« アイナメのムニエルとキスとワイン | トップページ | ぷく家に豪華牛肉がやって来た! »

スキャンパン(SCANPAN)のフライパンでお料理~白身魚のムニエルの作り方・レシピ

先ずは、スキャンパンのお話

ぷくが、先日お出かけしたソリッソで試して使いやすかった
(その時の記事はこちらこちらにあります)
スキャンパン


現物が我が家に届きました~!

届いたのはコレ

Photo

ガスでもIHでも使えるタイプのフライパン24cmです!

中を開けると、こんな感じになっていて

Photo_2

とってもおしゃれです!
きれいな布でフライパンがカバーリングされていて、
右上にある、お洒落な封筒の中に説明書&保証書がありました!

で、早速作ってみたお料理がこれで~す

白身魚のムニエル

お手軽度 ★★
調理時間 約20分

Photo_3

レシピ・作り方

●材料
白身魚 2切(約200g)
 塩・こしょう
小麦粉   適量
オリーブ油 大さじ1

<ソース>
白ワイン  大さじ2
レモン汁  大さじ1
淡口しょうゆ 小さじ1
塩      少々
バター    5g

<つけあわせ>
じゃが芋   3個

●作り方
①つけあわせを作る。じゃがいもの皮を剥き、1cm厚さの輪切りにする。
②フライパンを熱し、じゃが芋を入れる。両面にうっすら焼き色がついたら、水100mlを加えて蓋をし蒸し焼きにする。水分が無くなり、じゃが芋に火が通ったら塩・こしょうして取り出す。さっとフライパンを洗う。
③白身魚を食べやすい大きさに切り、塩・こしょうする。小麦粉をまぶす。
④フライパンに油を熱し、魚の両面を焼く。焼きあがったら取り出す。
⑤フライパンの汚れを拭き取り、バター以外のAを加えて煮詰める。最後にバターを加え、ソースを作る。

●ひとくちメモ
じゃがいもは、近所で売っていた、北海道産MIXポテトセット(?)を使ったので
色とりどりの仕上がりになりました!

赤い色が「ノーザンルビー」
紫色が「シャドークイーン」
黄色が「インカのひとみ」   と言う名前の品種でした。

今回使ったお魚は「あいなめ」ですが、どんな白身魚でも美味しくできると思います~。
(あいなめなので、「骨切り」をして、使っています。)
アイナメは、この時買ったものの半身の分量です。

●スキャンパンを使った感想
今まで、フッ素加工などの表面加工をしているフライパンを使う時に、
「やってはいけない」と言われていた
「熱い状態で急に水を入れない」
「硬いへらを使わない」
「洗う時にコーティングの表面をゴシゴシこすらない」
などの禁止項目が
スキャンパンには一切タブーでないので、
扱い方に気を使わずに料理できて
とても作業がしやすかったです!

汚れの拭き取りも凄く簡単でした。

初めてフライパンを手にした時、
やや重めかな~と思いましたが、持てないほどの重さではないので、
使う上ではあまり気になりませんでした。

●付け合せのじゃが芋は、スキャンパンならでは、美味しさ!
ジャガイモは、焼いた香ばしさがあって、
ホクホクの食感に仕上がったのですが、
油を使わずにじゃが芋の表面に焼き色をつけ、
水分を加えて蒸し焼きにする調理は
スキャンパンを使わないと、難しいかな~と思いました。

焼くだけなら、グリルやオーブンでもいいけど、ホクホクにならないし、
後片付けが面倒だったりするし、
加熱だけなら、レンジでも出来るけど、
ホクホクした食感は、レンジでは出せない美味しさだと思いました!

●唯一気になった点
フライパン本体と柄を固定する、ビスの部分が、
フライパンの内側にあることが少し気になりました。
お料理中、そこに食品が当たったり、汚れがついたりすることがあるので、
ビスは無い方が使い易いな~、と個人的には思いました。
但し、スキャンパンは汚れが落ちやすいので、
使っているうちに気にならなくなると思いますが。

もし、ビスが内側にないタイプが製品化出来るのであれば、
より使いやすくなるだろ~な~と思いました。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« アイナメのムニエルとキスとワイン | トップページ | ぷく家に豪華牛肉がやって来た! »

コメント

ふーん、いいフライパンだとお料理ますます楽しくなりそうですね。 

熱い状態で水を入れてはいけない!とは知らなかったです。 中華なんていためながらスープざっと入れるよね。 ちょっと温めてから加えなさい、ということかしら???

色とりどりのじゃがいもにびっくりしましたー。 日本っていろいろあるのね。 味は普通のじゃがいもなの? 

投稿: まこ | 2009年12月19日 (土) 02時50分

>まこちゃん
中華鍋は鉄だから、お水を入れても大丈夫だけど、フッ素加工しているのは、使い終わった後急激に冷やすと、表面がはがれたり傷んだりしやすいみたい。調理中ならお水入れても温度がすぐ上がるのであまり気にしなくていいと思うけど。

色つきジャガイモ、味はジャガイモでした!

投稿: ぷく | 2009年12月21日 (月) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/32631330

この記事へのトラックバック一覧です: スキャンパン(SCANPAN)のフライパンでお料理~白身魚のムニエルの作り方・レシピ:

« アイナメのムニエルとキスとワイン | トップページ | ぷく家に豪華牛肉がやって来た! »