« ヨコスジフエダイ(アカイサキ)のオーブン焼き | トップページ | 穴子の洋風献立 »

居酒屋ぷくぷく亭 魚粂さんの会 その3 アイナメのお刺身

先日居酒屋ぷくぷく亭で開催した魚粂さんの会で食べたお魚その3で~す!

お次はあいなめ
先日買ったアイナメは大きかったけど
お刺身にするには少し?だったので焼いて食べましたが
今回は、
お刺身にできるよ~!
ってアイナメが入荷していました!

あいなめのお刺身は珍しいから、迷わずGET

今回食べたのはこんなコ

Photo_5

重さは320g程度
体長は30cmくらいの小さなコだけど、
ちょっとお腹がおデブちゃんでした。

この前に捌いていたアカイサキみたいに、
お食事直後だから、お腹が満腹で、膨らんでるのかな~
ぷくと同様、食いしん坊なコなのね・・・

と考えながら、お腹を開けたら・・・

何と!卵が入ってました!

そう言えば、買った時、
卵があるかも知れないよ~って、魚粂さんfishに言われたかも・・

卵だけを取り出して、記念撮影。

Photo_6

卵の量は40gありました。
体重の1割以上が卵です。

あまりにもこの卵が美味しそうだったので
生で食べたくなって・・・

でも、食べて良いものかどうか、わからずwobbly
魚粂さんに思わず電話telephone

ちょっと卵をつまんで食べてみたところ、生臭くなく美味しい感じがする・・
イクラみたいにして食べたい・・・と
相談したところ

水に漬けてアクを除いてから
醤油漬けにすれば大丈夫とのことでした。

しばらく水にさらした後、
茶こしにとって、水洗いし、
早速漬けることに。

卵の量は多くないので、
漬け汁は、醤油、酒、みりんをあわせてレンジで煮切って作成しましたdelicious

で、
鮎並のお刺身は皮つきで造るのが美味しいよ~
との魚粂さんのお勧めに従い
作ったお刺身はこんな感じ

アイナメ(鮎魚女)のお刺身

Photo_3

皮目をさっと火で炙ってみました。
新鮮な肝もあったので添えてみました。

で、アイナメの卵はこんな感じ

Photo_4

トビッコみたいに粒々した食感で
とっても美味しかったです。

アイナメの卵・・
ぷくは、食べたのは今回が初めてでした。

個人的には今回の魚粂さんの会で
一番印象深かった食材です。


↑取り出した卵の写真の左側に見える
小さな粒々は
あまり美味しそうに見えなかったので
皆に出さなかったのですが
後日、恐る恐る食べてみたところ
生タラコの様な食感で、こちらも絶品でした!

まさかこんなに美味しいとは思わなかった・・
自分だけ味わって、皆ゴメンなさ~い!

注)魚粂さんfishでは、「刺身・焼く・煮る・揚げる・鍋」など、
  どうやって食べるか調理法を言うと
  それに合うようにお魚の下ごしらえをしてくれます。
  が、ぷくは自ら好んで丸ごとでお持ち帰りしています。


続きのお魚はまた、別記事で~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« ヨコスジフエダイ(アカイサキ)のオーブン焼き | トップページ | 穴子の洋風献立 »

コメント

アイナメの卵、珍味でしたね。 日本酒にぴったり。 味も食感が、なんとも言えず独特でした。
命を奪って生き物を食べるのですから、ムダなく美味しく食べたいですね。 って独り暮らしじゃムダばっかり。

投稿: えなb | 2009年12月26日 (土) 12時02分

ぷくさん
アイナメ 美味しいお魚です

素敵に料理されて素晴らしいです

コメント有り難うございます

ポチッと応援させて頂きました

投稿: ryuji_s1 | 2009年12月26日 (土) 18時59分

>えなbさん
アイナメの卵、もう一度食べたい気分です。

私もケチケチしていながら、食べきれずサヨナラする食材が沢山あって、いつも申し訳ない思いをしています。。

>ryujiさん
アイナメ、卵入りでとっても得した気分でした!

投稿: ぷく | 2009年12月27日 (日) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/32731966

この記事へのトラックバック一覧です: 居酒屋ぷくぷく亭 魚粂さんの会 その3 アイナメのお刺身:

« ヨコスジフエダイ(アカイサキ)のオーブン焼き | トップページ | 穴子の洋風献立 »