« ヤリイカとクレソンのサラダ | トップページ | ビーフシチューとベッカーフジワラのパンの献立 »

カリフラワーと芽キャベツのロースト~いとこ焼き?

こっちもどうってことない料理です。
ローストチキンを作る時、一緒にオーブンで焼いて一品としただけです。
こんな食卓でした。

この食材のこんな調理方法、ぷくは初めて作ったのですが、カリフラワーも芽キャベツもそのまま焼くだけで美味しくなりました。

お手軽度 ★
調理時間
 40~50分

Dscn3547
↑これを焼いたら

↓こんな感じに
Dscn3559

一応、写真のせました。あんまり食欲をそそられないビジュアル。。。

●材料
カリフラワー 小1個
芽キャベツ  10個
塩・コショウ 少々
白ワイン   大さじ1
ピザ用チーズ 適宜 
(お好みで) オリーブ油 適宜

●作り方
①カリフラワーは小房に分ける。芽きゃべつは、底に十字の切り込みを入れる。
②耐熱用にカリフラワーと芽キャベツを入れる。塩・コショウ少々をふり、白ワインをかける。蓋をする。
③ローストチキンと一緒にオーブンに入れて焼く。(200度 40分程度)
④焼き上がり5分ほど前に一度オーブンから出す。蓋をとり、チーズを散らす。
⑤チーズが溶けるまで焼く。
⑥好みで、塩・こしょう・オリーブ油などで食べる。

●ひとくちメモ
今回のカリフラワーは、丸ごとの重さが350gでした。カリフラワーは大きな葉と茎を除くと食べられる部分がだいたい半分くらいの重さになります。

芽キャベツの切り込みは火が通りやすい様に結構深めに入れました。

今回はチキンと一緒にそのまま焼いたのですが、このメニューだけを料理作るのは火力が勿体ないと思います。
野菜だけの時は、軽くレンジでチンしてから焼くといいと思います。

また、チキンと一緒に入れるので、「焼けすぎ」が心配でフタをしてゆっくり火が通る蒸し焼き状態になるようにしました。蓋をせずに焼く場合は、焦げない様に焼き時間に注意した方がいいかも・・

カリフラワーも芽キャベツも、同じ「アブラナ科」のお野菜です。なので、いとこ焼き?って言ってもいいのかな~?意識して組み合わせた訳ではないのですが(タマタマあっただけ)
ちなみにアブラナ科の野菜は、アメリカで癌の予防に役立つ野菜を調べて重要度を示した「デザイナーフーズ・ピラミッド」の中で積極的に摂りたいとされている食品で~す。
この料理で今日の癌予防対策は完璧??

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« ヤリイカとクレソンのサラダ | トップページ | ビーフシチューとベッカーフジワラのパンの献立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/10163732

この記事へのトラックバック一覧です: カリフラワーと芽キャベツのロースト~いとこ焼き?:

« ヤリイカとクレソンのサラダ | トップページ | ビーフシチューとベッカーフジワラのパンの献立 »