« タカノハダイを食べました その1 | トップページ | タカノハダイの献立 »

タカノハダイを食べました その2 と 日本酒

思わず買った「鷹之羽鯛」fish

珍しいから、丸のまま買って帰って
家で、じっくり姿を見ました。


分厚い唇で結構キュートな顔kissmark

Photo

背びれにもこんなきれいな色がついていて・・

Photo_2

尾っぽにも水玉模様があって・・

Photo_3

このまま水族館に居てもおかしくない感じでしたpisces



で、勇んで家でさばいてみたのですが・・・
ちょっと、いえ、かなり後悔しました・・・


ウロコが非常に硬い・・
取るのにひと苦労・・wobbly

鯛と名がつくだけあって、
骨が硬く、普通の包丁では太刀打ち出来ずshock
出刃包丁の登場・・・

三枚おろしにして身の皮を剥こうとしたけど
なかなか上手に剥けず・・・coldsweats02

と、混迷を極めました
ぷくの腕がなかっただけかも・・・crying


どうやって食べたかは、
また別記事で~

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

ちなみに・・

タカノハダイと一緒に
こんな日本酒を楽しみました

Photo_3

菊秀 きくひで

特別純米酒

橘倉酒造株式会社(長野県佐久市)

純米大吟醸原酒ブレンド(20%)

精米歩合 65%

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« タカノハダイを食べました その1 | トップページ | タカノハダイの献立 »

コメント

ぷくさん、おはようございます( ^ω^ )
鷹之羽鯛・・・・
初めて聞きました。
どんな料理法に合うんでしょうネ。
ぷくさんの、腕前に期待しています^^

《ホワイトソースを作るのと、ブールマニエを使うのと、後者の方が失敗が少ないイメージがあるのですが、何かポイントやアドバイスがあれば、是非是非ご教示下さいませ 》
こつ・・という、こつはないんですけれど、
フランスでは同量のバターと小麦粉をあわせた物を、
イタリアでは同量のオリーブ油と小麦粉をあわせた物を、
《グツグツを煮立ってるところ》に
お味噌をといて入れる感じみたいに、入れるだけです。
フランスのママンも、イタリアのマンマも
そうやって、簡単に美味しく手際よく
作ってるんでしょうネ。
あっ!
もちろん、今日も帰りがけのぽちっ
させていただきますネ。

投稿: ひろ | 2009年9月26日 (土) 09時23分

はじめてコメントさせていただきます。
本日はワインテースティング会お疲れ様でした。

鷹之羽鯛、初耳でした。
鷹の羽毛のようにうろこがぎっしり詰まってる感じですね~。

投稿: けんたろう | 2009年9月26日 (土) 20時52分

はよ喰えよ!!  って、じらすなぁ。

しかしマニアックな魚屋さんですねぇ。
南紀で潜ると、こいつがよくいてるんですよ。
奄美大島ではもういなくて、ちょっと違うミギマキってのが目につくのです。 で、ミギマキはマズいと言われてるので、タカノハダイはどーなのかと興味シンシンです。

投稿: えなb | 2009年9月26日 (土) 21時14分

>ひろさん
わざわざコメントありがとうございます。
今度試してみますね~

>けんたろうさん
タカノハダイ、ウロコがホントに凄くて・・・
気をつけてたつもりだったけど、え!って思う場所にまでウロコが飛んでいました(笑)

>えなbさん
連休明けてからトラブル続きで余裕がなく、
鷹之羽ダイネタで引っ張ってます(そしてまだ終わらない)

ダイビングする人には身近なお魚なのですね!台所でだけでなく、泳いでいる姿も見てみたいです。

投稿: ぷく | 2009年9月26日 (土) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/31355107

この記事へのトラックバック一覧です: タカノハダイを食べました その2 と 日本酒:

« タカノハダイを食べました その1 | トップページ | タカノハダイの献立 »