« 長野 佐久 橘倉酒造さん 酒蔵見学 に行ってきました~! | トップページ | シャンパーニュ ニコラ・フィアット ブリュット・ロゼ を味わう献立 »

御雛祭りの日の献立

今日は3月3日 桃の節句

スーパーの折込チラシも
「おひな祭り」と「ちらしずし」関連の食材写真がいっぱい。
どこの家でも今日はチラシずしを食べるのが普通なのかしら?
と思える内容。

ぷく
色々と家にある在庫食材で、
散らし寿司を作ることにしました~


レシピはないけど、
こんな御雛祭りの日の食卓でした~

P1010568_1

ほんのりピンク色のちらし寿司
ほうれん草の磯あえ
茶碗蒸し

買い物行けなかったから
「はまぐり」はないし~
「菜の花」もないし~


って献立ですが、
冷蔵庫の中身が少し減って
ぷくは大満足~でした。

●お雛祭りの散らし寿司は、
ほんのりピンク色!
画像では分かり難いけど・・・

P1010563_1

作り方は、以前、作った
赤蕪のお寿司(こんなレシピ)の手法。


●材料(具)
赤カブ
れんこん
白ごま
干し椎茸

しその葉
いくらのしょうゆ漬け



少し前に、甘酢浸けにしていた
赤かぶ、そろそろ食べなきゃ~
と思っていたので、
浸け酢を寿司酢に転用し、
蕪もちらしの具にしました~
在庫整理ができたけど、浸けてから時間経ってたので、赤い色が少し抜けちゃってました

同じく、酢漬けにしていた
蓮根があったので、
これも具と飾りとして使って、
在庫整理!

いくらの醤油浸けは
偶然、冷凍庫から「発掘」したもの!
いつ作ったのか、記憶が定かではないのですが・・
多分去年の秋頃だと思うのですが。
味をみたところ、まだまだ大丈夫!
無事、食卓に並ぶ食材となりました。

●ほうれん草の磯和え

P1010560_1

●材料
ほうれんそう
焼き海苔
しょうゆ
だし

●作り方
ほうれん草と海苔を調味料であえる

●ひとくちメモ
お寿司がある食卓なので、
こちらに、海苔を使ってみました。

●茶碗蒸し

は、散らし寿司の錦糸玉子の卵液が少し余るので、
もう1個卵を足して、茶碗蒸しにしただけ

P1010568_2

具は、手軽に(あるもので、)
わかめ、豆腐、ホウボウの切り身

蒸し器を使わない地獄蒸しで作りましたが
なめらかな仕上がりになって大満足~!
こんなに、きれいに仕上がるなら、蒸し器は使わなくてもいいな~、
と、自己満足しながら食べました


蒸し時間は、
強火3分、弱火8分くらいの時間配分で今回は作ってみました。


●お酒も少しだけ

P1010554_1

越後酒工房
蔵人浪漫


朝日酒造株式会社
(新潟県長岡市)
特別本醸造
精米歩合55%

●おまけ
去年もブログに載せた気がするけど
ぷく家のお雛様で~す!

P1010576

ぷくのお義母さんが作ってくれた木目込人形。

手前は先日お米屋さんでいただいた
雛あられ。

今日の食事の後、胃袋の中に・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 長野 佐久 橘倉酒造さん 酒蔵見学 に行ってきました~! | トップページ | シャンパーニュ ニコラ・フィアット ブリュット・ロゼ を味わう献立 »

コメント

ひな祭り、実家もいつもお寿司だったけどなんでなんだろね? ぷくさんみたいにピンクのお寿司だと、ますます女の子らしくて可愛いわ。 盛り付けもとってもきれい!

今年はなにもせず終わってしまいました。 反省!! でも偶然「モモ」ちゃんという赤ちゃん犬に会って(男の子だけど)、そうそう日本じゃ桃の花の季節なのよね、と思い出しました。 ここじゃ花もまだまだだしねえ。。

ほうれん草を海苔で和えるとは新鮮なアイデア! 今度まねしてみます。

お義母さん手作りのお雛様、普通のよりずっと素敵! 素晴らしい匠の技ですね。

投稿: まこ | 2009年3月 4日 (水) 06時54分

ひな祭りと言えば、何故散らし寿司なんでしょうねぇ。不思議。
スーパーへ行っても、これ見よがしに寿司の素をアピールしてますよねぇ。
ちなみに我が家は「カレー鍋」でした。
余りの寒さに、暖かい物が食べたくて。

茶碗蒸、大好きですぅ。
手作りが美味しいですよね~っ。

投稿: coro | 2009年3月 4日 (水) 11時00分

やっぱりチラシ寿司ですよね~。
我家は夫があまりチラシ寿司を喜ばないので
(ちょっと面倒だったのもあるけど)
作らなかったのでちょっと後悔しています。

手作りのお雛様なんて素敵!
お顔が優しくてホっと癒されますねheart04

投稿: あっと(妻) | 2009年3月 4日 (水) 16時30分

>まこちゃん
お雛祭りの日のお食事は、ちらしずし、ハマグリの潮汁、白酒、雛あられ、あと菱餅も?って考えると、何故だろうね~。由来はよく知らないわ~

モモちゃんって名前、そちらでも使うのね!

お雛様、おねだりして作ってもらったものなの~

>coroさん
カレー鍋もいいですね~!
桃の節句と言っても寒かったですもんね。
お寿司はでは、身体が温まらなかったです。

>あっとさん
散らし寿司、具の準備からするのは、ちょっと気が重いですよね~

お雛様、パーツセットから作ってくれたものなのですが、心がこもっているので、大切にしています。

投稿: ぷく | 2009年3月 4日 (水) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/28458370

この記事へのトラックバック一覧です: 御雛祭りの日の献立:

« 長野 佐久 橘倉酒造さん 酒蔵見学 に行ってきました~! | トップページ | シャンパーニュ ニコラ・フィアット ブリュット・ロゼ を味わう献立 »