« 鶏肉のココナッツミルク煮(トム・カー・ガイ風) | トップページ | ニシンのお刺身を食べました »

スパアリブのスパイス煮 バクテー(肉骨茶)風

居酒屋ぷくぷく亭のメニュー(こんな内容)
10品目、最後のお料理です。

これは、完成には時間が結構かかってますが
手間はあまりかからないお料理です。

一応、これは、バクテーを意識して作ってみたの料理なのですが
現地の人が食べたら、どう思うかは不明。

バクテーとは、漢字では「肉骨茶」と書く
マレーシアやシンガポールでよく食べられている
豚肉の煮込み料理です。

ぷくが現地で食べたバクテーは
豚のモツなどが入っているもので、
これとは全く違う感じでしたし・・・


作る度に、ぷくの気分でレシピを微妙に変えているし、
それでも、美味しいから・・・
バクテーなのかどうかは、
どうでもいいや!って思ってます(笑)

きちんとしたレシピじゃないけど
だいたいこんな感じで作りました~

スペアリブのスパイス煮込み 肉骨茶(バクテー)風

お手軽度 ★★★
調理時間 数時間


Photo

写真には写してないですが
タイ米を炊いたものを一緒に添えて、
煮汁をごはんにかけながら食べました~

レシピ・作り方
●材料
豚スペアリブ  600g
<A>
ネギの青い部分 1本分
しょうが(薄切り)  大1かけ
にんにく    4片

<スパイス>
八角(スターアニス) 1/2個
シナモンスティック 1/2本
クローブ(丁字) 6本
花椒(粒)   小さじ1
カルダモン(粒) 3個

しょうゆ  大さじ3
ウスターソース 大さじ1

タアサイ  1/2株

●作り方
①スペアリブはゆでて、色が変わったら取り出す。
②鍋にスペアリブ、水約800ml、Aを入れて火にかける。煮立ったらあくをとり、簡易シャトルシェフで3~4時間保温し、柔らかく煮る。
  ※簡易シャトルシェフはこちらを参照してね

③鍋ごと一旦冷やし、脂を除く。
④スパイスと調味料を加えて煮つめる。
⑤タアサイを加え、やわらかくなるまで煮る。

●ひとくちメモ
ぷくは、簡易シャトルシェフで柔らかく煮込みましたが、
火にかける場合は、弱火で1~2時間かかると思います。

にんにくは、薄皮つきのまま入れました。
食べる時にはトロトロで、中は美味しくいただけました~!

鍋を一度冷やして、上に白く塊となって浮く脂を取り除きました。
この脂、ラードとして炒め物に使うと美味しいと思いましたが、
今回はそこまではせず・・・

スパイスは家にあったのを気分で入れました。
全部ホールのものです。

煮汁が半分ちょっとになるくらいまで煮詰めました。(多分・・←結構記憶が曖昧)

お野菜も何か~、と思ってタアサイを入れてみました。
青梗菜とかでもいいと思います。

煮汁にはスペアリブの骨から出たうま味がたっぷりなので、
捨てるのはとても勿体ないのでご飯にかけていただきました。

ぷく家の来客ではよく作るお料理なのですが、
どなたにも大好評の料理&食べ方です~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 鶏肉のココナッツミルク煮(トム・カー・ガイ風) | トップページ | ニシンのお刺身を食べました »

コメント

簡易シャトルシェフ、素晴らしいアイデアですね。 マネしたいけど、大抵いつも夕方になって思いつきで作るから、充分な計画が必要ですね。 あ、保冷袋もないわ。。 オーブンの保温機能で試してみようか。。

レシピのスパイスを読んでるだけで濃厚でおいしそうな香りが漂ってきそうです。

バクテーという言葉は知らなかったけど、アジアでよくある豚や鶏のぶっかけご飯みたいな味付けなのかな? 屋台で一番よく食べられてる感じの。 

ぷくぷく亭のお呼ばれの〆にふさわしい(ん?まだデザートもある?)メイン料理です、あー食べたいーー。  

投稿: まこ | 2009年5月29日 (金) 04時56分

ぷくさん、はじめまして。
料理のブログを色々見ていて、
ここにたどり着きました(o^-^o)
私も料理のブログをやっているのですが
(http://hiro-french-italy.cocolog-nifty.com/blog/)
とても参考になります。
色々なジャンルの料理があり、楽しく見させていただきました。
これからも、頑張ってくださいネ。
たまに、遊びに来させていただきます。
よかったら、私のブログにも遊びに来てくださいネ。

投稿: ひろ | 2009年5月29日 (金) 10時22分

お肉が柔らかく煮えていて美味しそうです。

簡易シャトルシェフって便利ね。光熱費も掛からなくてお得だわ♪

〆はやっぱりサラサラっと頂きたいですね。


*やっとピンクペッパー(ホール)見つけました。ぷくさんのかなり前の記事ですが、あれからず~~~~と探す事数ヶ月。
念願適ったぁ←大げさか。
長かった~。こんなに無いものなんでしょうかね~。
最近、ぷくさんに影響されてか色々なスパイスを集め始めましたよ。
使いこなせるのでしょうか・・・・不安。

投稿: coro | 2009年5月29日 (金) 11時20分

>まこちゃん
簡易シャトルシェフは、お豆煮る時にいいかも。バスタオルや毛布で厚めに包むだけでも結構保温力がある気がする・・・

そうそう、この料理は、アジアの屋台のぶっかけご飯風の味。

ちなみに、デザートを作る&食べる前にタイムアウトでおしまいになりました・・

>ひろさん
コメントありがとうございます~
また遊びに来て下さいね。
私もお伺いさせていただきます。

>coroさん
簡易シャトルシェフ、光熱費がいらないし、絶対焦げないから、結構気に入ってま~す。

ピンクペッパー、そんなに探してらしたのですね。早速色々お試し下さい~
スパイス、私は半永久的に日持ちがするものだと思って、期限は気にせず使ってます。

投稿: ぷく | 2009年5月29日 (金) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/29830498

この記事へのトラックバック一覧です: スパアリブのスパイス煮 バクテー(肉骨茶)風:

« 鶏肉のココナッツミルク煮(トム・カー・ガイ風) | トップページ | ニシンのお刺身を食べました »