« 居酒屋ぷくぷく亭 茹で空豆&タラモサラタ | トップページ | 居酒屋ぷくぷく亭 (仮称)オバサンのカルパッチョ ~ 多分、オキナヒメジ »

居酒屋ぷくぷく亭 真鯛のカルパッチョ風

先日の居酒屋ぷくぷく亭 洋風料理と日本酒の宴
(お品書きはこんな感じ)での一品

  
ぷくぷく亭が魚粂さんfishから仕入れたお魚、
先ずはマダイです。
  
元気な男の子が入荷していたので、
たまには真鯛もいいかな~と思って持ち帰りました。
(ごくごく普通のお魚を食べる頻度が極端に減っているので・・・)
  
こんなコ

2010_06060087



新鮮なので、やはりお刺身で食べることにしました。
今回は一応洋風料理なので
カルパッチョ風にして食べました~!
こんな感じ

真鯛のカルパッチョ風

2010_06060090


作り方・レシピなどの詳細はないけど
お刺身を器に盛って、塩・こしょう・オリーブ油をかけ
好みでレモン汁を絞っていただきました~!
ちなみに、緑のハーブは
えなbさんさんからいただいた種で育てた
ベランダ製ハーブ、ディルですclover
  
この日のお客様で
生魚が苦手~と言う人も居たので、
ちょっと心配しつつ食べてもらったけど
これは大丈夫だったみたいです!happy01
やっぱり新鮮だったからかな・・・shine
ちなみに、季節がら、今のマダイって
「麦わら鯛」と言われる、ちょこっとグレードが落ちる時期らしいけど
このコはとっても美味しかったです。

きっと、天然の真鯛を食べ慣れていない身には
旬の時期の「桜鯛」cherryblossom
「麦わら鯛」の味の違いなんて
分からないと思います・・・bearing

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷくも、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 居酒屋ぷくぷく亭 茹で空豆&タラモサラタ | トップページ | 居酒屋ぷくぷく亭 (仮称)オバサンのカルパッチョ ~ 多分、オキナヒメジ »

コメント

タイの大きさはどのくらいでした。
40cmになっていない3歳未満のマダイなら、産卵に加入しませんので、卵に栄養が取られていないのでおいしいと思います。
 それとも獲れたところで違いますが、産卵あけ体力を回復したものかもしれませんね。
では。

投稿: 髭野 | 2010年7月 1日 (木) 11時00分

すみません。
読み過ごしておりました。
男の子だったそうですね。
産卵期間間近から産卵期が終わって
体力が回復するまでの間は、卵に
栄養を取られる雌よりも
雄の方がおいしいと思います。
では。

投稿: 髭野 | 2010年7月 1日 (木) 13時31分

こんにちは
マダイ、鮮やかに刺身にしますね。
魚を下ろさせたら日本一の主婦ですね。
いつか魚のおろし方を教えてもらいたいです。
今週はマルソータさんと夜のアナゴ釣りです。
釣れてもアナゴはさばけませんので船宿で調理してもらい家で天ぷらか煮付けにしたいと思ってます。

投稿: 哲ちゃん | 2010年7月 1日 (木) 14時24分

こんばんは。
お邪魔します。

おいしそうですね(*^-^)

天然鯛は皮がおいしいですよ
湯引きしてからのカルパッチョでもよかったのでは?

すみません・・・


麦わら鯛とは聞いたことがありませんでした。
鯛は卵をはなしてからしばらくは
痩せていてとても食べられる身ではありません。
他の魚もそうですが・・・
ようやくちょっと肥えてきた感じです。
ぷくさんが食べたのはちょっとオマセ?な鯛で早めに出産したんでしょうね(o^-^o)
だから早く食べられるようになったんだと思います。

ところで、アラもちゃんと食べたんですよね?;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

投稿: のちゅ | 2010年7月 1日 (木) 21時19分

おっ!久々に私も馴染みのあるお魚(笑

カルパッチョもぷくさんが作ると
おしゃれ~に見えます。
私が作ると・・・残念に見えちゃう!

盛り付けも美味しさに関係ありますよね。
(;^◇^;)ゝ 修行します(汗

投稿: イクマム | 2010年7月 1日 (木) 21時47分

おお、とうとうマダイ様のご登場ですね。
だいたい7~800gぐらいでしょうか。
きれいなタイですね。
夏のマダイは脂が乗っていないといわれて
いますが、この時期は釣れないので、
あまり食べたことない、といのが本当の
ところです。

投稿: マルソータ | 2010年7月 1日 (木) 23時02分

>髭野さん
こんにちは!
詳しいご説明ありがとうございました!
食べたコは、40cmはないサイズだったと思います。更に男の子だったから、脂がのっていて美味しかったのかも知れません!
いずれにしても、鯛の味って、季節(産卵期)や、成長度合い、雌雄別で味わいが色々変わるなんて奥深いですよね~。
生魚が苦手・・・って言っていた人が、美味しく食べてくれたのが一番の収穫でした!
(お魚好きになってくれるといいな・・)

>哲ちゃん
私はお魚のおろし方を教えられるレベルではないですよ(恥)

今度はアナゴですか~
アナゴは夜に釣るのですね。初めて知りました。
釣果の記事、見に行きますね~!

>のちゅさん
皮つきで作ること、思いつきませんでした(恥)。・・皮は捨てていませんが・・・

今度、天然鯛の時は、皮つきカルパッチョにしてみますね~!

産卵後の「とても食べられない身」と言うのが、どんなのか、一度体験してみたいです。(食べないとわからないですから・・)

この鯛は、カルパッチョにしたのは半身です。、残りは翌日「づけ」にして食べました。2日目の方が更に美味しかったのは皆には内緒です(笑)
アラは、引いた皮も含めて、鯛めしにして残さずいただきましたよ~!

>イクマムさん
盛り付け・・既にかなりbottleが入っていたから、適当です。おしゃれに見えるとしたら、ディルのお陰です!

>マルソータさん
今回の鯛は身体測定を忘れていまして、重さなど不明です。多分700gくらいかしら?

春の天然真鯛を食べなれているマルソータさんなら、夏の鯛との味の違いが分かるのでしょうね。
私は食べなれていないから、味が違う と、分かる自信がないです(笑)

投稿: ぷく | 2010年7月 2日 (金) 01時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/35569933

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋ぷくぷく亭 真鯛のカルパッチョ風:

« 居酒屋ぷくぷく亭 茹で空豆&タラモサラタ | トップページ | 居酒屋ぷくぷく亭 (仮称)オバサンのカルパッチョ ~ 多分、オキナヒメジ »