« タカノハダイの献立 | トップページ | 恵比寿・オープンテラス・ワインパーティ »

べっこう丼 & ひゅうが丼 ~タカノハダイのお料理

長らく引っ張ってましたが、
鷹之羽鯛はこんな献立の中で こんな風に食べました~!

タカノハダイのお話は、
こちら と コチラ にのせてます。


タカノハダイ、
東京の島嶼部で採れた
というお話をお魚屋さんに聞いた時から
ぷくは「べっこう丼」にしようと決めてたのです。

べっこう丼とは、
去年参加させていただいた
東京島グルメ美食の会に参加した時(その時の記事はこちら)
伊豆大島から来て下さった方が紹介してくれた郷土料理です。

小笠原、八丈島などでも食べられるハレの日のメニューだそうです。

べっこう丼はお刺身から作るので、
シンプルなお刺身も少々作りましたよ~!

べっこう丼はこんな感じで作りました

べっこう丼
     
Photo

●材料
タカノハダイの刺身 適量
<A>
 醤油  大さじ3
 みりん 大さじ1
 青唐辛子(あらみじん切り) 1本
すしめし   適量

海苔・ゴマ 適量

●作り方
①タカノハダイは、薄切りにする。
②Aを混ぜた中にタカノハダイをつける。
③すしめしの上に、タカノハダイをのせる。
(漬け汁と唐辛子はのせませんでしたが、好みで少し加えてもいいのかも)
④海苔とゴマをのせる

●ひとくちメモ
今回ぷくがおろしたタカノハダイは、
丸ごとの重さが600g程度のものでした。

シンプルなお刺身の状態で味見をしてみたところ
南国の魚特有のクセを少し感じたのですが
漬け汁につけておくと、それが程よくマスキングされて
とても美味しくいただくことができました。
(青唐辛子の刺激が役立っている気がしました。流石、地元の食べ方だと思いました。)

タカノハダイのお刺身は
大量に食べるのはちょっと・・・だけど
これくらいの量なら美味しくいただくことが出来ました。

後でネットで調べてみたら、「臭くて食べられない」
って話もあったけど、
そこまで酷い味では無かったです。
(南の島で食べるお刺身の味って感じでした。)

ちなみに、タカノハダイは
前回書いたみたいに、
皮をむくのが大変だったので
お刺身は剥いたけど、
丼にする分は、
途中で皮を剥くのを断念し、
皮霜造りにしました。
(皮に熱湯をかけて、すぐに氷水に取って使いました)

氷水に入れた時、思っていたより脂が出たのが印象的でした。
あと、皮が縮んで表面の凹凸と模様がハッキリしたのも。

で、ぷく家の胃袋は
丼1杯で満足することはないので、
2杯目に突入

2杯目は味を変えてみようと
ひゅうが飯風にしていただきました

ひゅうが飯とは、
少し前に「かおりひめ」で食べた南予地方の郷土料理
(その時の記事はこちら)

これをアレンジして
御飯はすしめしだったけど
こんな風に・・・

ひゅうが丼

  
Photo_2

●材料
べっこう丼の材料
+生卵

●作り方
①刺身を漬け汁から出し、溶いた卵をからめる
②すしめしにのせる

●ひとくちメモ
「べっこう丼」の味に「卵かけ御飯」の味も加わって、
美味しくいただくことができました~!

で、ぷく家では結局、一人で
丼飯2杯、完食でした
あと、タカノハダイも・・・

用意した2合のすしめしが空っぽに・・・

充分想定されていた結果だけど
メタボ世代夫婦の食事として
いかがなものか・・
・・・と、反省だけはいつもしてるけど・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« タカノハダイの献立 | トップページ | 恵比寿・オープンテラス・ワインパーティ »

コメント

うーん!! トロピカルな可愛いお魚、ユニークな丼に変身ですね。 べっこう丼、ほんとにあめ色のお刺身がきれいでおいしそう。 
普通のお刺身より個人的には好みかもしれません。 実はお刺身はそれほど得意じゃないんだけど、これだと生臭さも全然しなさそうでいいですね。 

寿司飯を使う丼もとっても魅力的です。 それにしても色とりどりのお魚が登場してブログも華やかですね。

投稿: まこ | 2009年9月28日 (月) 02時36分

こんにちは ^-^
べっこう丼って言うだけあって
きれいなべっこう色にお魚が染まっていますね♪
青唐辛子がピリッと利いて美味しいんだろうな。
おまけに玉子絡めちゃったら・・
私も丼2杯いける気がします(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

投稿: イクマム | 2009年9月28日 (月) 09時52分

きのう十三の鯛将でタカノハダイ2匹パック390円で売ってました。 鮮度が??だったので手を出しませんでした。 たまーに見かけますよね。
磯魚特有のクセがありますかぁ、、。 磯魚は季節によって臭みがあるのも多いですね。冬が旬なのかも。干物にしたらクセが味わいになってイイかも。 獲れた土地の食べ方がイチバンですね。

投稿: えなb | 2009年9月28日 (月) 11時43分

>まこちゃん
お醤油に漬けておいたから、べっこう色になりました~!

クセが強いお刺身は、こうすると食べやすくなる気がしました~!

>イクマムさん
青唐辛子は、ベランダで夫が育成中のものを失敬して入手することができました~

+卵も美味しかったです!

>えなbさん
十三で、入手できるの??
2尾で、300円台なんて安すぎ!小さかったのかな??

私が食べたのは、結構イケる味だったけど、でも、アラは、だしをとることなくサヨナラしました。迷ったけど。時間なかったし。
真鯛だったら絶対捨ててへんけど。

投稿: ぷく | 2009年9月29日 (火) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/31533654

この記事へのトラックバック一覧です: べっこう丼 & ひゅうが丼 ~タカノハダイのお料理:

« タカノハダイの献立 | トップページ | 恵比寿・オープンテラス・ワインパーティ »