« 鶏がゆ ~ 中華粥の作り方 レシピ | トップページ | 1月11日は鏡開き »

ホウレン草と鮭のグラタンの作り方・レシピ 

Photo_2 
夫はまだ普通の食事はできないけど、柔らかいものなら食べられます。

今日は少し油のある料理が食べた~い!
と言うことで
トローリと味わうグラタンに。

毎日お粥など精進料理っぽいものだから油が恋しくなるのは当然かもね。

Dscn3346 下仁田ねぎと寒じめほうれんそうを使った
冬野菜のグラタンにしてみました。

たんぱく質系の素材は
食感の柔らかさと彩りで生鮭に決定!


お手軽度 ★★
調理時間
 50分

レシピ・作り方(2皿分)

●材料
<ホワイトソース>・・・適量
400ml程度の分量が目安かな。
塩味がなければ軽く塩・こしょうして使う方がいいかも

<グラタンの中身>
下仁田葱  1本
マカロニ  50g
ほうれん草 100g
生鮭    100g
白ワイン  大さじ3
塩・こしょう 少々
ピザ用チーズ 50g

●作り方
<中身の準備>
①鮭は2~3つに切り、塩・こしょう、白ワイン大さじ1をまぶす。
②下仁田ネギは3~4cm長さに切り、縦半分に切る。
 鍋に入れ、水50mlと白ワイン大さじ2を加え
 蓋をして蒸し煮にする。10分経ったら鮭を加え、
  水けが殆どなくなるまで一緒に火を通す。
③マカロニはパッケージの表示通りにゆでて、ざるにあげ、水けをきる。
④ほうれん草をゆでる。(マカロニの湯を続けて使うといいよ~)。
 水につけて水気を絞り、3cm程度に切る。
⑤あら熱がとれた鮭は皮と骨を除き、おおまかにほぐす。

<仕上げ>
①ホワイトソースは半分程度とりわけておく。
②残りのホワイトソースにマカロニ、下仁田ねぎを加えて混ぜる。グラタン皿に入れる。
③鮭とほうれんそうをのせ、取っておいたホワイトソースをかける。チーズをのせる。
④200℃に予熱したオーブンで約15分美味しそうな焦げ目がつくまで焼く。

●ひとくちメモ
今回は旬の冬野菜を使おうと、下仁田葱を使ってみました。
もちろん、玉葱でも作れま~す。
玉葱を使う場合は、1/2個(100g)程度が目安です。

下仁田ネギは炒めて使うのが普通の作り方かも知れないけど、
少しでも油を控えるため、
油なしで蒸し煮にして火を通しました。鮭を途中で入れたのも同じ理由です。
これで10g程度の油は減らせたかと・・

ほうれん草も今が旬の寒じめほうれん草(ちぢみほうれん草)を
使いました。

マカロニはお湯1リットル+塩小さじ1の塩湯で茹でました。

久しぶりのまとも系な食事なのでホワイトソースも手作りしたのですが、
レシピを書いていたらとても長~くなっちゃいました。

別の項目にしたので、ホワイトソースを手作りする場合は
そっちも見てみてね。

ホワイトソースは具と混ぜあわせる時、
少し温かい状態が理想です。
(温かくないと柔らかくないので)

また、缶詰のホワイトソースは
しっかり固めに仕上がっている場合もあります。
缶詰のホワイトソースが硬くて使い難いな~と思う時は
牛乳を加えて温めると、柔らかく扱い易い状態になります。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

|

« 鶏がゆ ~ 中華粥の作り方 レシピ | トップページ | 1月11日は鏡開き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/9784988

この記事へのトラックバック一覧です: ホウレン草と鮭のグラタンの作り方・レシピ :

« 鶏がゆ ~ 中華粥の作り方 レシピ | トップページ | 1月11日は鏡開き »