« 秋刀魚のフライパンソテーの献立 | トップページ | さつま芋ご飯 雑穀御飯編 »

秋刀魚のフライパンソテー かぼす風味 ほどからなんばん添え

いただいた「かぼす」と「さんま」の組合せ料理、

グリルで焼くのは、後の掃除が気が重いので
手軽なフライパン調理にしました。

こんな献立でいただいた時の主菜です。

秋刀魚のソテー

お手軽度 ★★
調理時間 約 20分

Dscn6545


レシピ・作り方(1尾分)
●材料
秋刀魚 1尾
茄子  1本
ほどからなんばん  3本
サラダ油  大さじ1/2
<A>
かぼすの果汁 1/2個分
しょうゆ   大さじ1

●作り方
① サンマは、頭とハラワタ、尾を取り、半分に切る。ナスは縦に薄切りにする。「ほどからなんばん」は、切り込みを入れる。
②フライパンに油を熱し、茄子とほどからなんばんを焼く、焼けたら取り出す。
③さんまを加え、両面を焼く。焼きあがったら、Aを加えて火を止める。

●ひとくちメモ
さんまには何も下味をつけずに焼いて、最後にかぼすと醤油で味付けしました。新鮮だったから美味しかったです。

かぼすの果汁、1/2個分で大さじ1ありました。
つまり、果汁と醤油を同量であわせて味付けに使いました。
茄子もコレで味付けして食べたけど、美味しかったです。
かぼすの代わりにすだちやレモンの汁でも美味しいと思いますし、普通のお酢でもイケルと思います!

かぼす果汁を加える前に、魚の脂で臭みが出るのと油っこくなるのが気になったので、フライパンの油をふきとってから、入れてみました。

フライパンで作る秋刀魚料理、作業が凄く楽チン!でした。
塩焼きを作る時の“塩をして暫く置く”という手間が無かったのも更に手軽でした。

さんまは買い置きで1尾しかなかったので、レシピは1尾分。
本当は1人1匹食べられる料理にしたかったです。。。

●「ほどからなんばん」のこと
今回は「ほどからなんばん」というお野菜を見かけたので使ってみました。
ほどからなんばんとは、青唐辛子の一種なのでしょうが、
辛さが本当に「程辛」なのか、食べてみるまでドキドキものでした。
ホントニ「ほどから」と言うお味で、安心しました。
しし唐の様に、中には少し辛味が強い「当たり」もありましたが。
今回はしし唐みたいな感じで、料理に使えばいいんだろ~な~
と思ったので、今回の料理の添えものに使ってみました。
山形県東根市が原産って書いてありました。

★美味しさと値段、栄養、あらゆる面で秋刀魚はとても魅力的なので、
ぷく家ではしばらく秋刀魚料理を食べ続けるつもりです。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 秋刀魚のフライパンソテーの献立 | トップページ | さつま芋ご飯 雑穀御飯編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/24128617

この記事へのトラックバック一覧です: 秋刀魚のフライパンソテー かぼす風味 ほどからなんばん添え:

« 秋刀魚のフライパンソテーの献立 | トップページ | さつま芋ご飯 雑穀御飯編 »