« えのき入り秋刀魚バーグ | トップページ | ピオ・チェーザレ ワイン賞味会@目白 ラ・ヴィネリア »

栗の渋皮煮の作り方・レシピ

香ちゃんから沢山いただいた栗、
栗ごはんにしていただいた残りは、
鬼皮だけを剥いて、「渋皮煮」にしました。

渋皮煮は何となく、毎年作ってます。
去年の記事を見たところ、
去年は渋皮煮用に皮を剥いて、弾いたものを栗ごはんにしてたみたい。


今年は山栗を使ってこんな感じに作りました。

栗の渋皮煮

お手軽度 ★★★
調理時間 ぷくは数日かけて作りました・・

Dscn6814



おおまかですが、レシピ・作り方・・・

●材料
栗   500g(鬼皮をむいた重さ)  
重曹 小さじ1
砂糖 300g 

●作り方
①栗は鬼皮をむく
②鍋に水・栗・重曹を入れて火にかける。煮立ったら、そのまま冷ます。
③栗を水にとり、手でこすって渋皮をきれいにする。2~3回ゆでこぼす。
④栗がかぶるくらいの水と砂糖100gを入れて火にかける。煮立ったら、2~3分煮て、フタをして火を止め、そのまま冷ます。
⑤同様に、100gずつ加えていく。
⑥フタをとり、弱火で煮立て、汁気が少なくなるまで煮る。

●ひとくちメモ
ぷくは、渋皮煮を一連の作業で続けて同じ日に作る時間がないので、
何日かかけて、①~⑥の作業を1つずつしたので、こんな作り方にしました。

お砂糖の量は、渋皮だけの状態にした重さを計って決めました。

作り方②では水1.5リットルに対し、重曹小さじ1使いました。

渋皮の状態にして虫食い部分を除いたものとか、
渋皮がキズついて渋皮煮に使えなかったものは
栗きんとん(って程でもないか・・・)に加工しました。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« えのき入り秋刀魚バーグ | トップページ | ピオ・チェーザレ ワイン賞味会@目白 ラ・ヴィネリア »

コメント

「栗の渋皮煮」 
興味あります。 食べて見たいな~ 美味しそうbleah

北海道では 多分食べること出来ないかも。

日本酒ですか・ いいですね~。

今日はビールでした(゚▽゚*) 

投稿: あっと | 2008年10月18日 (土) 23時24分

>あっとさん
え?
北海道では、生栗ってメジャーな食材ではないのですね~・・
知らなかったです。

投稿: ぷく | 2008年10月19日 (日) 09時39分

はじめまして(^-^)
栗の季節ですね。
参考にさせたいただきます。

投稿: ミライ | 2008年10月19日 (日) 14時45分

>ミライさん
コメントありがとうございます!
また遊びに来てくださいね~!

投稿: ぷく | 2008年10月19日 (日) 23時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/24592908

この記事へのトラックバック一覧です: 栗の渋皮煮の作り方・レシピ:

« えのき入り秋刀魚バーグ | トップページ | ピオ・チェーザレ ワイン賞味会@目白 ラ・ヴィネリア »