« イスラ・ムヘーレス島 ガラフォン国立公園のランチビュッフェ その2 | トップページ | 白身魚の洋風煮 パスタ添え »

またまた変わったお魚 ワキヤハタ(多分)を食べました

先日、魚粂さんfishに行くと、
またまた、「今日はこんな珍しいのが入っているよ~」
と、見慣れぬお魚が目の前に。

珍しいflairって言われたものの、

色や形は何となくイメージする
お魚fishそのものって感じでしたが。

でも、お魚屋さんが珍しいって言うことは
そういうことなんだろうな~と
思ってお持ち帰り。

もちろん、捌いてもらうことなく
丸ごと。

こんなコでした

2010_03240049

図鑑で調べたところ、
オオメハタってお魚に近い感じに見えたけど

尻ビレがこんな形だったので

2010_03260006

多分ワキヤハタって種類だと思います。

・・が、あまり自信ありませんcoldsweats02

3尾ぷく家にやってきました。
小さいコは100g弱
大きいコは170gくらいでした。

どんな風に食べたかは
また明日の記事で~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷくも、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« イスラ・ムヘーレス島 ガラフォン国立公園のランチビュッフェ その2 | トップページ | 白身魚の洋風煮 パスタ添え »

コメント

おめめが大きいから「オオメハタ」?

ワキヤハタの「ワキヤ」とはなんだろう??

謎が一杯ですね??

投稿: まこ | 2010年6月10日 (木) 05時40分

この子、白ムツじゃないですかね。
本名はオオメハタっていうんですね。
骨多くなかったですか。
深場釣りではわりとポピュラーです。
ぷくさん、ご自分で何か釣ってみます?
今の時期は海静かですよ。

投稿: マルソータ | 2010年6月10日 (木) 07時13分

尻鰭基底がその棘よりも長く。
ワキヤハタ。正解でいいと思います(^^
双方非常によく似ているので市場では
同じ魚として扱われています。
通称シロムツ・デンデン

痩せたマエソとトカゲエソの区分けの
キーは胸鰭の長さ腹鰭に届かなければ
トカゲエソ、体の細さなんかで同定は
できないので、他には側線鱗数を数える
ぐらいしかないようです。
魚類の中では食味に欠ける種が多いせいか
釣り人にもあまり好かれないエソですが、
極浅海~超深海までどこにも住んでる
エソの仲間は最も繁栄したグループ
と言っても良いのかも(^^

投稿: おおはし | 2010年6月10日 (木) 11時12分

>まこちゃん
ワキヤって何だろう?と私も思いましたが、学名にも「wakiya」が入っているので、見つけた人の名前なのかも・・
学名はMalakichtys wakiyae Jordan and Hubbs ~ 私には全く意味が分かりませんが(笑)

このお魚、オメメがぱっちりしてて、可愛いなぁと思いました。

>マルソータさん
白ムツとも言うみたいですね~。
小骨はそんなに気にならなったです。エソに比べると・・・。

釣りも面白うそうですね!でも、私には、お魚屋さんに連れて来られて、他の人にあまり見向きをされないコを食べる方が性に合っている気がします・・・

>おおはしさん
わ~い!今回のお魚の名前調べは、珍しく正解だったのですね!

図鑑を見ていて、お魚って、ヒレで見分けると言うのが、最近何となく分かってきましたが
私は素人なので、どうしても、お顔に目がいってしまいます。
私が食べた「エソ」と図鑑の「トカゲエソ」。同じ種類っていわれても、不思議な感じでした。

エソって、いっぱい種類があって、釣りをする人にはおなじみなのですね。
名前は聞いたことあったけど、私にはまったく馴染みのないお魚でした~。


投稿: ぷく | 2010年6月11日 (金) 00時01分

ワキヤハタ正解みたいですね
私達のほうでは白ムツと呼んでます。
ウロコがわりとおおきく堅かったのではないでしょうか?
頭がけっこう大きいから可食部分は少なかったかも?

コレに似た魚で、クロサギって魚もいるんですが、コレはウロコが柔らかく持つだけで取れちゃいます(゚▽゚*)

でも、一般には出回りませんが・・・
私は釣ったんですよ(*^-^)
調べるのに苦労しました(*´σー`)

投稿: のちゅ | 2010年6月12日 (土) 21時55分

>のちゅさん
皆さんのお話をうかがっていると
標準和名の「ワキヤハタ」より
「白ムツ」って言われる方が多いみたいですね!

「クロサギ」、早速、図鑑で調べてみました~!
いつかウチにやってくることがあるでしょうか・・??
でも、名前を調べられないかも・・・

投稿: ぷく | 2010年6月12日 (土) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/35150326

この記事へのトラックバック一覧です: またまた変わったお魚 ワキヤハタ(多分)を食べました:

« イスラ・ムヘーレス島 ガラフォン国立公園のランチビュッフェ その2 | トップページ | 白身魚の洋風煮 パスタ添え »