« 春の食材とたけのこ御飯の献立 | トップページ | のびるの酢味噌がけ »

たけのこご飯の作り方・レシピ

竹の子ご飯を作りました~
たけのこは「筍」と書くだけあって、
旬にゆでたものを使うと味が格別だわ~と実感。

ちょっと手間をかけて、わざわざ茹でた甲斐はありました。
パック入りの茹でたけのことは、味が違いました!

こんな献立で食べました。

お手軽度 ★★
調理時間 60分以上

Dscn4518_3

レシピ・作り方

●材料
米        2合
ゆでたけのこ 120g
鶏もも肉    50g
 酒      小さじ1
油揚げ   1/2枚
だし     約400ml
うすくちしょうゆ 大さじ1.5
酒        大さじ1
みりん      大さじ1/2
塩        小さじ1/4
(あれば)木の芽 少々

●作り方
①竹の子は食べやすい大きさに切る。
②鶏肉は1cm角程度に切り、酒をまぶす。
③油揚げは2~3cm長さの細切りにする。
④米をとぐ。だしと調味料を加え、炊飯器で水位をあわせる。
⑤竹の子、鶏、油揚げを加え、混ぜる。炊く。
⑥茶碗に盛り、あれば木の芽を添える。

●ひとくちメモ
たけのこ御飯は、筍を下煮して、味を含ませてから作る方法もあります。

でも、ぷくはそんな面倒なことはできませんでした。
しかし、ゆで筍だけをそのまま炊飯器に入れて炊くのは、
物足りない味になるのも経験済み~。

なので、今回は味とコクの出る鶏肉と油揚げと一緒に炊き込んでみました~。

食べ応えのコクと、竹の子の存在感も感じられるご飯に炊けた気がするので、良かったで~す!

「たけのこ」だけの「筍ご飯」は物足りないと思っている方は是非一度試してみて下さい。

●たけのこの茹で方
皮つきの竹の子の茹で方について書くのを忘れてました。

穂先を斜めに切り落として、縦に少し切り込みを入れ
ぬかを加えた水で竹串が通るまでゆで、そのまま冷ます と言う方法がよく聞く王道です。

米ぬかは、サービスでくれたり、販売していたり、
同じお店でも扱いが年によって違う気がします。
ぷく家の近所は今年はサービスが多いです。)
ぷくは、いつも行ってるお米屋さんで、竹の子の季節はぬかを分けてもらってきてますので、今回もそれを使って茹でました。

でも、筍をゆでる際、ぬかを使っても使わなくてもアクのとれ方に大差ないというレポートもありますし、フレンチのシェフとかに伺うと、ぬかは使わずに水でゆでるとおっしゃっていたりするし、ぷくも水だけで茹でたことがありますが、味が違う!と思わなかったので、筍は水ゆでても大丈夫だと思いま~す!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 春の食材とたけのこ御飯の献立 | トップページ | のびるの酢味噌がけ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/20150064

この記事へのトラックバック一覧です: たけのこご飯の作り方・レシピ:

« 春の食材とたけのこ御飯の献立 | トップページ | のびるの酢味噌がけ »