« チキンのグリル ローズマリー風味 | トップページ | 筍の食卓 その2 »

トピナンブールのボイル

フランス展でお買い物した、トピナンプール

はじめて名前をきく食材なので、とりあえず入手。

Dscn4822

お芋ということで、丸ゆでにしてみました。
お夕飯の献立写真の時にはまだ出来てなったので、
一緒の写真は撮れませんでした。

Dscn4847

皮をむきながら、塩・こしょうして食べました。
確かにお芋でした。

その時は頭が回らず、茹でてみたのですが、
後で調べたら、菊芋の一種みたいです・・

そう言えば、家に岐阜で買ってきた、「菊芋の味噌漬け」の買い置きがあったことを思い出しました~。

また出会う時があったとしたら、今度はもう少しきちんとした料理で食べようと思いました。

あと、トピナンブールは皮をむいて料理をした方がいいかも。
特にスープにする場合はきれいにむいて使った方がいいのでは?
と、言うのは、皮ごとゆでたら、茹で汁がこんな色になっていたから。

Dscn4851
ある意味、きれいな色ですが・・・

pHのせいかと思って、ゆで汁にお酢を加えてみましたが、色見は少し薄くなったものの、透明にはなりませんでした・・・

それとも、こんな色になったのはぷくだけなのかな・・・??

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« チキンのグリル ローズマリー風味 | トップページ | 筍の食卓 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/20953808

この記事へのトラックバック一覧です: トピナンブールのボイル:

« チキンのグリル ローズマリー風味 | トップページ | 筍の食卓 その2 »