« クリスマスには少し早いけど、ローストチキンの献立 | トップページ | 芽キャベツのアンチョビー風味 »

クリスマス★丸鶏★ローストチキンの作り方・レシピ

↑って大仰なタイトルにしたけど、

それ程の内容ではないです。
しかもまだクリスマスではないんだけど。

が、
ぷくは、ここしばらく、丸鳥を扱ってなかったので、
たまにはローストチキンを焼かないと
作り方を忘れてしまう気がするので・・・
焼いてみました~!

鶏一羽のローストチキンって
丸鶏の中の詰め物に凝ると面倒だけど、
こだわらなければ、
実はオーブンに入れるだけなので
意外にハードルが高くない料理だと思います。

ブログには、今までも
ピラフもどきの雑穀米を詰めたこんな色がイマイチのローストチキンとか
金の卵と銀の卵を詰めた?こんな楽チンモードのローストチキンを載せてましたが
(今、改めて記事を見て、こんな風にしてたんだ、と確認。その時々で気分で味付けが変わってるみたいです・・・。金銀卵の時のふっくらきれいに焼けてるのは、しばらく調味料をなじませてたからかも~と今思いました。あと、いつもローストチキンの写真を撮る頃にはワインが回って酔っていることも発見・・)


今回のスタッフィングは、手抜きレシピです。
余ってたパンを詰めただけ。

でも、美味しかった・・・
これからは詰め物はコレでもいいかもgood

皮がパリパリで、身は柔らかく・・・
2人で1羽、完食でした・・
 メタボを目指している訳ではない筈なんだけど

余った分はサラダとかに活用するつもりだったのに・・・
残ったのは骨coldsweats02だけでした。
(あ、でもこの骨は大事に他の料理で使います・・・)

ちなみに、クリスマスツリー風サラダをこちらのページ
に載せてみたので、こっちも見てみて!

作り方とかはきちんとメモしてないけど
こんな感じでした

丸鶏ローストチキンのレシピ・作り方

お手軽度 ★★
調理時間  1時間強

P1000125_1

調理方法
●材料
鶏(一羽丸)  1羽
塩・こしょう   適量
醤油      適量
サラダ油    適量

パン      適量
バター     適量
ローズマリー  少々

↑レシピにならない分量でした・・・適当です・・

●作り方
①鶏は洗い、水気をよくふきとる。表面と腹の中に塩・こしょうをよくすりこむ。15分以上置く
②パンは、鶏の中に入る程度の大きさに切る。バターを塗る。
③鶏の水気をふきとる。②のパンとローズマリーを鶏のお腹に詰める。詰めたら、爪楊枝などで穴をふさぐ。
④鶏の表面に醤油を薄くぬる。サラダ油を塗る。
④200℃に予熱したオーブンで、約40分焼く。

<つけあわせ>
ペコロス(小玉葱) があったので、一緒に焼いてみました。
根元の髭を切って、そのままオーブンに入れて、食べる時皮を取りました。(スルリと取れます)
人参   適当な大きさに切って(1本を6つに)、オーブンに一緒に入れました。
皮は剥かずに入れました(その方が水分が飛ばずに良い感じがするので)
もう少し大きめに切ってても良かったかも。
カリフラワー  ゆでたのがあったので、盛り付けの時に添えてみました
セルフィーユ  ベランダにあったのを夫が刈り取ったので、彩りに添えてみました。


●ひとくちメモ
今回の鶏の大きさは、1キロ程度でした。
ガスオーブンで200℃40分でセットして、
お酒wineを飲んで放ったらかしでしたが、
一応写真の様に焼きあがりました。

焼き上がりは、竹串を刺して、
済んだ肉汁が出てくるのを確認しました~!

バターは、冷蔵庫から出した硬いままで
パンbreadの表面に押し付けるように塗りこみました。
乱暴ですが、手間要らずcoldsweats01でした。

しかも、パンは中途半端な状態で残ってた冷凍品。
解凍してお腹に詰めただけですが、
程よく柔らかく焼け、美味しく食べられました。

ローズマリーをお腹に入れましたが、開けた時、香りがして良かったかも。

ぷく家では、調味料は何もつけなくても食べられちゃいましたが、
物足りなければ、塩・こしょうなどかけるといいのかも。

パンをお腹から出したらこんな感じです・・・
P1000129_1

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« クリスマスには少し早いけど、ローストチキンの献立 | トップページ | 芽キャベツのアンチョビー風味 »

コメント

いろんなスタッフィングにふむふむ。。勉強になります。 焼き加減も素晴らしいですね。 あれ、皮付き玉ねぎ?ってびっくりしたけど、きっと旨みが増しておいしいんでしょうね。

丸鶏よく売ってるけど買ったことありません。 目玉付き魚と同じく怖くてさわれないのです。 情けないですねえ。。 私にできるのはもも骨付きくらいです。

>そういえばオイルフォンデュも揚げ物でしたね。 冬はよくお呼ばれするとごちになります。 あれだと蓋もあるしテーブルでするから。 台所が汚れるのが嫌みたいですよ、主婦にとって揚げ物は。  

投稿: まこ | 2008年12月17日 (水) 04時55分

ぷくさん

鶏のロースト 美味しそう

素敵なレシピ有り難うございます

コメント いただきました
サーモンにディルが合います

さすがですね

投稿: ryuji_s1 | 2008年12月17日 (水) 07時36分

ぷくさん、おはようござぁいまぁすヽ(´▽`)/

パンをガバッといれてみたんですねflair
これは簡単そうで良いですね。
クリスマスイブは歯医者さん。クリスマスはお仕事。ありえませんよねdown
とっても鳥を焼く余裕が無いです。
時間が出来たら、焼くぞ~~っrock

昨日から、芽キャベツが気になっちゃって。
美味しいそうですよね。食べたい・・・heart04
これも、ベランダで栽培出来ますよcoldsweats01

投稿: coro | 2008年12月17日 (水) 09時53分

とてもきれいな焼き色に仕上がってますね~
昔、作ったときには焼きすぎてしまい
なんだかぱさぱさで不評だったので
今年は名誉挽回で挑戦しようかな?
中にパン・・・!
レシピ、いただいていきます。

投稿: あっと(妻) | 2008年12月17日 (水) 21時48分

>まこちゃん
玉葱は、鶏と一緒にオーブンに入れるなら皮付きで焼く方が、水分が飛びすぎず良いかと思って・・

鶏を焼いてる途中で時間を見計らって野菜を加えるっていう面倒な作業をしたくなかっただけなんだけど(笑)・・・

丸鶏とか一尾魚って色々考えると、触れないよね。確かに。食べ物だと割り切っちゃえば扱えるけど。

>なるほど~、オイルフォンデューは、テーブル料理だから良く食べるのね。

日本でも、揚げ物すると台所汚れるからしないって人、増えてるみたいです。

投稿: ぷく | 2008年12月17日 (水) 23時35分

>ryujiさん
丸鶏たまには焼かないと・・と思って・・・

今の時期なら割と入手しやすいですから。
でも、
食べ過ぎてしまうのがタマにキズです・・

投稿: ぷく | 2008年12月17日 (水) 23時36分

>coroさん
芽キャベツもベランダで作れるのですか~!
びっくりです。
実がなっている形が可愛いので、ベランダ栽培、興味あります~!


芽キャベツレシピは↑今日のせてみました。

投稿: ぷく | 2008年12月17日 (水) 23時37分

>あっとさん
中途半端に余ってたバケットを入れてみたけど、意外に良かったです。

お米もパンもイケるのなら、パスタも合うのかな?と、今ふと思いました。
今度、入れてみようかな・・・

投稿: ぷく | 2008年12月17日 (水) 23時41分

料理・レシピの事なら『house cooking』!!料理サイト作りました~是非見に来て下さい☆今成長しているサイトです!!

投稿: 料理レシピさん | 2008年12月24日 (水) 17時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/26234449

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス★丸鶏★ローストチキンの作り方・レシピ:

« クリスマスには少し早いけど、ローストチキンの献立 | トップページ | 芽キャベツのアンチョビー風味 »