五色沼や桧原湖などの湖が沢山あった地域ですが
(大小含め100以上あるみたいです)
これらの湖は明治21年(1888年)の磐梯山の噴火と大爆発で
山が吹き飛んで崩れ、川を堰き止めたりして地形が変わった結果
出来たらしいです。

今は暢気にお散歩したり、船に乗ったりしているけど
湖の下には昔の集落が沈んでいる・・・
(「昔」と言っても、僅か百数十年前のお話)
という、この風景の由来を見聞きしました。

そのお話では、既に過去の出来事として
噴火のことが語られていましたが、
今現在、東北の状況が状況だけに
話を聞けば聞くほど
色々複雑な気持ちになりました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

で、

2日目のホテルお夕飯は
洋食のコースメニューにしました~!

飲み物は先ずビールbeer

その後のドリンクも

洋食といいつつも、ワインではなく
日本酒bottleをオーダー

試してみたところ、お酒と料理の相性も良く
とても美味しくいただけました!


こんな日本酒をいただきました

2011_08170187

ほまれ 淡麗辛口
末広  濃い酒山田錦

洋食のメニューは
またまた勿体ぶって
次の記事で~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
↑こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると、
ぷくも、ちょっぴり何かのお役に立てたるようでとても嬉しいです・・

|

« お酒備忘録 鶴齢<カクレイ>いろいろ | トップページ | ぷく、福島へ行く 裏磐梯猫魔ホテルの洋食コースディナその2 »

コメント

こんばんわ
私もぷくさんが泊まったホテルにオープンして間もない時にスキーで泊まったことがあります。
バブル全盛期の時代に作られたホテル、豪華な部屋に施設が充実しており、温泉も有り、景色も最高に良かった記憶が有ります。

投稿: 哲ちゃん | 2011年8月30日 (火) 22時59分

>哲ちゃん
バブルの頃に出来て、人気のホテルだったこと、スキーをしなかった私もよく覚えてます。
建物の規模と言い、造りと言い、バブル時代は凄かったんだろうな、と思う片鱗があちこちにあるホテルでした!

投稿: ぷく | 2011年8月31日 (水) 00時30分

思いだした。

磐梯山って噴火で焼け野原の禿山になったって。 そこで磐梯山復興の父のと呼ばれる人がコツコツ植林して今の姿に戻った。

てなことを。 

投稿: えなb | 2011年9月 1日 (木) 18時28分

>えなbさん
今も立派な禿山なので、私ははじめ見た時は、スキー場造成の為の環境破壊かと思いました(笑)←無知にも程がある??

投稿: ぷく | 2011年9月 2日 (金) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/41378938

この記事へのトラックバック一覧です: ぷく、福島へ行く 裏磐梯猫魔ホテルの洋食コースディナその1:

« お酒備忘録 鶴齢<カクレイ>いろいろ | トップページ | ぷく、福島へ行く 裏磐梯猫魔ホテルの洋食コースディナその2 »