« 鮎ごはんの作り方・レシピ | トップページ | カレー風味ポトフ フランクフルトソーセージ入り »

青瓜の浅漬け

鮎に続き(こんな感じで食べました)
コレも”名残の食材”って感じですが、青瓜が売られていたので、
今年は瓜をまだ食べてなかったな~、と購入しました。

冬瓜も白ウリも今年はまだぷく家の食卓に並んでいませんが、
(食べずに夏が終わるかも~、あ、でも外食では食べてたかな?)
一番出回りが少ない気がする青瓜を、今回は購入しました。

・・と、言ってもぷくは白瓜と青瓜の違い・・・
と言う詳しいことはよく知りませんが。
白うりの方が実が少し硬くって青うりの方が柔らかめと
実際食べてそう感じてはいますが、だからと言って、
食べ方を変えている訳ではないし・・・
地域によって呼び名が違うかも知れないし・・

で、今回はこんな感じの浅漬けにして食べました。
白ウリでも同じようにして食べられると思います。

青うりの浅漬け

Dscn6321

お手軽度 ★
調理時間 30分

レシピ・作り方

●材料
青ウリ  1本
塩   小さじ1
だし  大さじ3
うすくちしょうゆ 大さじ1弱
みょうが 1個

●作り方
①青瓜は、皮をまだらに剥く。縦半分に切り、種を除く。1cm程度の厚みに切る
②塩を加えてよくなじませ、重しをして、約20分置く。水分をよく絞る。
③だし、しょうゆに浸してしばらく置き、味をなじませる。細切りにしたみょうがと和える。

●ひとくちメモ
塩をするときに味の素を多めに入れちゃえば、
だしやお醤油加えなくても水気を絞るだけで美味しく食べられると思うのですが、
ぷく家にはアジノモトがないので、おだしで旨み付けをしました。

或いは昆布茶を馴染ませて、味付けするだけでもいいと思います!
昆布茶はお家にあるかも知れない!ちょっと探してみよう、とコレを書きながら思いました・・・

何か風味素材を入れようかな、手近にあった茗荷を入れてみましたが、
昆布の佃煮とかがあれば、そっちを使いたかったです。ホントは・・・

今回ぷくが使った青瓜はこんなの

Dscn6315

1本の重さが350gで、種をとったりした後の重さは250gになりました。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 鮎ごはんの作り方・レシピ | トップページ | カレー風味ポトフ フランクフルトソーセージ入り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/23354876

この記事へのトラックバック一覧です: 青瓜の浅漬け:

« 鮎ごはんの作り方・レシピ | トップページ | カレー風味ポトフ フランクフルトソーセージ入り »