« 一人分300円以下の献立 その2 と フキの煮物 | トップページ | ハンバーグの献立 »

鯛飯の作り方・レシピ

実質コストに比べ、とても豪華に見えた鯛ご飯。
(こんな献立で食べました)

鯛1尾を入れて豪快に作りました!

作り方はこんな感じでした。

鯛めし

お手軽度 ★★

Photo_4

●材料
鯛 1尾(鍋に入る大きさ)
米 2合
生姜 20g
昆布 少々

<A>
 酒      大さじ1
 うすくち醤油 大さじ1
 塩      小さじ1/3

三つ葉 少々

●作り方
①鯛は、うろこ、えら、はらわたを除き、塩焼きにする
②米をとぎ、水400mlと共に土鍋に入れる。昆布も加え、30分以上置く。
③しょうがは皮をむき、あらみじんに切る。
④米に、しょうが、Aを加えて混ぜ、鯛を入れて炊く。
⑤炊き上がったら、三つ葉を散らす。昆布を取り除き、タイをほぐして混ぜて食べる。

●ひとくちメモ
今回、ぷくが使った鯛は1尾370g程度の大きさでした。
(一応天然!ちなみに、価格はg1円以下・・)

小さなタイだと思っていたのに、意外に大きくって、
尾の先の方まで形よく鍋に入らない大きさでした。

鯛は、買った当日に塩焼きにしていたので、
この日はお鍋に入れて炊くだけで、簡単でした~!

土鍋の火加減は基本的にこの時↓と同じです。
http://pukucyacya.cocolog-nifty.com/recipe/2008/11/post-5b21.html

もちろん、炊飯器でも作れるけど、
土鍋の方が雰囲気出るので、土鍋で作りました~

鯛をほぐすのは、ちょっと手間なのですが・・・
除ききれない骨が入っているかも・・と
気を付けながら食べるつもりであれば、
大雑把なほぐし加減でいいかと。

ほぐすのが面倒なら、切り身で作った方がラクだと思います。

ちなみに・・・

●火にかける前の状態はこんな感じ

Photo_2

●鯛をほぐして、混ぜた状態はこんな感じ・・・

Photo_3

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 一人分300円以下の献立 その2 と フキの煮物 | トップページ | ハンバーグの献立 »

コメント

そうそう、骨が大変なんですよねー、タイって。 でも努力の甲斐あってほんとにおいしそうですね。 私もお呼ばれしたい!!

私は切り身でしか調理は無理そうだけど、やっぱり頭つきでバーンと出てくると歓声が上がりますね。 お得なお値段で豪華なお夕食、さすがです。

投稿: まこ | 2009年6月 4日 (木) 03時30分

鯛の骨は硬いから、取り除かないと口の中で痛いですね。

ホント!ほぐすのは手間かも。
忙しそうなのに、いつも料理に手を抜かないぷくさんはエラィなぁと感心しきりです。

投稿: coro | 2009年6月 4日 (木) 08時10分

鯛めしは美味しいですよね~。
おまけに尾頭付きが乗っかってると超豪華!
小型でも鯛はやっぱり味が違うので
ゆっくり出来る夕食なんかにやってみようと思います。
レシピいただいていきます!

投稿: あっと(妻) | 2009年6月 4日 (木) 10時38分

>まこちゃん
お魚の骨、食べなれてない人には厄介だけど、いつも食べていると気にならないもんだ、と食べて思いました~!

鯛の尾頭がついていると、立派に見えるもんだと自分でも写真みて思いました~!

>coroさん
鯛の骨、身にしっかり火が通っているし、一尾の姿だと、どこに骨があるのか分かり易いので、思ったよりほぐすのはラクでしたよ~!
食べる時に気をつけてもらわないとダメだけど・・

>あっとさん
ご飯に炊き込むなら、小型の鯛の方が扱いやすいので、結果的にお財布にも優しいお食事になって、良かったです。
そちらでも、程よい大きさのを見かけたら、試してみて下さいね~!

投稿: ぷく | 2009年6月 4日 (木) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/29923586

この記事へのトラックバック一覧です: 鯛飯の作り方・レシピ:

« 一人分300円以下の献立 その2 と フキの煮物 | トップページ | ハンバーグの献立 »