« 秋刀魚御飯の献立 | トップページ | 蕪と柿の酢の物 »

秋刀魚の炊き込みご飯の作り方・レシピ

少し前に作った鮎ご飯と基本的には同じ感じで
今回は秋刀魚御飯を作りました~!

こんな感じです

サンマの炊きこみ御飯

お手軽度 ★★
調理時間 30分

Dscn7016_1

作り方・レシピ

●材料
サンマ 1尾
 塩  小さじ1/3
生姜  2かけ分(20g強)
米 2合
水 400ml
酒 大さじ1
うすくち醤油  大さじ1/2
塩        小さじ1/3
(あれば)菊の甘酢漬け 三つ葉 各少々

●作り方
①米はとぎ、分量の水に浸す。
②秋刀魚はエラとハラワタをとりよく洗う。全体に塩をし、15~20分置く。水気を拭き取り、半分に切る。グリルで両面に焼き色がつくくらいに焼く。
③生姜は皮をこそげ、細切りにする。
④米に酒・淡口しょうゆ・生姜を加えて混ぜ、さんまをのせる。炊く。蒸らす。
⑤菊と三つ葉を散らす。サンマの頭、骨、尾を除き、全体によく混ぜ合わせる。

●ひとくちメモ
今回も、雰囲気がいいので土鍋で御飯を炊いてみました。
土鍋での火加減は中火で10分。弱火で12分程度でした。

たけど、炊飯器でも同様に作れま~す!
その場合は、サンマの大きさは炊飯器に入る長さで。

鮎ご飯のアユは生で炊き込んだけど、においの強いサンマは
焼いてから加えました。
あと、風味UPとマスキング効果を目指し、生姜を加えてみました。

好みで、ハラワタつきで炊き込んで、混ぜてもいいかも。

丁度、黄菊の甘酢漬け(ゆでた菊の花を甘酢に漬けて保存しておいたもの)
と三つ葉があったので、最後に彩りに散らして混ぜてみました。

菊の甘酢と一緒に食べると、すし飯っぽく
雰囲気が変わった味になって、良かったかも~!



こんな感じでサンマを入れて、炊きました。
Dscn6998

炊き上がりはこんな感じで~す
Dscn7003_1

で、ほぐしてお茶碗に盛った様子はこんな感じで~す!
Dscn7054_1

さんまから味が出るので、
昆布とか入れなくても大丈夫でした~!

また、今度少しアレンジして作ってみます~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 秋刀魚御飯の献立 | トップページ | 蕪と柿の酢の物 »

コメント

ぷくさん
サンマの炊き込み 美味しそうですね
素敵なレシピです

コメントありがとうございます

ムール貝は雄と雌がいます
雄は薄い色で雌が少し赤い色をしています

でも貝の殻からでは判別できません

投稿: ryuji_s1 | 2008年11月 8日 (土) 09時04分

秋刀魚はよく食べますが、炊きこみ御飯とは
おそれいります。
北海道人としては 是非とも食べなくてはいけないものですね。 


「ふかひれの姿煮込み」 大好物なんですよ。
あ~~ ・・・

 

投稿: <あっと・夫> | 2008年11月 8日 (土) 22時36分

ryujiさん
コメントありがとうございます。

ムール貝は雄雌なんですね!
諸説あって、どれが正しいのかって思ってたのです。
ご教示ありがとうございます

投稿: ぷく | 2008年11月 8日 (土) 22時58分

>あっとさん
塩焼きに飽きたら、試してみて下さい。

フカヒレ、写真では味が伝わらないのが残念です・・

投稿: ぷく | 2008年11月 8日 (土) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/25098179

この記事へのトラックバック一覧です: 秋刀魚の炊き込みご飯の作り方・レシピ:

« 秋刀魚御飯の献立 | トップページ | 蕪と柿の酢の物 »