« 1月15日と1月18日の食事 小豆粥 | トップページ | ほうれん草のポタージュスープのレシピ・作り方 »

蕪のファルシー

要するに「蕪の肉詰めのスープ煮」なのですが、
タイトルはちょっとお洒落にしてみました。
料理でファルシーとは詰め物をしたもののこと(フランス語)。
英語ではスタッフド~と言うけど、
何となくファルシーを使いたい気分でした。

柔らかな優しい味の煮物です。
夫もそろそろこれくらいの料理なら
難なく食べられるようになりました。

お手軽度 ★★
調理時間
 30分程度

Dscn3425_3

かぶのファルシーの作り方・レシピ(2人分)

●材料
かぷ 小6個
ひき肉 50g
長葱 少々(10g)
人参  適宜
片栗粉 少々
塩   少々
こしょう 少々
スープの素 1/2本(顆粒)

●作り方
①かぶは葉を切り、皮をむく。中身をくり抜く。
②くり抜いたかぶの中身はみじん切りにし、塩少々をふる。しんなりしたら水気を絞る。
②人参は1cm程度の厚さに切る。葱はみじん切りにする。
③かぶの葉はきれいな部分を少し飾り用に適当な大きさに切る。
④挽肉にかぶ・長ネギと塩、こしょう各少々を加え、粘りが出るまで混ぜる。
⑤蕪の実の穴にかたくり粉をふる。肉を詰める。
⑥鍋に水200mlと人参を入れ火にかける
沸騰したら蕪を入れる。水の量は蕪が全体に浸るくらいする。(足りなければ足す。)
スープの素を加え、蓋をして約15分、人参と肉に充分火が通るまで煮る。
⑦塩・こしょう少々で調味し、蕪の葉をくわえてひと煮立ちさせる。

●ひとくちメモ
今回の蕪、ちょっと小さめで1個の実の大きさは50g程度でした。蕪のくり抜きは、ギザギザのスプーンでしました。
さっとゆでたりレンジにかけて柔らかくしてからくり抜いてもいいけど柔らかそうな蕪だったので、煮崩れが心配で生のままくり抜きました~。

くり抜いた蕪の重さは50g強でした。塩をして水気を絞って肉に入れましたが、ぷくは絞った水にも旨みが含まれていて、捨てるのは惜しい気がして煮汁に加えちゃいました。(恥ずかしいくらいセコイお話でスミマセン・・・)

挽肉の種類は何でも良いと思いますが、今回のぷくはお家にあった豚挽肉を使っています。

ほんの少しのお肉で結構見た目にボリュームがある料理になったので、ダイエットの時などにもいいかも~。割と食べ応えもあったし。

煮汁にワインを加えたり、ベーコンやハムで味を出してもきっと美味しいと思います。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 1月15日と1月18日の食事 小豆粥 | トップページ | ほうれん草のポタージュスープのレシピ・作り方 »

コメント

初めまして!
「ファルシー」を検索して辿り着いたんですが、あんまりおいしそうで作らせていただきました。
主人にも大好評でした♪作った画像もUPしたのですが、ぷくさんの画像の方がやっぱりおいしそう@
トラックバックいただいていきます。他にも参考にさせていただきますね!

投稿: kiara285 | 2008年1月30日 (水) 22時27分

何度もすみません@
大変恐縮ですが、当方のブログでも勝手ながらこちらを紹介させていただきました。
もし不都合等ございましたらお手数ではありますがご連絡くださいませ。
よろしくお願いいたします。

投稿: kiara285 | 2008年1月30日 (水) 22時34分

Kirara285様
わ~!ありがとうございます。
ぷくのブログを紹介していただけるなんて、感激です!
紹介していただいたからには・・と文章を読み直したら、誤字を幾つか発見!
(訂正しておきました。きっと他のページにもいっぱいあるんだろーなー)
変な表現や文字は素人のブログ故、お許し下さい・・

投稿: ぷく | 2008年1月30日 (水) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/9922713

この記事へのトラックバック一覧です: 蕪のファルシー:

» 蕪のファルシー♪ [有為の奥山、今日越えて。]
2日前に生ハムのファルシーを作ったのですが、「ファルシー」を検索して辿り着いたのが「ぷくの簡単料理レシピブログ」さん(http://pukucyacya.cocolog-nifty.com/recipe/)。 とってもおいしそうだったんです@ ◇蕪のファルシー ◇牛スジの煮込み ◇カニクリームコロッケ ◇白菜のおひたし ご覧の通り、スープ状態です。 ぷくさんの画像はとても洗練されててホントに「フランス料理」って感じなんだけどなー。 でもレシピどおりに作ったので、味は確..... [続きを読む]

受信: 2008年1月30日 (水) 22時39分

« 1月15日と1月18日の食事 小豆粥 | トップページ | ほうれん草のポタージュスープのレシピ・作り方 »