« 鶏手羽先と野菜の蒸し煮 | トップページ | ぶり大根の献立 »

ゆでタアサイ(塌菜)の香味醤油添え

今が旬のタアサイはこんな簡単料理で食べました。
茹でるだけなので簡単!結構な量を食べられます。

お手軽度 ★
調理時間
 10分

Dscn3452_1_2

レシピ・作り方(2人分)

●材料
タアサイ 250g

<香味醤油>
にんにく 一片
しょうが 1かけ
ごま油  大さじ1
醤油   大さじ1/2

●作り方
①タアサイは1枚ずつはがす。サラダ油と塩を加えた湯でやわらかくなるまでゆでる。
②香味しょうゆを作る。にんにく、しょうがはみじん切りにする。ごま油に入れ弱火にかける。香りが出たら火を消し、しょうゆを加える。
③タアサイを器に盛る。熱い香味しょうゆをかける。

●ひとくちメモ
タアサイをゆでた湯は、水1リットル程度に油と塩を各小さじ1程度入れました。ゆで湯に塩と油を入れると、つやよく茹で上がります。(中華料理で使う手法)

タアサイは根元が硬いので、ゆでる時は根元を先に湯に入れて時間差をつけてゆでるといいかも。
器にとる時は、ゆで湯がついたままざっくりと、熱い状態で盛り付けて大丈夫です。
味が薄ければ、しょうゆを足して食べて下さい。

●タアサイのこと
タアサイとは言うものの、ターサイやタァーサイと書いて売っているお店もあります。
一応、食品成分表に載っている正式名称?はタアサイです。
ぷくが買ったお店は「タァーサイ」でした。漢字では塌菜と書く、中国野菜です。
塌は中国の漢字だからネットでは文字化けすることもありますが、「倒れる」という意味があって、潰れた様に広がる葉の様子からついた名前だとか。

栄養価面ではもちろんカロテンが豊富な緑黄色野菜。カルシウムも多く含まれています。
キサラギナ(如月菜)とも言って、如月=2月頃に旬になる冬野菜です。霜にあたると美味しくなるといわれています。
また、冬場は地をはうような葉が広がった形に大きく育ちます。ぷくが買ったものは1株で650gくらいもありました。(しかも100円!お値打ち価格!)
日本では静岡県の生産量が6割以上を占めています。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 鶏手羽先と野菜の蒸し煮 | トップページ | ぶり大根の献立 »

コメント

こんにちは。ブログ「Stay natural, stay simple.」を運営しているNoripeです。
この度当ブログで、タアサイのレシピを参考にさせていただきました。
リンクもさせていただきましたので、ご確認いただければと思います。

http://blogna56.seesaa.net/article/111374737.html

どうぞよろしくお願いします。

投稿: Noripe | 2008年12月17日 (水) 22時43分

>Noripeさん
コメントありがとうございます!

レシピを参考にして下さって、とても嬉しいです。

もうそろそろタアサイが出回って来る時期ですもんね・・・

今後ともよろしくお願いいたします

投稿: ぷく | 2008年12月17日 (水) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/10038749

この記事へのトラックバック一覧です: ゆでタアサイ(塌菜)の香味醤油添え:

« 鶏手羽先と野菜の蒸し煮 | トップページ | ぶり大根の献立 »