« イシモチ(グチ・シログチ)と耳石 | トップページ | 紀土(KID) おりがらみ を ムラソイと一緒に・・・ »

自家製干物の作り方・レシピ

昨日の記事の続き

イシモチ(グチ・シログチ)の干物を作ったので、
その方法の続きで~す!


ぷくは、最近お魚の干物を作ることがしばしば。

魚粂さんfishで沢山のお魚を入手する機会が多くなったので
すぐに食べられない場合の保存方法として
いいかな~と思って。

朝御飯などに活用してます

いつもこんな感じで作ってます。

自家製干物の作りかた・レシピ

お手軽度 ★★
(時間はかかるけど、手間はあんまりかかりません)


①魚を開く

開いたお魚は、昨日の記事参照



②塩水に浸す

2010_02160093

こんな風に塩水に漬けて
塩味をなじませました。

ぷくが作る時の塩の割合は
水500mlに対し、塩大さじ1くらいにしてます。

身に直接塩をふる方法もあるのでしょうが
素人のぷくが作るには
塩水に漬ける方が、
均等に塩がなじむ気がするので、こうしてます。

あと、時間の都合で、
塩水に入れて数時間放置することもあるので、
この方法の方が、時間置いても味が濃くなりすぎない気がして。


今回はお水に20分浸漬させましたが、
ちょっと仕上がりの塩加減が薄めでした。
もう少し、時間を長くするか、
塩水の濃度を濃くしておけば良かったのかも・・

お魚の鮮度や種類、脂ののりによっても
同じ塩分濃度、時間でも
出来上がりの塩加減が違う感じがします。



③干す

2010_02160098

水から出したら、ペーパータオルで水分を拭いて
「干物マシーン」 (と、我が家では呼んでいます) に並べて外に干します。

ぷく家の「干物マシーン」は
100円ショップで購入したもので~す!



④収穫

様子を見て、好みの状態に乾いたら取り入れる。


今回は、天日で5~6時間くらい干しました!

開いたばっかりの写真と比べると
かなり、干物らしくなっているのが
分かる状態になりました~!

こんな感じ!

2010_02160104

本当は、ちょっと仕舞うのが早いかな~、とも思ったのですが
出かける用事があったのと、
雨が降ってくる予報があったので
今回は、これで終了にしました~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« イシモチ(グチ・シログチ)と耳石 | トップページ | 紀土(KID) おりがらみ を ムラソイと一緒に・・・ »

コメント

ぷくさん、こんにちは~^^
最近、ぷくさんの記事を色々読んでいると、
色々珍しい魚が
たくさん出てきて
勉強になります・・・
と、思っていたら、
今度は干物ですか!!!
さすがに、干物は作った事がないので、
これまた、勉強になります。ペコリ
応援のポチッ!
帰り際にしていきますね~^^

投稿: ひろ | 2010年3月13日 (土) 11時41分

>ひろさん
干物、作ってみると、意外に簡単で
日持ちもするので、最近のお気に入りで~す!

投稿: ぷく | 2010年3月15日 (月) 01時02分

手づくりの干物っておいしそうですね~。
しかも、干物マシーン、100円ですか??
最近の100円ショップってば凄いですね。
この魚を干す用の網って、どこのメーカーのものも、
絶対にこのドギツイ青ですよね~。
「やはり海のイメージなのかしら?」
・・・と見るたび思います。

投稿: cucumber355 | 2010年3月16日 (火) 18時23分

>cucumber355さん
この干物マシーン、少し前までは年に1回登場する梅干マシーンだったのですが、
最近は名前も変わり、登場頻度も増えてます。

確かにコレ、青いのばっかりですよね

投稿: ぷく | 2010年3月17日 (水) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/33740586

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製干物の作り方・レシピ:

« イシモチ(グチ・シログチ)と耳石 | トップページ | 紀土(KID) おりがらみ を ムラソイと一緒に・・・ »