« お刺身サラダ | トップページ | 超節約献立のお夕飯 »

わらびのあく抜きの方法・仕方

先日、親戚会合があった時に長野の叔母が採れ立てワラビをお土産に持って来てくれました~。

蕨のアク抜き、どうしよう~と思っていたら、ご丁寧に「灰」まで添付してくれてました。


新鮮なうちに、と早速わらびのアク抜きをしたので、その方法を一応のせておきま~す。

①生のわらび!なかなか入手できないので、うれしい!

Dscn5066
②親切に灰をつけてくれている!
Dscn5069

③わらびが浸かる大きさのお鍋に湯を沸かし、沸騰したら灰を入れて、蕨を漬ける。ふたをして一晩置く。
昔から言われる方法は、わらびに灰をかけて、熱湯を注ぐ順番だけど、ぷくはちょっと順序を逆に。でも、何も問題なかった気がします。
漬けた時の写真も撮っておけばよかったけど、忘れちゃいました。

④一晩置いた後はこんな状態でした。

Dscn5072

⑤あとは、よく洗い流し、水にさらしたあと、容器に入れて冷蔵庫で保管しました。

Dscn5074

灰でアク抜きをすると、あく抜きを「灰汁抜き」と書くのが実感として分かる気がします。
蕨の灰汁抜きは重曹でもできるけど、重曹だと柔らかくなりすぎたりする心配があるので、灰を使う方が楽な気がします。でも、灰の入手が手軽でないよね、今の時代は・・・

生を下処理したものはよく売ってる「水煮パック」とは全然風味が違ってやっぱり美味しかったです。
夫はわらび粉で作ったわらび餅と同じ風味をほのかに感じると言ってました。
私は感じなかったけど。鈍いのかな?

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« お刺身サラダ | トップページ | 超節約献立のお夕飯 »

コメント

すごくお勉強になりました~!!
私ってこう言った分野が苦手なのです(汗)
だってつい最近まで・・・
竹の子の灰汁抜きは、ぬかと唐辛子で
やるって知らなくて塩で一生懸命
やってましたもの(汗笑)
原料から仕上げるのって苦手なのですよcrying

投稿: rai-xx | 2008年6月 2日 (月) 23時23分

え~raiさんの様にマメにお料理してる人が筍を塩でとはちょっとびっくり。

でも、教えてもらわないと知らないコトって沢山あるもんね。


投稿: ぷく | 2008年6月 3日 (火) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/21309508

この記事へのトラックバック一覧です: わらびのあく抜きの方法・仕方:

« お刺身サラダ | トップページ | 超節約献立のお夕飯 »