« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

フィリピンセブ島 SMマート(シューマート・シティ・セブ)でランチ

セブ島で食べたものの続き・・・・
来月中には全部載せ終わることが当面の目標。

セブ島で今一番新しいショッピングモール
SMマートという所にお買物に行った日に食べたランチで~す。

ここは、
高級店も色々揃っていて、
東京で言えば、ミッドタウンや六本木ヒルズって感じかも・・

デパートやボーリング場、映画館などもあり
地元の人が1日家族で来て楽しむ場所~って感じでした。

免税店も民芸品店もあるので、
観光客需要にも対応可。

しかも、もの凄く広い!
 
そのつもりは無かったのに、ここで1日過ごしちゃいました。
・・と言うか、歩いてお店を見てるだけで
1日かかっちゃった・・・


建物の中に入る為に
1人ずつ簡単な荷物検査とボディチェックがありました。


食事をする場所も、とにかく沢山あって、
屋台っぽいスタンド、フードコート、ファーストフード、カフェ、レストランと様々。

そろそろお昼にしようと思っていたら
1軒だけ現地の人でウェイティングまで出ているお店を発見!

迷わずココに決定~!

お店の名前は

CHIKA-AN SA CEBU
チカアン サ セブ
フィリピン料理のお店です。

何軒か他にも支店があるみたい。

フードコートで食べるのに比べると高いけど
地元の人が、ちょっとしたご馳走を食べたい
って時に来るお店・・・って感じでした。


ここは、メニューに写真があるので
指さすだけで、注文できて、嬉しい!

しかも、店員さんが
頼んだメニューの内容をきちんと
復唱して確認してくれるのです!
とてもサービスの行き届いたお店だと思いました。

ぷくがランチで食べたのは、こんなメニュー


飲み物はソフトドリンクにして・・

P1000603_1

●グリーンマンゴーシェイク(左)

結構酸味が効いていました。
でも、暑い気候では、嬉しい酸味でした。


●Sago at Gulaman(右)
よくわからないから、チャレンジしてみたドリンク
寒天とタピオカ っぽいもの が入っていました。
sagoサゴ がタピオカ っぽいもの
Gulamannグラマン が寒天 っぽいもの
を指す言葉の模様。


で、お料理の方は・・・

続きを読む "フィリピンセブ島 SMマート(シューマート・シティ・セブ)でランチ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤かれいの唐揚げ エスニック風

赤カレイは、唐揚げにして食べました。
北海道産。
「東京まで持ってくると、火を通して食べるけど、
地元では、新鮮だからお刺身でもいけるんだよ~」と
お魚屋さんがお話してました。

今回は、エンガワの骨までバリバリ食べたいから
揚げ物にしました。
カルシウム補給にもなるし。

こんな献立でお食事しました。

きちんとしたレシピ・作り方はないけど
こんな感じに作りました
赤ガレイの唐揚げ エスニック風

P1010413_1

●材料
赤鰈 2尾
小麦粉
揚げ油

香菜
レモン
エスニックだれ

●作り方
①赤カレイの身に切り込みを入れる。小麦粉をまぶす
②揚げ油で色よく揚げる。
③レモンを絞るか、エスニックたれをかけて食べる。
  
●ひとくちメモ
折角の1尾魚だから、丸ごと揚げたかったので、
フライパンを使いました。
 
薄く油をはって
途中、鰈に油をかけながら揚げました~。
 
今回は、鰈に塩とかの下味をしないで、そのまま揚げました~
身がふっくら、柔らかに仕上がった気がします。

レモン汁をかけただけでも、
(塩味が足りないと感じることなく)美味しくいただけました。
 
エスニックたれは生春巻きと共用(手抜き)
同じ味付けだったけど、違う料理に思えたので、良しとする・・・

思惑通り、骨までバリバリ食べられて、残ったのは
頭の硬い骨だけ(中の身は完食)!
  
香菜があって、唐揚げにする時は
中華風のタレもいいな~と思ったので、
今度はそれを試してみようかな~と思いました!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

手巻き生春巻き

生春巻きの皮が家にあったので・・
強引に「手巻き生春巻き」を・・
こんな献立で食べました


今回使ったライスペーパーは、
そのまま食材を包んで食べられるタイプ
(水で戻さなくても使えるの・・)。

お土産で買ってきたもので、
日本では見かけない気が・・
かなり薄いのです。
お店でドライの状態で出てきて、
野菜を巻くと程良くよくふやける感じでした・・・



春巻きを、1本ずつ巻いてから盛り付けるのは、
とにかく面倒なので、
テーブルで、手巻き寿司風に巻きながら食べました~

それに、少しライスペーパーにヒビが入っていたりしたので、
台所で巻いてるうちに破れてしまうのも嫌だったし・・・

レシピ・作り方はないけど
材料とかはこんな感じ。

家にあるものだけだったので
ちょっと具が寂しい内容・・・

生春巻き 手巻き編


P1010410_2

●材料
ライスペーパー
春雨
えび
ピーナッツ
しその葉
香菜

<A> 
ナンプラー・レモン汁・砂糖 各大さじ1
赤とうがらし (小口切り)

●作り方
①Aの材料を混ぜ合わせ、タレを作る。
②ライスペーパーで具を適量包み、食べる

●ひとくちメモ
タレは、エスニック風の時に作る定番のもの。
おなじみだけど、コレと香菜があるだけで
エスニックに何でも変身してしまう気がします・・

コリアンダー、色がきれいな緑でないのは、
夫曰く、「寒さに耐えている色」、ではないか、と。
確かに、赤みがかった色をしていて、紅葉っぽい色に見えます。
暖かくなってくるときれいな緑色になるし。

 
ま、ベランダで収穫できただけでも有難い!
因みに、赤唐辛子も、ベランダ製。

エビは、冷凍庫にあったホワイトエビ。

ちょっと色が寂しい・・
バナメイエビやブラックタイガーの方が
こんな時は映える色だな~
と思いました。




ライスペーパーは、大きさを半分にして使いました。
買ったばかりの時は、
テーブル調理でもきれいに巻ける状態だったのですが
今回は古くなっていたせいか(それとも、部屋の湿度が低いから?)、
あまり良い状態で巻けたとは言えませんでした(涙)
割れたり、破けたりしたものも多くて・・・
<ライスペーパー、何時買った物かは、夫にはトップシークレット?>

でも、「生春巻き」って食べるのは「あっ」と言う間だけど、
作るのが(特に、皮を戻して、巻くのが!)とっても面倒なので、
こう言う食べ方も、たまにはいいな~!と思いました。

具を揃える手間だけだし。

巻いて~食べて~と、時間をかけて
ゆっくりお酒を飲みながら食べられるし。


今度は日本でもよく売っている、
分厚い、水戻しが必要なライスペーパーで
どのように手巻き生春巻きを作ればよいのか、
検討してみねば・・

各自、濡れ布巾を準備して、その上にのせて
ふやかしながら巻いて食べるのがいいかな~
と頭の中では思ってま~す。

また試してみたら、記事にしてみます・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

赤かれいのエスニック風献立

ほっき貝を食べた日、
きっとホッキだけでは足りないだろうと思って、
同じお魚屋さんで
やはりお安かった
「赤がれい」も買いました。

ほっき貝の前菜の後、食べるつもりだったのに
ごはんを食べたりしていたら、
意外に満腹になったので、

「赤鰈」は翌日に持ち越し・・・
となりました。

今晩の赤カレイ、どのように食べようかな、と
思っていたところ・・・、

夫がベランダに植えている
「コリアンダー」の間引きをしました。

香菜があるなら、エスニック風のメニューにしようかな~
と思って、こんなメニューになりました。

赤かれいの唐揚げのエスニック風献立

お買物に行かなかったので、
家にある食材だけで適当に・・

P1010419_1

赤カレイの唐揚げ
手巻き生春巻き
ポテトフライ
ししとうの素揚げ


ポテトフライのじゃが芋は
鹿児島県の離島の徳之島産の
赤土新ばれいしょ「春一番」
赤土で育てたらしいです。

と言うものです。
先日、偶然いただいたもの。
(通りかかった物産展で配布してくれていたのです。)
季節柄、名前がとても嬉しい品種!
皮も美味しそうだったのそのまま調理。
お味も美味しかったです!




もちろん、食べたのはこれだけじゃないのですが・・・
写真はこれだけ
(この後、残ったタレを主に使って味付けした
不思議な味のエスニック風パスタを作ったりしました・・)

●で、この日飲んだワインはこんなの

エスニック風メニューにしたので
タイのサムイ島のスーパーでお土産に買ってきたワイン・・
「タイ産のワイン」と書いてある棚
に並んでいたので
興味津々で持ち帰ったもので~す

P1010400

Mont Clair

葡萄はシラー

不思議なことに、
後味に唐辛子のスパイシーさを何故か感じる味でした。
(通常のシラー以上に)

さすがタイのワイン~、
現地の料理の雰囲気がする~

っと思って飲んだのですが・・

今、ラベルを見て
調べていたら
何と、南アフリカのワイン !!(゚ロ゚屮)屮

ちょっと、ビックリ アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
&ガッカリ (´・ω・`)ショボーン

珍しいタイのワインだと思って
重さも気にせず、
税金まで払って持ち込んだのに・・・

ま、こんなこともあるよね~

調べたら、同じ様な方がいらっしゃいました
(何となく、嬉しい・・)



作った料理の
レシピのメモはきちんと残してないけど、
もう少し話題を引っ張りたいので、
・・最近余裕がないので
続きをまた後ほど・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

うどの皮のきんぴら

レシピをきちんとメモしてなかったけど、
昨日、セコイほっき貝ごはんの作り方を載せたので

ケチケチついでに、
同じく、節約レシピなので載せることにしました~!

こんな献立で食べた時のお料理。

うどと菜の花の酢味噌添え

P1010374_1

は、ゆでた菜の花と、
皮を厚めに剥いて、食べやすい厚みに切って酢水につけておいたウドに
辛子酢味噌を添えたもの。



この時、むいて残ったウドの皮で金平を作りました~。
ホウボウのアラの煮つけの時のうどの剥いた皮も残してあったので、
一緒に調理。

独活の皮のきんぴら

P1010368_1



レシピ・作り方のきちんとしたメモは残してないけど
こんな感じ

●材料
ウドの皮
ごま油
酒・みりん・醤油

●作り方
①うどの皮は、せん切りにする。
②鍋にごま油を熱し、独活の皮を入れて炒める。
③調味料を加え、水分がなくなるまで、炒りつける。

●ひとくちメモ
調味料は目分量で適当に加えましたが、酒・みりん・醤油をほぼ同量使いました。

独活は、アクがあるので、皮をむくと、切り口が黒ずみますが、金平にすると目立たなくなります。なので、ぷくは、以前に剥いた皮をそのまま大事に残しておいて、今回まとめて使いました~。

節約料理って書いたけど、
うどの皮には独特の風味があるので、
きんぴらにすると、それがとても香ばしくって・・
ウドの皮のキンピラは、作る甲斐のあるお味の料理だと思います。

タカの爪とかを使っても良かったかも・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ほっき貝の食べ方いろいろ

今回買ったほっき貝(ウバガイ)はかなり大きなもの!

前回食べた時はこんな感じ・・(こっちのページ)

お店の人が、
「今日入った北寄は、こんなに大きいんだから~」と
見せてくれてたけど、
買ってから
3個入った袋を渡されて持ったら、
ずっしりと重くて・・・

お家に帰って重さを量ってみたところ
1個500g弱もありました~!

●大きさはこんなくらい!

P1010358

●これをこじ開けてみたのがこんな感じ

P1010360

ホッキ貝は割と楽に開けられる気がします・・・
 
ここから中の身を取り出して、
砂が結構入っているので、きれいに洗い流しつつ、
食べられる部分を分けました。

足とか舌とか言われる部分は、
中に黒い内臓と、
ストローみたいな形?の軟骨が入っているので、
取り除きました。
●生では、こんな色ですが

P1010365

●お湯にさっと通すとこんな色になります。

P1010366
左右を揃えて撮れば良かった・・・

もっと火を通してもいいのかな?
生でも食べられるものなので
加熱は控えめにしちゃいました。
もう少し長く加熱してたら、もっと赤くなったかも・・・
  
貝柱はそのまま生で・・盛り付けて、
お刺身orすしめしと一緒にいただきました。

北寄貝(うば貝)のお刺身

P1010376_1


ほっき貝の食べ方、
お魚屋さんは、「バター焼き」も美味しいよ~!
と勧めて下さいましたので、
ひもの部分は、バターでさっと炒めて食べました。

ほっき貝のひものバターソテー
あんまり美味しそうに見えないbearing

P1010387_1



本体が大きいので、ひもだけでも
かなりの分量があったので、
1個分のひもは、御飯に炊き込んで
ほっき貝のヒモの炊き込みご飯 を作りました。

ホッキ貝のひもの炊きこみ御飯

P1010394_1

ところで、
いつもながらのセコイお話ですが・・・
このたきこみご飯
ほっき貝を開ける時に出た汁を使って作りました。
貝をこじ開ける時、沢山の汁が出るので
勿体無いな~、と思ってて・・

今回は、それをボールに受けておいて・・

砂とかが結構混ざっているので、
上澄みだけを漉して・・・
 
研いだお米に
この汁とヒモを入れて炊いただけですが、
(貝を開けた時に出る汁に、ほんのり塩味があるので、
味つけは特になし・・)
ほのかな貝の風味がして、美味しかったです~!
貝の汁の無駄にならなくて良かった~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ほっき貝を食べた献立

昨日は、またまた、ホッキ貝を食べました~

本当は、鶏肉のクリーム系のお料理でも
作ろうかと思っていて
買い物に出掛けたところ

お魚屋さんで
今日は、コレがいいよ~!
と勧められて

実物と値段を見て即決&予定変更

ほっき貝は今年2回目。
何か最近、お手頃な気がします。


こんな食卓になりました。

北寄貝のお刺身の前菜
  
P1010381_1
ほっき貝
うどと菜の花の辛子酢味噌添え
うどの皮のキンピラ
黒ごま入り寿司飯


★うどと菜の花の辛子酢味噌添え の酢味噌は
 モチロン、先日作った残り。

★すしめしも、先日の残りが少しだけ
あったので、黒胡麻を混ぜて
前菜で食べようと並べたもの
(お刺身と合わせて食べるのもいいな、と思って・・)
・・・しかし、2合作ったすしめしの残りがこれだけって
メタボ世代夫婦としてどうなのかしら??


「前菜」と書いたのは、この後まだ少し(?)だけ
他の料理を追加したから・・

そして、お酒は
今回も日本酒

昨日、お伺いした
新井屋酒店さんで買ってきたものを早速!

P1010362

陸奥 八仙
特別純米 
中汲み無濾過生原酒

八戸酒造株式会社


原料米は
青森県産の華吹雪・むつほまれ

精米歩合は
麹 55% 掛米60%

とても香りが良くって
グイグイ飲んでしまう
とても危険!?なお酒でした。

ほっき貝については、また後ほどの記事で~

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

お豆腐とホウボウのアラの煮付け

先日食べたホウボウ
その時の記事はこんな感じ
丸をおろしたので、
頭と中骨などのあらが出ました~!

そして・・・ついつい
アラを残していたので、
煮ることにしました。

・・・と言っても一尾分しかないので、
それだけでは量が少ないので
たまたま冷蔵庫に残ってた
お豆腐と煮てみました。

コレが美味しくって、
びっくり!

あんまりきちんとメモしてなかったけど
こんな感じに作りました。

お豆腐とほうぼうのアラの煮物

お手軽度 ★★
調理時間 20分強

P1010327_1

レシピ・作り方

●材料
ホウボウのあら 1尾分
豆腐       1/2丁
うど        1~2本
ほうれん草(茹で)  適宜
<A>
水       150ml
酒        50ml
砂糖・みりん 各大さじ1
醤油      大さじ2

●作り方
①ホウボウのアラは、頭は半分に切り、中骨は2~3等分mにすり。
②熱湯に①を入れて霜降りにし、冷水にとる。
③豆腐は食べやすい大きさに切る。独活は、食べやすい長さに切り、皮をむく。ほうれん草は、食べやすい長さにきる。
④鍋にAの醤油以外の材料を合わせて煮立てる。ほうぼうと豆腐を加え、落とし蓋をして、約5分煮る。
⑤醤油を加え、同様に約5分煮る。
⑥うどを加え、2分煮る。
⑦器に盛り、ほうれん草を添える

●ひとくちメモ
今回は落とし蓋をして煮てみました~!

びっくりするくらい、ホウボウから良いお出汁が出ました。
お豆腐にも味が良くしみていて、良かったです。
また作ってみたい味でした。

ちなみに、ウドの皮はきんぴらにするつもりです
(またまたセコイお話ですが・・・)

で、一緒に飲んだのは
こんなお酒

今回も日本酒

P1010321_1

雪国
越の柏露
吟醸酒


柏露酒造㈱ (新潟県長岡市)

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

新井屋酒店 山形 秀鳳を飲む会inST に行って来ました 

バレンタインデーの日のお話ですが・・

新井屋酒店さん主催の
地酒の会
山形 秀鳳を飲む会に参加してきました~!

場所はおさかなと地酒で人気のお店STさん!

昼下がり、まだ陽が高い時間帯に
存分に日本酒をいただきました。

当日の様子は
新井屋酒店さんのブログ
ページに詳しくご紹介されています。
こちらのページ と こちらのページ

ぷくも写真を撮っていたので
記念に記事をUPしま~す!

当日いただいた秀鳳さんの日本酒の
ラインナップ!

P1010281

秀鳳酒造さんのご好意で、
ソフトドリンクには
「仕込水」をご用意いただき、
これをいただきながら色んな
お酒を味わわせていただきました。

通常はとても飲めない
「全国新酒鑑評会」に本当に出品したお酒も
いただきました。
山田錦の精米歩合35% の 純米酒でした。

ちなみに、
ぷくは、
「恋おまち 純米吟醸生原酒」
が一番好きでした~

そして・・・

STさんが
心を込めて作って下さったお料理は・・
(料理名は適当です・・)

●キンピラ風の一品 と白魚入りもずく酢P1010283

●身欠きにしん
P1010284

●まぐろの頭
P1010287
ぷくは、このお料理が特に美味しいと思いました。

全く臭みがなくって、
「材料」と「料理の腕」両方のレベルが高くないと
いただけない味ではないか、と思いました。
残さず完食。
流石プロのワザです!


●大根の煮物

P1010289

お酒もお料理も大満足なひとときでした。
  
お土産までいただき、
大満足で帰ってきました~
(自宅までの道のりで、一部、記憶の途切れあり・・)

翌日の朝、TVを見ていると、
元大臣のローマでの酩酊記者会見の映像が
飛び込んできて・・・

我が身を顧みて、
ぷくも気をつけないと・・・と
自省する良い機会でした。
流石にあんな風になったことはない筈ですが。


酒造好適米の違いで
かなり味わいに差があるなど、
日本酒の奥深さを実感する良い機会でした。

明日は、
新井屋さんにお伺いして
美味しい日本酒をGETしてくる予定です~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ブロッコリーの辛子酢味噌がけ

熱いご要望sign02に応え、記事にしてみました

本山葵を食べようと、
こんな献立にした時、
野菜を何にしようかな~、
と思ったら、冷蔵庫に
茹でたブロッコリーがあったので、
食べることにしました~。

ほうれん草は胡麻和えにしたので
ちょっと違う食べ方がいいかな、
と思って酢味噌で味付けすることにしました。

酢味噌を適当に作ってたら、
辛子の残り(大阪蓬莱の豚饅を買った時についてきていたもの・・)
が目についたので、
それも入れて
辛し酢味噌にしました~!

ブロッコリーのからし酢味噌がけ

お手軽度 ★
調理時間 10分 
↑ブロッコリーを茹でたとしても、これ位で出来る筈

P1010320_1

レシピ・作り方

は、きちんとメモしてないけど
・・・と、言うか、計らずに作ったので
ありませんsweat01

●材料
茹でたブロッコリー
<辛子酢味噌>
白みそ

みりん
練り辛子

●適当な作り方
①からし酢味噌の材料を混ぜ合わせ、辛子酢味噌を作る。
②茹でたブロッコリーに①をかけ、つけながら食べる。

<酢味噌はこんな感じで作りました~>

以前
こんな記事 や こんな記事
で酢味噌を作ってましたが、
今回は、みりんも加えて、
更に練り辛子も加えて
適当に味見をして・・・・終了!

ブロッコリーにかけるので、
少しゆるめの粘度に仕上げてみました~!

●ひとくちメモ

辛子酢味噌や酢味噌などであえた料理を「ぬた」というけど、
ぷくは子供の頃、酢味噌やぬたは嫌いでした。
何か、ぬるぬるしてて・・
(ぬたとは、そもそもぬるぬるしてる状態が語源なんだけど・・・)

が、かなり大きくなってからは美味しいと思うようになりました。

味覚は年と共に変わるもんだと
酢味噌を食べる度に思います・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ほうぼうのお刺身

ホウボウは、格安で
お刺身にできるものが売られていたので、
つい、購入してしまいました。

今回は、時間と心に余裕があったので、
丸ごと買って、自分でおろしてみることにしました。

ほうぼうは、こんなお魚

P1010294_1

ぱっと見、変な形をしてるけど、
白身でとても美味しいお魚。

カサゴの様に、胸ビレの下の方が
手の様になってて、
この部分で海底を這うように移動してます。


実家の関西ではあまり見かけなかった気がするけど(気のせい?)
東京では、よく見かけます。


特徴は、何と言っても
胸鰭内側のきれいな色。

広げてみると
ちょっと傷みぎみの胸びれだったけど・・
一応、写真をUP・・・

P1010300_1

こんな色が見れるのは
丸ごと買った場合の特権!

ブイヤベース!とも思ったけど、

今回はわさびを食べる為の食卓なので、お刺身に・・・

元々小さめのだったのですが
(丸ごとで重さ260gくらい)

頭が大きいので、
捌いて、お刺身にすると
凄く少なくなっちゃいます・・・
(おろし方下手なせいもあるけど。)

ホウボウのお刺身
作り方・レシピはありませんが
(3枚におろして、皮をむいて、切るだけなので・・)
 
写真はこんな感じ

P1010305_1


なので、これだけではお刺身が足りずに

他にも「本日のお値打ち品」
と言うお刺身セットを見つけ、
本当にお値打ちだと思ったので・・
買ったのがコレ

P1010313_1

ぶり、ほたて、サーモン、鯛、中トロ

こんだけ入ってて、
かなりお得な価格でした。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

本山葵を食べきる為の献立

先日、めじまぐろを食べる為につい買ってしまった本わさび。

まだ半分残っているので、美味しいうちに食べてしまおうと、
今度は本わさびを食べ切る為に、買い物に出かけました。

半分残ったわさび、
ぷくがいつもしている山葵の保存方法は、
水をはった小瓶に浸して、水を取り替える方法。

ぬらしたペーパータオルに包んで、ラップをする方法もあるけど、
どうもこのやり方だと、姿が見えないからつい忘れてしまって・・・

瓶に入れて、冷蔵庫の目立つところに置いておけば
さすがに目につくので、忘れない気が・・・

冷凍して、そのまま冷凍ですりおろして使うという方法もあるけど、
どうも、冷凍のまますりおろすのは硬くて・・・

しかも冷凍していると、忘れてしまうことも多く・・

きちんと冷蔵庫の中身を管理できる人はいいんだけど、
つい忘れてしまうぷくにとって、
色々やって、いちばん忘れにくい山葵の保存のしかた。

とにかく、いつもの方法でわさびを保存したので、
美味しくいただくことができました。

で、山葵を食べるので、
当日お徳だった、お刺身がメインになってしまって、
そうすると、
手巻き寿司を作りたくなって・・・

結局、こんな献立になりました

本わさびを食べる為の、献立

P1010311_1

ホウボウのお刺身
お刺身盛り合わせ
ホウレン草のごまあえ
ブロッコリーの辛し酢味噌がけ
すしめし
わさび菜、大葉←巻物用
海苔 ← 写真なし


ホウボウは、格安で
お刺身にできる新鮮なのが売られていたので、
つい、購入。



こんな献立では
やはりお酒は日本酒!

P1010292_1

越乃雪椿 純米吟醸
雪椿酒造株式会社(新潟県加茂市)

新潟県の酒造米
「越淡麗(こしたんれい)」100%使用。
精米歩合60%

越淡麗を使用し、お求めやすい価格で作りました~
とのことで、
夫が買ってきたお酒です。

美味しくいただきました~!

ほうぼうについては、また、後ほど~

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

マクタンシュライン・フィッシュ・マーケットでお夕飯

セブ島で食べたものの続き・・・

この日の夜は
ダイビングサービスの方に
美味しいシーフードを食べられる所はどこ??
と伺って、教えてもらった
マクタンシュラインに行ってきました。

地元の人もお魚を買いに行く場所で、
現地の人で賑わっていました。
 
店頭に並んでいるお魚を選んで、
料理してもらえるスタイルの所
(もちろん購入も可)
  
ずらりと並ぶお店を見ていると、
観光客だからか、
お高い食材を薦められてしまいます・・

鮑(あわび)とか・・・

●お店の店頭はこんな感じ

P1000553_1

左上のシャコ貝に興味があったけど
2人では多すぎるかと思って、諦めました。

P1000556_1


 

続きを読む "マクタンシュライン・フィッシュ・マーケットでお夕飯"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

めじまぐろを食べました

バフンウニとせこがにを買った勢いで、
ついメジマグロのお刺身と
それを食べる為に、
本わさびを買ってしまいました。

こんな贅沢な組み合わせの献立でお食事。

メジ鮪とは、本鮪の子供のこと。
ぷくの出身の関西では
ヨコワと呼んでいましたが、
今住むところでは、めじ鮪と言って売られている気がします。

多分採れた時しか出回らないので、
いつも売られている訳ではないので、
偶然見かけたので、
買っちゃいました~!


一応、中トロと記述してあった部分でしたが
本鮪に比べると、脂ののりが
少なめでした。

が、とても美味しくいただけました。
子供だから、メタボになる前で
脂ののりも少ないのだと思います・・


ぷくもこんな脂の量の時代があったのかな~
と思いながら、美味しくいただきました。

P1010246_1

わさびも
本山葵が手頃な価格で出ていたので
買っちゃいました。

P1010227_1

本わさびは、葉のついている方を円錐状に削って、
おろしていただきました。


あと、ミニ大根というのもあって
気になったので、つい・・・
お刺身のツマの代わりに
丸ごと盛ってみました。

P1010228_1

本マグロと本ワサビと言う贅沢な組み合わせで
美味しくいただけて、
満足です~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

せこがに(せいこがに・めがに)を食べました

せこがにとは、
メスのずわいがにのことで、
「せいこがに」とか、「めがに」とも言われている蟹。

ちなみに、ずわいがには、地域によって、呼び名が変わって
松葉蟹、越前蟹と言われるので、
蟹の名前はむずかしいです。

ぷくのイメージでは
松葉ガニのメス → セコガニ
越前ガニのメス → セイコガニ
ズワイガニのメス → メガニ
と言われている気がするのですが、
詳細は知りません・・・

何れにしても、
資源保護のため、
漁の時期が制限されています。

貴重なものと巡りあったので
早速購入しました~!

が、
ぷくが買った売場では、あまり注目されていなかった様に感じました。

子持ちだって知らない人が見ると
単なる大きさが小さいカニに見えるからかも。

こんな贅沢な組み合わせの食卓で食べました。

●ぷくが買ったのはこんな蟹

P1010232_1

自宅でよ~く見ると、
どれも脚が1本欠けていたので
ぷくでも買える価格だったのかも・・

でも、せこがにの場合、脚が1本ないことなんて
全く気になりません・・

●カニの調理法はゆでるのではなく、
 蒸して食べました


茹でると、ゆで汁に旨味が逃げてしまう気がするので、
ぷくは、面倒でも、カニは
蒸していただくことが多いかも。

茹で上がりに外子と言われる
子持ちの部分をパチリ・・

P1010239_1

そして、
こんな風に色よく茹で上がり
美味しくいだたきました~!

P1010241_1

ちなみに、蟹が加熱すると
鮮やかな赤い色になるのは
アスタキサンチンという色素が加熱によって赤くなるため。
エビの場合も同様。

アスタキサンチンは抗酸化力などがあって、
最近、サプリでも注目されてる成分なので、
美味しいだけでなく、身体にも良かった筈。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バフンウニ(馬糞うに)を食べました。殻の開け方はこんな風に・・

北海道産のバフンウニが、なぜか
ぷくがよく行くお魚売場に並んでいました。
  
生のウニ!
何て、珍しいことか!と思います。
  
夏場にムラサキウニが売られていることはたまにあるのですが
  
バフンウニを売場で見たのは初めてでした。
  
高級品なので、お値段もそれなりですが、
北海道に行く旅費を考えたら、とてもお安い。
 
今食べておかないと、今度はいつ巡り合えるかわからないので、
出会いに感謝し、ちょっと奮発して購入しました。
  
・・と言っても買った(買えた?)のは2個です。
  
ぷくが買った「ばふんうに」はこんな感じの・・

P1010230_1

1個の重さは100gでした。
ウニの中でも美味しいと絶賛されている種類なのに
名前が「馬糞」何て・・・


とても食欲がそそられる響きではないけど・・
名前として定着しちゃっているのが不思議・・・

一体誰がつけた名前なのか・・・
 
でもぷくは馬糞が身近な存在?ではないので、
あまり具体的に想像することなく?食べられて良かったです(笑)
  
さて、丸で買ったのは良いのですが、
バフンうにの殻の開け方・・・捌き方、どうしよう?と一瞬考えました。
  
ウニを開ける道具などが
ぷく家にある筈もなく・・

ウニのさばき方はムラサキウニでした試したことがなく・・
  
よくわかんなかったけど、
口の部分からキッチンバサミを入れ、
中を傷つけないように殻を開けて・・・
みました。

P1010242_1

ムラサキウニより開けやすい感じがしました。

ちなみに、中央の口の部分は
「アリストテレスの提灯」と言われてます・・
たしかに、ちょうちんっぽい形・・


中身を海水くらいの濃さの塩水の中に丁寧に開けて・・

汚れを除きながら、
何回か塩水を取り替えて
こんな状態にしました

P1010249_2


ちなみに、これで1個分!
  
そもそも、ウニの数え方は1個なのか?と疑問なのですが・・
  
そんなこととは関係なく、
とろけるような食感と甘さで
とても美味しかったです~!
  
思い切って買って良かったhappy01

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バフンウニとセコガニとメジマグロを食べる贅沢な食卓

ちょっと贅沢をしてしまいました。

最近激安のおかずばかり食べてたので、
ま、たまにはいいかな~と思って。

お魚売場で何と「バフンウニ」と遭遇
その隣には「せこがに」が並んで陳列してあって・・・

しばしお財布と相談しましたが、
ぷくにとってはちょっと高いけど、

食材の相場としては激安・・・だったので・・・
奮発して買ってしまいました・・

でも、これだけでは、
蛋白源が少ないから、

あと、お刺身でも・・と思って、お刺身コーナーを見ると
めじまぐろがあったので・・・ついでに・・

その後、お野菜売場では
本わさびが目に付いたので
それも購入してしまい・・・

かなり贅沢な献立になりました

バフンウニとせこがに満喫!贅沢献立
  
P1010253_1


バフンウニ
せこがに
めじ鮪
ホウレン草の煮浸し



お酒はやっぱり日本酒・・・

P1010235_1

越乃白雁(こしのはくがん)
本醸造 一本〆

中川酒造㈱

新潟県長岡市

一本〆は酒米の品種名。

新潟で、五百万石などの系譜で
比較的最近作られた酒造好適米です。

贅沢食材は、食べた記念に、
後ほど個別にもう少し記事にしてみます・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

セブ島 ダイビングでのお昼ごはん

セブ島で食べたもののお話・・の続き・・

セブ島滞在中、3日目は
体験ダイビングにお出かけしました。

体験ダイビングは、海外ですると
日本でするのに比べて、費用も格安だし、
至れり尽くせりのサービスでとても楽チンなので、
今回も「体験」してみました。

何度もするなら、体験でなくライセンスとった方がいいのかも・・ですが。

ぷくは、体験ダイビングを

こちらのダイビングサービスにお願いしました。


ぷくの身体が入るウエットスーツ!をめでたく!?
レンタルしていただき、

ナルスワン島という所まで、
ボートで出掛け、

しばしの海中散歩を楽しみました。

体験と言っても、5~6m程度は潜るので、
スノーケリングとはまた違う風景が楽しめました。

Dscn7446_1

同じボートで出かけた他の人は、
本格的なダイバーの方達。

体験とは違う、深いところまで潜ってらっしゃって、
エイが沢山居た~!とおっしゃってました。

その方々がダイビングをしている間、
ぷく達は、スノーケリングをさせてもらったので、
とってもお得な気分でした。

滞在中、一番お天気が良い日だったので
とても海と空がきれいでした。


この日のランチは船の上。

ダイビングサービスの方が
船の中で作ってくれたメニュー!

Dscn7449_1

レストランの食事に比べると、
ビジュアル面では寂しい感じがするけど、

でも、
食材が新鮮だから、とっても美味しいのです!
 
屋外で食べてるので、更に美味しく感じました。
写真撮り忘れたけど、
セブ島のマンゴーをデザートにいただきました。
(セブのマンゴーはフィリピン内でも価値があるらしいです。
日本で言えば、魚沼産のコシヒカリの様な扱いかな?・・)
 
これぞ、完熟の味!とても美味しかったです。
マンゴーは何度もお代わりしちゃいました・・・
 
こんなシンプルなお料理もいいもんです。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝ごはんみたいなお夕飯献立 和食編

時間がなくって、
こんなお夕飯を食べました。


朝ごはんみたいなので、
夫には、「海苔は~?」
と聞かれましたが、れっきとした?夕ご飯です。

お買物に行けず、
お肉もお魚もタンパク質系の食材がなくって・・・

主菜を卵料理のだし巻きにしたから
いかにも朝ごはんっぽいんだろうな、と思います。

以前にも朝御飯みたい・・
と載せていたのは
こんな献立だったり、こんな献立
卵を使うと、そんな感じになるみたい。

今回は、
こんな献立

朝御飯の様なお夕飯 和食編

P1010217_1

出汁巻き卵
おから煮
ホウレン草のくるみ和え
豆腐となめこのお味噌汁



ちなみに、ぷく家の朝ごはんは
家族バラバラで適当に食べて出かけるので、
こんなに充実した内容ではありません(恥)

ぷくがこんな朝ごはんを食べるのは
お出かけして、旅館で食べる時くらいです。

夫の実家でお義母さんが作ってくれる朝ごはんは
これくらい充実していましたが・・・

ちなみに、この「おから」。

先日のいなだ大根の時に取っておいた煮汁を使って煮ました。
以前、お魚の煮汁を使っておからを煮たレシピをのせてたことがあったのですが、
(鯛のかぶと煮の煮汁で煮た時はこんな感じ)

今回の煮汁は味も色もしっかりしていたので、
だし汁だけたっぷり足して、調味料を足すことなく、煮ました。
お魚の臭みは感じない仕上がりになりました~!

時間もお金も節約した料理ですが
美味しくいただきました~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

セブ島 マリバゴ・チキン・グリル&レストランのお食事

まだまだ終わらない
セブ島で食べたものリスト・・・

↑は、セブ島・・と書いたけど、マクタン島のお店です。
 
今回はこんなお食事。
ホテルのすぐそばにある
マリバゴ チキン グリル&レストラン

でお夕飯を食べた時の内容。

今回、ホテルから歩いて行けた唯一のお店です。

ここも、ガイドブックに載っている、観光客向けの有名なフィリピン料理のお店。
日本人率かなり高かったです。

メニューに写真は殆どなく、
(カテゴリー別に分かれてはいるけど)
文字を見て、注文。


どんなものが来るのか
ドキドキ ワクワクして待ちましたが、
どれも美味しかったです。

ぷくが食べたのは、こんな感じ
(ちょっと記憶がおぼろげになりつつありますが・・)

先ずは、ビール!を。
P1000539

銘柄違いで頼んでみました
(どちらもフィリピンのビール)

その後、ビールは少しお代わりを・・・

食べ物はこんな感じ・・
  
  

続きを読む "セブ島 マリバゴ・チキン・グリル&レストランのお食事"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なめこの大根おろしあえ

なめこと大根おろしのシンプルな料理ですが、
さっぱり、美味しくいただけました。
(こんな献立の一品)

大根おろしには、
甘酢で下味をつけました。

一応、ぷく用のメモとして、レシピ残しておきま~す。

なめこおろし

お手軽度 ★
調理時間 5分強

P10101831

レシピ・作り方
●材料
なめこ  1/2パック
大根  250g
<A>
酢   大さじ1
砂糖 大さじ1
塩  小さじ1/3

●作り方
①なめこは石づきを切り、さっとゆでる。大根は皮をむいて、おろす。水気をきる。
②Aをよく混ぜあわせて、大根おろしとあえる
③なめこと大根おろしを合わせて食べる。

●ひとくちメモ
なめこは、今回、石づきと軸がついたしっかりしたものを使いました~!

今回使った大根は、根っこの方で、少し大根特有のにおいが強かったので、臭み消し?代わりにお酢を多目に使いました。

このままの味でも、充分食べられましたが、薄味に感じた場合は、おしょうゆをかけてもいいな~と思いました。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

続きを読む "なめこの大根おろしあえ"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

水菜と油揚げの煮浸し

今回の献立(こんな内容)
緑黄色野菜の一品は水菜にしてみました。

水菜は生でも食べられるし、下ゆでもいらないお野菜だし、
洗うのが楽な形だし・・
とてもよく食べてます。

急速に普及しはじめたのは、ここ10年ちょっと・・
の気がしますが、
本当に使いやすいお野菜だと思います。

今回はサラダでなく、さっと火を通してこんな感じで・・

水菜とお揚げのお浸し

お手軽度 ★
調理時間 10分弱

P1010191_1

レシピ・作り方

●材料
水菜  100g(1/2袋)
油揚げ 1枚
<A>
だし   カップ1
酒・みりん・うすくち醤油 各大さじ1
塩   小さじ1/4

●作り方
①水菜は4~5cm長さに切る。油揚げは、さっと熱湯をかけて油抜きし、食べやすい大きさに切る。
②鍋にAを入れて煮立て、油揚げを入れて3~4分煮る。
③水菜を加えてさっと煮て火を止める。

●ひとくちメモ
油揚げは、少し肉厚のタイプを使しました。

水菜はすぐに火が通るので、先に油揚げを少し煮て、味を浸み込ませてみました。

何てことないシンプルな料理ですが、味の浸みたお揚げって美味しいな~と思いながら食べました~!

もっと水菜を入れても良かったかも・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

イサキの蒸し物 ねぎソース

今回買ったいさき(伊佐木)、
焼いて食べたから、(こんな感じ・・・)
次は別な食べ方で・・
と思って、蒸し魚にしました。

丸魚だったので、形をそのまま生かしたく・・・
ちょっと日が過ぎたので、
レンジではなく水蒸気で蒸してみようと思ったんだけど、

ぷく家の蒸し器に入る大きさではなかったので、
少し悩んで
中華鍋で蒸してみました。

中華せいろは持ってないので、
お湯を沸かした中に
高さのある器を入れて、水面との距離を作って
その上にお皿に載せたイサキを入れて
フタをして蒸す~

という方法にしました。
こんな献立で食べました

こんな感じで作りました

いさきの蒸しもの ねぎソースかけ

お手軽度 ★
調理時間 20分


P1010206_1

レシピ・作り方

●材料
イサキ  1尾
酒    大さじ1.5
生姜  1かけ
ねぎ   1/2本
<A>
しょうゆ  大さじ3
砂糖   大さじ2
ごま油  大さじ1

●作り方
①しょうがは薄切りにする。ねぎの白い部分はみじん切りにし、Aと混ぜて、ねぎソースを作る。ねぎの青い部分は大まかに切る。
②いさきの身に切り込みを入れる。皿に入れ、酒をかける。ねぎの青い部分と生姜をのせる。蒸気の立った中に入れ、蒸す。
③蒸しあがったら、ねぎと生姜を取り除く。①のねぎソースをかけて食べる。

●ひとくちメモ
今回のイサキは、体長が30cm弱、はらわたを除いた重さが250gのものでした。
蒸し時間は20分弱でした。

これだけのサイズを蒸すのはちょっと大変!
新鮮ないさきなら、レンジで加熱しても美味しくいだだけると思います。

献立がさっぱりしてたので、
ねぎソースにごま油を少し入れてコクを出してみました。

ねぎソースは作りやすい分量を作ったのでまだ余ってま~す。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

イサキの蒸し物の献立

お得に買ったイサキ、まだ残っていた分は
蒸して食べてみました

今回は、和風のヘルシーな内容。
尚且つお財布にも優しいメニュー!

こんな感じの、一応、一汁三菜の献立です

伊佐木の蒸し物の献立

P1010208_1_2

いさき蒸し、葱ソースがけ
水菜とお揚げのお浸し
なめこおろし
かぶと芽キャベツのお味噌汁

幾つかの料理のレシピは後ほど~!

で、

和食メニューだったので、
こんな日本酒を飲んじゃいました。

P1010180_1_2

朱鷺
美の川酒造(新潟県長岡市)


本醸造
精米歩合65%

佐渡で朱鷺を放鳥した記念のお酒らしいです。

美の川酒造はぷく家のお気に入りの酒蔵で~す。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)

ひよこ豆のサラダ

ひよこ豆があったので、サラダにしました。

スープに入れて使った、半分が残ってたので。

こんな献立で食べたお料理です。

「余りもの」や「端っこ」だけを材料に使った割には
普通の料理っぽく出来たので、結構満足happy01

こんな感じに作りました。

ひよこ豆のサラダ

お手軽度 ★
調理時間 10分
作り置きOK!

P1010149_1

レシピ・作り方

●材料
ひよこ豆 1/2缶
玉ねぎ  1/4個
ピーマン(赤・青) 少々
ハム   少々
<A>
オリーブ油 大さじ1
酢      大さじ2
ひよこ豆の缶の汁 大さじ1
塩      小さじ1/3
こしょう   少々

●作り方
①ひよこ豆は汁気をきる。玉ねぎはみじん切りにする。ピーマンとハムは、ひよこ豆よりひと回り小さいサイズを目安に切る。
②Aを混ぜあわせた中に、玉葱のみじん切りを加える。残りの材料を全て加え、混ぜ合わせる。

●ひとくちメモ
ひよこ豆は、水煮の缶詰(1缶400g)を使いました。
缶を開けるだけで準備OKなので、とてもラクチン。
味と濃度の調整に、缶の汁を少し使ってみました。

ピーマンの少々と言うのは、実は「ヘタ」に近い部分
(きれいな千切りを作る時に、切り落としたりする部分)
を、切って使ってみました。この程度の量で、彩りになりました!
・・・そして、見栄えのする本体は、別な料理で使う予定。

同じくハムも、塊の端の、スライスで食べるにはイビツな形の部分をほんの少し。
細かく切って使ったので、形は気にならかったです。
少し入るだけで味がぐ~んと良くなるし。

お豆のサラダは、
少し置いて味をなじませても美味しいので、
作り置きも出来ます。
茹でた豆類の活用法として、ぷくは結構色んなお豆で作ってるかも。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)

イサキのハーブ焼き

いさきに塩をして、
ハーブを乗せて、オーブンで焼いただけの
簡単メニューです。

こんな献立で食べたお料理です。


こんな感じに作りました。

いさきのオーブン焼き

お手軽度 ★★
調理時間 40分

P1010155_1

レシピ・作り方
●材料
いさき 1尾(うろことハラワタの処理済のもの)
塩   約小さじ2/3
ハーブ  適量
オリーブ油 約大さじ1
レモン   少々

●作り方
①いさきの全面に塩をし、20分程度おく。水気をよくふきとる。
②イサキの皮に飾り包丁を入れ、全面にオリーブオイルを塗る。腹にハーブを詰める。オーブン皿にのせ、ハーブを散らす。オリーブ油をかける。
③230℃に予熱したオーブンで、約15分焼く。器に盛り、レモンを添える。

●ひとくちメモ
ハーブはフレッシュがなかったので、ドライを使いました。
 
ぷくが使ったドライハーブは夫製のベランダ育ち。
 
家にあった在庫の中から 適当にチョイスして、
ヒソップ、タイム、セージ、オレガノを使いました。

ハーブは何種類か組み合わせると、複雑な風味になるので、
適当に使いましたが、美味しくいただけた気がします。

フレッシュのハーブ(特にフェンネル)があれば、
風味も見た目ももっと良かったとは思いますが。
オーブン皿にお魚を置く時は、
カラリと焼ける様に、網にのせて置きました。
オーブントースター用の網がちょうど良かったので
今回は流用してみました。
イサキの焼き時間、20分くらいかかるかと思っていたら、
意外に早く焼けて
15分で充分でした。
マッシュルームを一緒にオーブンに入れて焼きましたが、
焼き上がり時間は同じくらいでした。
(マッシュルームは写真を撮り忘れ・・)

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

オーブン料理の献立

パエリヤを作るつもりで、ムール貝を売っているお店にお買物に行ったところ、
イサキがとても魅力的な価格だったのに遭遇。

いつもの様に、急に予定変更して
イサキを買っちゃいました。

そして・・
時間がなかったので、
お店でいさきのウロコとハラワタを出すのをお願いして、
それを待っている間に・・

これもとても魅力的なお値段の
「殻つき帆立」が目に付いたので、
それも思わず購入した結果・・・

こんなお夕飯になっちゃいました。

オーブン料理の献立
P1010164_1

イサキのハーブ焼き
帆立のグリル
ブラウンマッシュルームのオーブン焼き
ひよこ豆のサラダ

イサキをハーブ焼きにしたので、
ついでに他のものも加熱もオーブン使っちゃいました。



最初の食卓には並べらなかったけど、
その後、こんなおかずも食べ・・

P1010172_1
帆立のグリル その2
ほうれん草のソテー

パエリアの予定だったのに・・・

これを臨機応変と言うか
優柔不断と言うかは考え方次第ですが。

ぷく家のメニューはいつもこんな風にして決まっていきます・・


この日、飲んだのはこんなワイン。

P1010147_1

JERMAIN
Pinot Grigio

イエルマン
ピノ・グリージョ


イタリアの白


一部の料理については、後ほど~

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

フィリピンセブ島 ボホール島1日ツアーでのランチ

もう既にかなり遠いお話ですが、
フィリピンで食べたものの続き・・・
(一体、何時書き終わるのでしょうか?)

この日は、セブ島のお隣の、「ボホール島
という所に日帰り観光に行きました。

島内でトレッキングするツアーがあったので、
それに申し込みた~い!と、
ガイドの方に言ったけど
どうも避けたいみたいで・・・・

結局スタンダードな内容のツアーにしました。
  
ボホール島は、チョコレートヒルと言われる変わった地形と、
ターシャが有名な場所。
チョコレートヒルはこんな不思議な景色

P1000532
1000以上の小山が沢山並んでいる風景。

ターシャと言われるメガネザルはこんなコ

P1000521
クレムリンっぽい?

船で片道90分かかる場所なので、島内での観光は、かなり急ぎ足でした。
車or船に乗って、殆ど動かず、ちょっと不健康な感じ。
 
そんな中でも
ランチは、時間も量もしっかり盛り沢山でした。

続きを読む "フィリピンセブ島 ボホール島1日ツアーでのランチ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »