« しし唐とちりめんじゃこの炒り煮 | トップページ | 野菜たっぷり温か献立 »

八海山(八海醸造)&鶴齢(青木酒造)酒蔵見学ツアーに行って来ました

実は、先週の週末
ぷくは酒蔵見学に行ってきました。

行き先は新潟県。
「八海山」と「鶴齢 かくれい」の2つの蔵を
同時に見学するという贅沢なツアー

新井屋酒店さん主催で、
先日、
秀鳳さんの地酒の会でもお世話になった時に話を伺い、

2つの美味しい日本酒の蔵を同時に見れる機会なんて
またとないチャ~ンス!
と、早速申し込みをさせていただきました。

●八海醸造さん
はじめに今回お伺いした八海山の蔵は、
5年前に新しく完成した方の蔵。
こちらでは、本醸造と普通酒が造られています。
(昔ながらの蔵では吟醸酒を醸造)

「酒蔵」と言うよりは「工場」と言った印象の設備で、
蒸米など、機械化できる工程は機械で対応し、
麹作りなど、人手でないと対応できない部分は、
手造りで作業が行われているとのことです。

入口はこんな感じ
P1010657

立派な最新鋭の工場の風情でした。

工場に見学者が来ることも考慮している施行で、
各工程の作業がガラスを通して見ることができました。

ここは、
「もろみ」を発酵させているスペースの一部!

P1010635

(広いので、全体は写せませんでした)

各穴の中には、
それぞれ「3トンのお米」から仕込まれた
発酵中のもろみが入ってます!

規模の大きさにびっくり!です


絞りたての原酒を試飲させていただいたり、
八海山の目指す日本酒の方向性についてなど、
興味深いお話を伺う機会もあり、
有意義な時間を過ごしました。

その後、
鶴齢さんの青木酒造さんに移動・・・

こちらは、
最新鋭の設備の八海山さんとは全く異なる、
脈々と続く伝統的な作り方の蔵。

先ほどとは
こだわりの観点が違うけど、
それは・・・
こちらが良い、と、比較する違いではなく・・・

両者の違いを楽しみながら、蔵見学をさせていただきました~。

入口はこんな感じ

P1010703

趣が異なります。

先ほど、遠くから見ていた様子を
今度は間近で拝見させていただき、
各工程が凄くわかりやすかったです。


蒸したお米に種麹たねこうじ菌を撒いて、
製麹せいきく作業を経て
出来た麹がこんな感じ
P1010676
間近で拝見する機会を設けていただきました!



酒母しゅぼを作っている様子P1010685

蒸したお米、水、麹に酵母を混ぜて
酵母を培養している工程
フルーティないい香りがしてました

そして、最後がもろみの工程
P1010668



酒母、水、麹、蒸米を合わせて仕込み
麹菌による発酵と酵母による発酵を同時に進行させる
日本酒独自の発酵工程です。

もろみが発酵している様子が間近で!


泡までよく確認できました
P1010670

設備や方針は違えども、
どちらも、美味しい日本酒を造る!
と言う方向性は同じだと言うことは、ぷくでもよく分かりました。

そして、
青木酒造さんでは
名物のへぎそばと天婦羅を食べながら、
鶴齢さんのお酒の試飲会もありました。


こんなに沢山の種類を比較!
更に絞りたての生原酒も後からいただきました~

P1010658_1

とても充実した1日を過ごせました。

優劣はもちろんつけられませんが
両者の方向性の違いを
間近で確認できたのは
とても良い機会だったと思います。

今回のことを思い出しながら
それぞれの日本酒を
今後は味わわせていただきたいと
思いました~

お世話になった皆様、
ありがとうございました~

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« しし唐とちりめんじゃこの炒り煮 | トップページ | 野菜たっぷり温か献立 »

コメント

酒蔵見学、ハマってますね。 今度は新潟かー、そりゃ当然米どころがいいに決まってますね。

そういえば実家のそばの伊丹も酒蔵がたくさんあったような。。 米どころとも聞かないけどなぜなんだろう。。

近代的なのと昔風の酒蔵、見事に対照的ですね。 ほうほう、こうやって作るのかー、となかなか興味深いです。

ご試飲もたっぷりあってよかったね。

投稿: まこ | 2009年3月14日 (土) 04時27分

写真でも香りがしてきそうですよ~shine
なかなかそんなに間近では見られないですよね!
しぼりたて原酒・・・
一度味わってみたいです!!

投稿: あっと(妻) | 2009年3月14日 (土) 22時01分

>まこちゃん
そういえば伊丹にも酒蔵あるよね~
私はお酒が飲めるようになったのが、最近?なので、兵庫や京都の酒蔵には行ったことないの。若い頃から飲めてたら、行ってたんだけど。
伊丹のお酒の発祥とは関係ないかも知れないけど、確か、酒造好適米でとても有名な品種「山田錦(やまだにしき)」は兵庫県で開発されたお米だった筈。
兵庫産の山田錦って実は色んな地域の日本酒の仕込みに使われてるの・・

>あっとさん
前回もそうだったけど、今回もこんなに間近で見せていただき、しかも「隠すことは何もないので」何を写真に撮っても良い とおっしゃっていただき、記念に色々撮ってきました。楽しかったです。機会があれば、是非!日本酒が好きになりますよ、きっと

投稿: ぷく | 2009年3月14日 (土) 23時17分

鶴齢、大好き〜、めっちゃ好きー。
ちゅーことで、次回はぷくさん宅で。
酒の〆のご飯ものはオイシイ。
酒飲みの心がわかってますなぁ。

投稿: えなb | 2009年4月27日 (月) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/28569477

この記事へのトラックバック一覧です: 八海山(八海醸造)&鶴齢(青木酒造)酒蔵見学ツアーに行って来ました:

« しし唐とちりめんじゃこの炒り煮 | トップページ | 野菜たっぷり温か献立 »