« 飛び魚を食べました | トップページ | 金時草の酢の物 »

飛魚のなめろう

昨日の記事の続きで、
こんな献立で食べたお夕飯

2尾買った飛び魚、
一尾はなめろう風にして食べました。

作り方はこんな感じ

飛び魚のなめろう

お手軽度 ★
調理時間 10分

Photo_4

レシピ・作り方
●材料
飛魚(3枚おろし・皮をむいたもの) 1尾分
生姜(みじん切り)  1かけ
穂じそ         5本
味噌          大さじ1強

●作り方
①トビウオの身をあらく刻む。穂じそは実を取る。
②全ての材料をまな板の上で叩いて混ぜ、なじませる。


●ひとくちメモ
今回、何故か穂紫蘇(しその実)
が激安で売られていたので
中に入れてみました。(しその葉の代わり)

ほじそはこんな感じ。
Photo

茎をしごいて、実だけを取って使いました。

ネギの在庫がなかったので入れませんでしたが
買っておけば良かったと思いました

色の濃いお味噌を入れたので、ちょっと色が濃くなっちゃいました。
量も多目だったかも。
でも、お酒の肴には丁度良い塩分でした!


で、お魚をさばいた時に出てきた卵は
フライパンでソテーして
美味しくいただきました~!

Photo_2

飛び魚の塩焼きは、魚焼きグリルで焼いたら
やっぱり見事に胸ビレが焦げ落ちて
「飛魚」らしい面影は残りませんでした。
いつものことだけど。
今度はオーブンで焼いて、立派なヒレを残してみようかな・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 飛び魚を食べました | トップページ | 金時草の酢の物 »

コメント

穂シソが、もう売られているのですねぇ。
(頂き物の野菜が豊富で、実はスーパーへ行っても野菜売り場はパス。見ていないので実は売ってるのが普通だったりして・・・・)
家のシソは まだ葉っぱだけ~。

私なら捨ててしまいそうな部位も ぷくさんは無駄なく美味しそうにお料理出来て、素晴らしいです。羨ましい~~~っ。

投稿: coro | 2009年7月10日 (金) 08時45分

>coroさん
ほじその旬ってそう言われればもう少し先かも知れませんね。
お刺身につく「花穂じそ」は年中みかけるので、coroさんに言われるまで旬を意識したことなかったです(笑)

ちなみに、この穂じそは「旬だから」ではなく、「お安いから」という理由で買ってしまいました!

投稿: ぷく | 2009年7月11日 (土) 01時19分

トビウオのナメロウ・・・は
食べたことがありません。
鯵や秋刀魚とは、やっぱり一味ちがうのですか??
ぜひ、試してみたいと思います。
その時は、ねぎ・・・・(笑)
忘れないようにします(笑)
素敵なレシピありがとうございます。

投稿: ひろ | 2009年7月11日 (土) 23時19分

>ひろさん
トビウオも青魚なので、イワシやアジと系統が似た味でした。

機会があれば、是非お試しを~!

投稿: ぷく | 2009年7月13日 (月) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/30460705

この記事へのトラックバック一覧です: 飛魚のなめろう:

« 飛び魚を食べました | トップページ | 金時草の酢の物 »