« あいなめの木の芽焼きの献立 | トップページ | たけのことフキの煮物 »

アイナメの木の芽焼きの作り方・レシピ

あまりの魅力的なお値段で
つい買ってしまった「あいなめ」。
(鮎並、鮎魚女、相嘗、アブラコ、アブラメ・・・などとも・・)
 

今回は、お店で
「3枚おろしにして、アラもつけて下さい。」
とお願いして下処理してもらいました。

自宅ですぐにおろしている時間はなかったので。
  
で、翌朝
お夕飯に木の芽焼きを食べようと思って
身の下準備をして、
アラでダシでも取っておこう・・・とした所・・・
  
あらが思っていたより立派!だったので、
ダシは中骨だけでとって、
急遽、頭は、煮付けに変更・・・と
 
色々していたら
朝の出勤時間ギリギリになってしまいました。
<何とかセーフ>

で、表題の料理はこんな風に作りました
こんな献立で食べた食卓の主菜です。

あいなめの木の芽焼き

お手軽度 ★★

Photo

作り方・レシピ
●材料
あいなめ 3枚おろし1尾分
木の芽  適量
<A>
 酒  大さじ2
 みりん・しょうゆ 各大さじ1

●作り方
①あいなめは、身に深い切り込みを細かな間隔で入れ、骨切りする。
②あいなめをAを合わせた中につけ、おく。
③グリルであいなめの両面を焼く。途中、つけ汁を塗り、木の芽を散らす。

●ひとくちメモ
今回は、朝のうちにアイナメを調味料につけて、
夜帰宅後に焼くことにしました。
時間が長い分、味がしっかりしみるので、
浸しておく調味料の味は薄めにしました~。

今回使ったあいなめは、割と大きめで
3枚おろしの片身の重さが200g以上ありました~!
骨切りしたあと、端の部分は吸い物用に少し取り分けました
(合計60gくらい)

・・木の芽焼きとしては、かなりの量があるので、
お店で食べたら、一人分は上の写真の一切れもしくはそれ以下
だろうな~、と思いながらいただきました~
しかも、一体お幾らになるんだか・・

確か去年もあいなめを木の芽焼きにしていた筈~!
と、自分のブログを検索してみたら、
去年は「柚香焼き」にしていたみたいです。知らなかった!
(記録が残っているので、便利だな~と、思いました!)

あいなめのコトは去年のブログにも
のせているので、こちらも(こちらのページです)
興味があれば見てみて下さい~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« あいなめの木の芽焼きの献立 | トップページ | たけのことフキの煮物 »

コメント

去年の記事も見ましたー。 春のお魚、脂がのってておいしそうです。 木の芽とか柚子とか和の香りがぷんぷんします。

桜のお皿も可愛いし、小鉢の色や形も素敵ですよ。 うちなんて何でも大皿にどかーん、と盛るだけ。 レストランもそうだし。。 しかも食洗機で洗うから丈夫が一番って感じです。

目でも味わうのが和食の美ですもんね。 付け合せのアスパラの盛り方もきれいですもん。 

投稿: まこ | 2009年4月27日 (月) 05時31分

朝のうちに、夕ご飯の下準備をするなんてマメだわ。
私なんて、いつも帰ってからアタフタやっているのでぷくさんを見習わなければ。
頑張るぞ!←気合だけ。

お店で食べる時は品の良い大きさなのできっと1口サイズですよね。
家ではガッツリ食べれるし、美味しい物ほど欲張りに食べたいです。

投稿: coro | 2009年4月27日 (月) 13時43分

>まこちゃん
そうそう、和食器って形が色々あって、食洗機にはなかなか入らないのよね~。
(結構強引に入れちゃうけどネ・・)


>coroさん
毎朝じゃないですよ~!
この日はタマタマです。
帰宅後バタバタする方が確実に多いけど、この日は絶対、夜にこれを食べたかったので(笑)。

投稿: ぷく | 2009年4月27日 (月) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/29312479

この記事へのトラックバック一覧です: アイナメの木の芽焼きの作り方・レシピ:

« あいなめの木の芽焼きの献立 | トップページ | たけのことフキの煮物 »