« 氷結アペリティフを味わう献立 ☆カレー編 | トップページ | かぼちゃのサブジ »

タンドリーチキン

タンドールで焼いてないので、
タンドリーチキン風 チキンローストが
本当の名前かも!?



おつまみにもお勧めのメニューです。
焼くだけなので、簡単なお料理で~す!

作った分を全部食べるつもりはなかったのですが
つい
完食してしまいました
いつものコトだけど・・・

少なめに作っておいて良かったです。

こんな献立でいただいた
このメニューの
作り方はこんな感じ

スパイシー・チキン

お手軽度 ★★

Photo

レシピ・作り方
●材料
鶏スペアリブ  300g
<A>
玉葱(すりおろし)   40g
にんにく(すりおろし)  1片
生姜(すりおろし)    1かけ
ヨーグルト 100g
カレー粉  大さじ1
ガラムマサラ  大さじ1/2
粉とうがらし  大さじ1/2
塩       小さじ1

●作り方
①Aをよく混ぜ合わせた中に、鶏肉を漬け込み、2~3時間おく。
②オーブン皿に1本ずつ並べ、220度に熱したオーブンで約18分焼く。

●ひとくちメモ
鶏スペアリブとは、
鶏の「手羽中」の肉を縦半分に切って骨付きで1本ずつになってるものです。
今回は300gで、14本ありました~!

焼き加減は、薄くこげ色が着く位が良いと思います
今回は、焼き上がっても暫くオーブンに入れたままだったので
少し焦げぎみ・・・

ぷくはオーブンで焼いたけど
オーブントースターやグリルでも焼けると思いま~す!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 氷結アペリティフを味わう献立 ☆カレー編 | トップページ | かぼちゃのサブジ »

コメント

時間がある時しかオーブン焼きしないけど、タンドリー風おいしいですよね。 気のせいかお肉が柔らかくなるのはヨーグルト効果かしら??

鶏のスペアリブって珍しい?? あんまり見たことがない気がします。 うちは昨日はポーク骨付きだったので、1時間近く焼いたらちょっと焼きすぎ?で結構焦げました。 味は良かったけど。

投稿: まこ | 2009年5月10日 (日) 04時26分

>まこちゃん
そうだよね~、タンドリー風ってヨーグルトの効果なのか柔らかくなるし、味もよくしみるよね。

スペアリブって、昔は豚肉でしか見かけなかったのに、最近鶏でも見かけるようになりました。食べやすい形になっているので、便利です~

ポーク骨付きのタンドリー風も美味しそう!
今度やってみま~す

投稿: ぷく | 2009年5月10日 (日) 11時46分

実は今夜、タンドリーチキンをしようと思って用意がしてあるんですよねぇ。
カレー風味、美味しそうですね~。

作ってしまうと、つい食べちゃいますよね。
完食したほうが後片付けが楽ですよ♪
それに作りたてのほうが美味しいし。あくまでも前向き(笑)。

投稿: coro | 2009年5月10日 (日) 13時37分

鶏のスペアリブは最近良く見かけますね。
やっぱり骨付きのほうが味が濃い気がします!
でも一心不乱にかじって食べて
ついつい食べ過ぎに・・・(笑)
注意が必要ですよね!

投稿: あっと(妻) | 2009年5月10日 (日) 21時39分

>coroさん
coroさん家もタンドリー風ですか~?
やっぱり暑くなってきたら、スパイシーなお料理食べたくなるのですね(笑)

そうそう、中途半場に残しておくのも面倒なので、ウチでは完食するコトが多いのです。きっと・・(←良い理由が見つかりました~!ありがとうございます~!)

投稿: ぷく | 2009年5月10日 (日) 22時56分

>あっとさん
骨付き肉って美味しくって、骨がある分、表示の重量はない筈~と思うと、ついつい食べ過ぎてしまって(笑)

一応、これ以上は危険という量で、止めてはいるのですが・・

投稿: ぷく | 2009年5月10日 (日) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/29504464

この記事へのトラックバック一覧です: タンドリーチキン:

« 氷結アペリティフを味わう献立 ☆カレー編 | トップページ | かぼちゃのサブジ »