« うどの皮のきんぴら | トップページ | 青豆ごはんとアイナメの献立 »

桜が開花したので、桜マドレーヌ!

東京の桜も開花宣言!
タイムリーにぷくも桜のマドレーヌを作りました~。

ぷくなりに、色々試して試行錯誤した末のレシピですが、
この際大公開しちゃいま~す。

出会いと別れの季節の春。
誰かに差し上げてもいいかも。
日持ちもある程度するしね!

ぷくも、この間お別れした人に差し上げる為に焼いてみたの。
ゆっくりお話する機会もなかったけれど、
お互いに桜色の季節が訪れることをお祈りして。

お手軽度 ★★
→お菓子にしては手間が少ない方です!

Dscn4332_3

レシピ・作り方(約18個分)

●材料
アーモンドプードル 50g
薄力粉 80g
バター 130g
砂糖  130g
卵   2個
桜の葉の塩漬け 6枚
桜の花の塩漬け 18個(約20g)

●準備
マドレーヌの型に溶かしバターを薄く塗り、小麦粉をふる。余分な粉をはらう。
砂糖、アーモンドプードル、薄力粉はふるいにかける。
バターは湯せんにかけて溶かす
桜の葉と花はそれぞれ別々に水に漬けて、塩抜きをする。
桜の葉は細かく刻む。
桜の花は水から出し、飾り易いように並べておく。

●作り方
①ボールに砂糖、アーモンドプードル、薄力粉を入れて混ぜる。
②卵をほぐして加え、練り混ぜる
③溶かしバターと桜の葉を加え、混ぜる。
④30分~1時間、生地を寝かせる。
⑤型に入れる。160℃に予熱したオーブンで約18分焼く。
途中、7~8分経過して膨らんできた頃に、一度取り出し、桜の花をのせ、再び焼く。

●ひとくちメモ
桜の葉を加えているので、ほんのり塩味がついて、桜餅っぽい香りがする仕上がりです。
桜の葉の塩が抜けていないと塩味がききすぎるので、しっかり抜いて下さい。
真ん中の軸の部分は塩分が濃いから、ぷくは除いて使いました。

桜の花は最初からのせていると色が良くなかったので、途中で飾りました。

焼き温度・時間は状況によっても違ってくるので、適宜調整して下さい。
ちなみに、ぷく家のオーブンはガスオーブンです。

●桜の香りのこと
桜餅などでおなじみの桜の香りですが、これは生の状態ではなく、
塩漬けにすることにより発生する香りなのです。
この香りの物質の名前はクマリン。
何となく愛嬌のある響き、ぷくは密かに気に入っています。

桜の花ではなく、葉の部分に特に多く存在します。

ちなみに、塩漬けにする葉の種類は、おなじみの染井吉野ではなく

「大島桜」が使われていま~す。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« うどの皮のきんぴら | トップページ | 青豆ごはんとアイナメの献立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/11665839

この記事へのトラックバック一覧です: 桜が開花したので、桜マドレーヌ!:

« うどの皮のきんぴら | トップページ | 青豆ごはんとアイナメの献立 »