« みず入り散らし寿司の献立 | トップページ | ぷく、ルーマニアに行く 成田-ブカレスト間の機内食その1@オーストリア航空 »

みず入り散らし寿司

昨日の記事の続きの
みず入りのちらし寿司のお話。

お米屋さんで精米してもらって買ってきたばかりのお米があったので
散らし寿司にしようと思ったのでした~!

精米したてのお米で作った寿司飯は
それだけでバクバク食べられてしまう味。

お米屋さんの帰り、そのお米で作った散らし寿司が
無性に食べたくなって
みずを入れてみました~!

あんまり具になりそうなものが冷蔵庫になかったので
豪華ではないけど・・・・

でも、美味しいお酢で作った酢飯だけで
沢山食べられるお味でした。

みず入り散らし寿司

2011_06220015

具が貧相な分、今回は
寿司飯にしっかり味をつけておいたので
合わせ酢はこんな配合に

●すし酢
米2合に対し
・米酢 大さじ4
・砂糖 大さじ2
・塩  小さじ1
※お酢は、高級米酢を使いました~!

●具
・みず~さっと茹でたもの
・みょうが~薄切り
・エビ~酒炒りしたもの
・ごま
刻み海苔を食べる直前にかけて、しそで巻いたりして食べました~!

そう言えば、炒り卵も作ろうと思っていたことを
盛り付けしている時に思い出したけど、パス。
(物忘れするのは、そろそろ危ないお年頃?)
卵があったら、結構豪華に見えたかもと思いました。


みずのクセの無い味と合わせるため
寿司飯の濃いめにしておいて良かったな、と思いました。
ご飯だけでも美味しく食べられたし・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
↑こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると、
ぷくも、ちょっぴり何かのお役に立てたるようでとても嬉しいです・・

|

« みず入り散らし寿司の献立 | トップページ | ぷく、ルーマニアに行く 成田-ブカレスト間の機内食その1@オーストリア航空 »

コメント

うーん、少ない具でもとっても豪華に見えますね。 珍しい山菜が入ってるし。 食べてみたいなあ。。 

みずを調べてみたらイラクサの仲間なのですね。 こんな葉っぱのはこちらでは普通に生えていないけど、イラクサは食べられるって聞きます。 私はやったことないけど、さっと茹でるとあの痛ーいトゲトゲがとれて、スープやお浸しにできるって。 味もくせがないらしいから、やっぱり親戚なのですね。 

うちの寿司飯はもっと濃い味ですよー。 砂糖も多いし、一合に対して酢は大匙2・5くらい入ってます。 だんだん西洋化してきて濃い味付けにしてしまいます。

投稿: まこ | 2011年6月24日 (金) 07時57分

>まこちゃん
へ~!「みず」はイラクサの仲間なのね!(初めて知りました・・)
さすが、まこちゃん植物は詳しいわ~!

そっか~、そちらの寿司飯はサラダ感覚だからもっと味濃いのね~。
私のは、(おかずではなく)ご飯の仲間だから、濃くてもこれくらいです~!

投稿: ぷく | 2011年6月26日 (日) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/40514918

この記事へのトラックバック一覧です: みず入り散らし寿司:

« みず入り散らし寿司の献立 | トップページ | ぷく、ルーマニアに行く 成田-ブカレスト間の機内食その1@オーストリア航空 »