« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

ヤリイカとクレソンのサラダ

今が旬のやりイカ、サラダにしました~。どうってことない料理だけど。

ローストチキンの食卓のサラダです。

ヤリ烏賊は、サラダにするなら生で使うより、軽く加熱した柔らかさがぷくは好きなので、さっと火を通して使いました。
あとは、オリーブオイルをかけて食べるだけ・・・。

お手軽度 ★★ 
調理時間 15分

Dscn3549_1

レシピ・作り方(2人分)


●材料
やりいか 小3ばい
クレソン 1束
ミニトマト 5粒
塩・こしょう・オリーブオイル 適宜
(お好みで)  酢(ビネガー)  適宜

●作り方
①やり烏賊は、足を抜き、ワタと軟骨を除く。
②胴の皮をむき、食べやすい大きさの輪切りにする。足はワタを切り、くちばしを除く。
さっとゆでる。
③クレソンは食べやすい大きさに切る。トマトは半分に切る。
④クレソン、トマト、イカを器に盛る。
⑤塩・こしょう・オリーブ油をかけて食べる。好みで酢をかける。

●ひとくちメモ
適当な料理なので重さはあんまりこだわらなくていいと思いますが、今回のやりいかの重量は3ばいで200gでした。クレソンは1束50gでした。

ぷくはいかの白い色を生かしたかったので、やりいかの皮をむきましたが、面倒ならつけたままでもいいかも。

今回は生食用のイカを使ったので、ホントにホントに、さっとゆでました。
火からおろした熱~いお湯にイカを入れて色が変わったら、すぐに氷水にとって、火を通しすぎない様にしました。こうすると、と~っても柔らかい食感になるよ!(槍烏賊ならではの柔らかさだと思います。)
イカが生食用じゃない時は、少し茹でた方が安心かも・・・

クレソンは肉料理のつけあわせによく使うイメージだけど、サラダにしてたっぷり食べても美味しいです。太い茎は縦半分に切るといいかも。

クレソンの硬めの太い根元、ぷくは水に挿しています。。。しばらくすると、1回軽い添えに使える位に育つので・・・ そのうち、ブログに載せられるかも!


にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスでなくても、丸鶏ローストチキンの作り方・レシピ。今回は金銀卵?入り!

思わず買ってしまった丸鶏。

何の計画もなかったので、今回の詰め物(スタッフィング)はライスを作る時間がなく、簡単にできるものにしたよ~。
うずら卵を「銀の卵」、お正月の栗きんとん用の残りの栗の甘露煮を「金の卵」に見立ててコロコロとお腹に詰めてみました。卵に見えるかな~??

塩の分量も少し大目にして、短時間で味を染みこませました。
結構しっかり味がついてましたよ~。

付け合せは簡単にルッコラを添えただけにしました

この間作ったローストチキンとは少し中身と調味料を替えてま~す。
今回はお醤油で味をつけたから、こんがりとした焼き色がついたかも!
ローストチキンのレシピと作り方は前回の作り方とレシピも参考にしてみてね。

お手軽度 ★★ ← 詰め物が簡単なので、案外に楽に作れます。
調理時間 1時間半程度

Dscn3556_1

Dscn3566_1_2

↑モモをはずしつつ、お腹を開けてみました。
 金の玉子と銀の玉子に見える??


レシピ・作り方(丸鶏一羽分)

●材料
丸鶏 一羽(1.2キロくらいでした)
塩  大さじ1

にんにく 1片(すりおろし)
しょうゆ・白ワイン 各大さじ1.5
こしょう 少々

サラダ油 適宜

<詰め物>
うずら卵  10個
栗の甘露煮  5個

<つけあわせ>
ルッコラ  1袋

●作り方
①鶏肉のお腹の中と表面を洗い、水気をふきとる。塩をすりこむ様に、全体にこすりつける。約10分置く。水気をふきとる。
②Aをあわせて鶏が入る大きさのビニール袋に入れる。①の鶏を入れて全面に調味料が行き渡るようにし、約30分置く。
③詰め物用にうずら卵をゆで卵にする。殻をむく。
④鶏のお腹にうずら卵と栗を詰める。鶏肉の表面全体にサラダ油を塗る
④竹串や爪楊枝を刺し、お腹の穴を閉じるように形を整える。手羽は背中側に回す。
 脚はたこ糸で縛る。
⑤オーブンの天板に網をのせ、胸が上になるようにして鶏を置く。
⑥200℃に予熱したオーブンで、40~50分焼く。
⑤ルッコラを食べやすい大きさに切り、添える。

●ひとくちメモ
今回は詰め物は手抜きで~す。お腹に卵に見える形のものを入れました。(よく考えると残酷っぽい?かな?)

うずら卵は沸騰してから3分ゆでて固ゆでにしました。
殻がむきにくい場合は、水の中で作業すると扱いやすいです。
ゆでたうすら卵を買って使ってもいいし・・・

今回は鶏の表面に醤油と油を塗ったので、焦げ色がつくのが早いかも。
オーブンで焼いている途中、表面が焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせて下さい。
ぷくは今回は焼き始めて30分でアルミホイルをかぶせました。
焼き時間は45分でした。

味が薄かったら粒マスタードをつけて食べようと用意していたのですが、使わなくても塩味がついていました。
味が薄いと思ったら適宜調味料をお使い下さい。

詰めるうずらと栗の量は適当です。鶏の形に合わせて、食べる人の数を考えつつ、入るだけ入れるといいかも。
ぷくは、うずらの半分でいいかな~とあまり考えずに栗を5個入れました。
2人家族だったことを忘れてました。。。
割り切れない数だったので、最後の栗をめぐって家族間で小競り合いが生じました。
仲良く食べられる数が、ぷくのおススメです。

2人家族で丸鶏1羽はかなり残るだろ~な~と思っていたのですが、
モモ肉も、胸&ささ身も、手羽も一人半分ずつきっちり食べちゃいました。

骨と少し残った身は取っておいて、別な日に食べま~す。

で、こっちに残りもので作った料理を載せました。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クリスマスではないけれど、ローストチキンの献立

やっと夫が普通の食事に近いものが食べられるようになったので、この週末は快気祝い?で少しご馳走に・・と思っていました。

サロン・ド・ショコラの帰りに伊勢丹でお夕飯のお買い物をしても良かったんだけど、何とな~く伊勢丹はぷくにとって「アウェー感」がある売場。いつもの食事ができる記念のお買い物は「ホーム感」のある場所がいいかな、と、東武百貨店に立ち寄ってお買い物しました。

本当は牛ステーキ!と思っていたのですが、売場で丸鶏を発見!
こんな値段なのに誰にも見向きもされていないのは可哀想すぎる・・・という価格<ちょっとココには書けません・・・>で売られていたので、ぷくが買ってあげよう!?と、予定変更しました!?

で、この週末はクリスマスでもないのにローストチキンの献立となりました。

週末の献立

ローストチキン・金の卵と銀の卵入り
ヤリイカとクレソンのサラダ
カリフラワーと芽キャベツの蒸し焼き

Dscn3562_2

↑パンは、あきちゃんがお店に行ってきたので・・とわざわざぷくの分も買ってきてくれた浅草のパンのペリカンのロールパンです!
とっても懐かしい感じの自然な風味がする美味しいパンだったよ。ありがとー。

ワインも久しぶりに開けました。
コート・ド・ローヌのヴァンドペイにしました。

Dscn3546_4

レシピ・作り方は後ほど~

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロン・デュ・ショコラ(サロン・ド・ショコラ) 伊勢丹新宿

この日曜日、毎年密かな楽しみにしている伊勢丹のサロン・デュ・ショコラに行ってきました。
ぷくは土曜日もお仕事だったので、何とか日曜に滑り込みで行けて満足~。

「サロン・デュ・ショコラ」はフランスで行われているチョコのイベント。
規模は違うでしょうが、少し前から伊勢丹でも同じ名前のイベントが開催されています。

バレンタイン前の、ショコラ気分盛り上げの口火を切るイベントだと個人的には思っています。
凄~く忙しい時も、万難を排してこのイベントにだけは出掛けているかも。

ぷくはもちろん、ギフト用ではなくて、自分チョコ派です!

会場にあったショコラのオブジェ、デジカメで思わず撮影してしまいました。
せっかくなので載せておきますね~


Dscn3531

←写真ではよく見えないけど、皮の質感まで出ていて凄く本物っぽかったです。

Dscn3532Dscn3533

Dscn3535
一部破損してしまったみたいです。勿体無い・・

Dscn3537 Dscn3540

Dscn3539 Dscn3542

Dscn3543Dscn3545

素敵なオブジェ。

食べるのは惜しいけど、
ぷくが食べる時は、どこから食べはじめるかな~、何て考えながら見てました~

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ほうれん草の柚子こしょうあえ

ほうれん草を和え物にするのに、胡麻和えでも良かったけど、少し違うものをと思い、柚子胡椒があったので使ってみました。

ぶりだいこんの献立(こんな食卓です)の副菜おかずです。

当たり前だけどゆずの香りがしました。金柑の料理もあったから、柑橘が多い献立になったけど、一緒に食べてもダブってる感じはあまりなかった・・気がします。

お手軽度 ★
調理時間 10分

Dscn3497_1

レシピ・作り方

●材料
ほうれんそう 1/2束

柚子胡椒   小さじ1/2
だし     大さじ1.5
醤油     少々

●作り方
①ほうれん草はゆでて、3~4cm長さに切る。
②Aを合わせ、ほうれん草を和える。

●ひとくちメモ
柚子胡椒は、商品により味が微妙に違うので、分量は様子を見て加減してね。
「だし」が無ければお水でもいいと思います。
お醤油は少し入れた方が旨みと香りが加わっていいかと。

柚子胡椒は大好きだけど、なかなか使い切れないから、こんな風に使って美味しいうちに使いきるのもいいな~と思いました。

●ほうれん草のこと
今回もほうれん草は「寒じめ縮みほうれん草」を使いました。
冬場しか食べられないし、根元が赤くて甘みがある味がぷくは好きなので、見かけたらこっちを買ってます。

ほうれん草はビートと同じアカザ科。
ビートとは、根から砂糖がとれるので砂糖大根とも言われてるけど、甜菜(てんさい)と言うのが一番馴染みがあるかも。
ほうれん草の根の赤い部分を食べて「甘~い!」と思う時、ビートの仲間だと言うことを実感してます。
ぷくが小さい頃はどんなほうれん草も根元が赤くて甘かった気がするけど・・・。今は縮みほうれん草で懐かしい味を楽しんでます。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

さつま芋と金柑の甘煮

よく作っている薩摩芋の甘煮のサツマイモに紫芋も入れてみました。
キンカンも入れたので結構鮮やかな紫色になりましたよ~。

お手軽度 ★★
調理時間
 約20分

Dscn3493_1_2

●材料
さつま芋 450g
水    300ml
砂糖   30g
きんかん 6個

●作り方
①さつま芋は皮をむき、2~3cm角に切り、水にさらす。
②金柑は種をとり、薄切りにする。
②鍋にさつまいもと水を入れ、火にかける。煮立ったら砂糖と金柑を加えてふたをし、柔らかくなって煮汁が少なくなるまで煮る。

●ひとくちメモ
ぷくが使ったさつま芋は紫芋が大1個(300gくらい)、普通のが小1本(150gくらい)でした。

紫芋は黄色いさつまいもに比べて甘みが少ないので、お砂糖の量を今回は意識して多めに加えています。
黄色い紅東とかだけで作るのなら、もう少しお砂糖を減らしてもいいかも。
あと、みりんを少し使っても良かったな~と今思ってます。

キンカン(虫刺されとは関係ありません。)
(↑ベタなネタですみません・・・関西人としては書かずには居られない・・・)
は皮ごと食べられる柑橘類です。
料理に使っても美味しいです。
種が多いので、半分に切って種を取ってから薄切りにするといいかも。
皮ごと食べられるので、柑橘類の皮に含まれていると注目の「ヘスペリジン」も摂取できていいかも~

●紫芋のこと
紫芋とは、元々色素用や焼酎用など加工用に使われていたさつま芋なので甘さが少なめ。
料理用としての品種が開発されてスーパーなどにも最近は出回る用になってきましたが、
黄色い紅東や金時よりも甘さが少ないことを意識してぷくは使うようにしています。

何と言っても鮮やかな色が特長なので、できればこの色を生かしてお料理したいわ~と思って今回は金柑と煮てみました。
紫芋の色素は酸性だときれいに発色するタイプなので、キンカンの酸味にお手伝いいただきました。
レモン汁とかでもいいと思います。
(紫芋に限らず、さつまいもは酸性だときれいな色になるよ!)

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶり大根の作り方・レシピ

ぶりだいこんの献立(こんな食卓です)の主菜のおかずです。
丁度、鰤大根用と書かれたアラが入った鰤が売られていたので、鰤だいこんを作りました~。身の部分じゃないから、お値段お手頃で、旨みたっぷりの懐にも嬉しいメニューでした。
煮るのにちょっと時間がかかるけど、丁度ごはんを炊いてる時間と同じくらいと思うと、あんまり面倒な負担感はないかと・・・

お手軽度 ★★
調理時間 50分

Dscn3502_1

レシピ・作り方(たっぷり2人分)

●材料
大根  600g
ぶりのアラ 450g
しょうが   2かけ
水      3カップ
酒      1/2カップ
砂糖    大さじ2
みりん   大さじ3
しょうゆ  大さじ3

●作り方
①大根は輪切りにし、皮をむく。半分に切る。隠し包丁を入れる。
   約15分米のとぎ汁(←あれば。なければ普通の水でOKです。)で下ゆでする。洗う。
②ぶりは熱湯に通す。色が変わったら、冷水にとり、洗う。
③しょうがは皮をむき、薄切りにする。
④鍋に水、大根を入れ火にかける。沸騰したら、ぶりを加え、あくをとる。
 砂糖とみりんを加え約15分煮る。しょうゆを足し更に15分程度、煮汁が少なくなるまで煮る。

●ひとくちメモ
あらは塩をふってしばらく置いてから茹でる方法もありますが(霜降りと言う場合も)、今日は新鮮なアラだったので、そのまま使いました。臭みも少なく、問題はありませんでした。

全体に味をつけるため、煮汁を時々すくってかけながら煮るのがお勧めです。
また、「落としぶた」をした方が、味しみが良いので、お勧めです。

今回は、砂糖とみりんの甘みを先にしっかりしみこませて置きたかったので
醤油と時間差をつけて加えました。面倒だったら一緒でもいいです。。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぶり大根の献立

久しぶりの献立メニューの食卓で~す。

夫も順調に回復し、やっと普段の食事っぽいご飯が食べられるようになりました!
まだ内容に制限はあるけど、この程度ならもう大丈夫。

久々だから、ご馳走、と言うより普段食べている旬の素材のものがいいかな・・と、何も考えずに作ってたら、2人分〆て500円以下のぷく家らしい、節約献立になっちゃった。。。

Dscn3509_1_2

今日の献立
ぶり大根
ほうれん草の柚子こしょうあえ
紫芋とさつま芋と金柑の甘煮
岩のりとブロッコリーの芯のお味噌汁
ごはん
(土鍋で炊いたので、お焦げをつけました!黒く見えるのは汚れじゃないよ)

レシピ・作り方は後ほど~

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆでタアサイ(塌菜)の香味醤油添え

今が旬のタアサイはこんな簡単料理で食べました。
茹でるだけなので簡単!結構な量を食べられます。

お手軽度 ★
調理時間
 10分

Dscn3452_1_2

レシピ・作り方(2人分)

●材料
タアサイ 250g

<香味醤油>
にんにく 一片
しょうが 1かけ
ごま油  大さじ1
醤油   大さじ1/2

●作り方
①タアサイは1枚ずつはがす。サラダ油と塩を加えた湯でやわらかくなるまでゆでる。
②香味しょうゆを作る。にんにく、しょうがはみじん切りにする。ごま油に入れ弱火にかける。香りが出たら火を消し、しょうゆを加える。
③タアサイを器に盛る。熱い香味しょうゆをかける。

●ひとくちメモ
タアサイをゆでた湯は、水1リットル程度に油と塩を各小さじ1程度入れました。ゆで湯に塩と油を入れると、つやよく茹で上がります。(中華料理で使う手法)

タアサイは根元が硬いので、ゆでる時は根元を先に湯に入れて時間差をつけてゆでるといいかも。
器にとる時は、ゆで湯がついたままざっくりと、熱い状態で盛り付けて大丈夫です。
味が薄ければ、しょうゆを足して食べて下さい。

●タアサイのこと
タアサイとは言うものの、ターサイやタァーサイと書いて売っているお店もあります。
一応、食品成分表に載っている正式名称?はタアサイです。
ぷくが買ったお店は「タァーサイ」でした。漢字では塌菜と書く、中国野菜です。
塌は中国の漢字だからネットでは文字化けすることもありますが、「倒れる」という意味があって、潰れた様に広がる葉の様子からついた名前だとか。

栄養価面ではもちろんカロテンが豊富な緑黄色野菜。カルシウムも多く含まれています。
キサラギナ(如月菜)とも言って、如月=2月頃に旬になる冬野菜です。霜にあたると美味しくなるといわれています。
また、冬場は地をはうような葉が広がった形に大きく育ちます。ぷくが買ったものは1株で650gくらいもありました。(しかも100円!お値打ち価格!)
日本では静岡県の生産量が6割以上を占めています。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鶏手羽先と野菜の蒸し煮

野菜を骨つき肉と一緒に火にかけ、蒸し煮にするだけの簡単料理。
野菜を柔らかく煮た料理にしたくて作りました。
野菜は冷蔵庫に余っていたもの。お好みで何でも大丈夫。
キャベツの代わりに白菜を使うといいかも。

お手軽度 ★ かな?
調理時間 約20分

Dscn3358_1

レシピ・作り方(2人分)

●材料
鶏手羽先 3本
 酒    大さじ1
キャベツ 150g
下仁田葱    50g
にんじん  30g
ほうれん草 少々
生姜汁  1かけ分
A(酒50ml、水150ml)
塩    小さじ1/4

●作り方
①鶏手羽先は、先を切り落とし、縦半分に切る。酒をふる。
②キャベツは2~3cmのざく切りにする。下仁田葱は千切りにする。人参は薄切りにする。
③鍋に②の野菜を入れる。鶏をのせ、生姜汁とAを加える。蓋をして、野菜が全体にしんなりして、鶏肉に火が通るまで、約10分蒸し煮にする。塩・こしょうを加えて調味する。

●メモ
鶏肉は食べやすいように、先を落として(「手羽中」と言われる状態になります。)さらにそれを骨1本分ずつに切りました(→この状態、鶏スペアリブと言う名前で売られていることがあります。)落とした鶏の手羽先は、一緒に蒸し煮にしても旨みが出るので美味しいです。食べられる部分は殆どないけど。

葱は下仁田があったから使ったけど、普通のでも、もちろん大丈夫です。

味が足りないと感じたら、好みでポン酢しょうゆとかで食べてもいいかも!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜たっぷりミルクスープ

余っていた食パン、夫の都合でトーストした状態では食べられないので
スープの具にしてやわらかい食感にして食べてみました。

野菜たっぷりにして、これだけで軽い1食になるくらいのスープにしました。
朝食やダイエットメニューにもいいと思います。

お手軽度 ★★
調理時間
 20分弱

Mirukusupu

レシピ・作り方(4食分)

●材料
玉葱    1個
セロリ   50g
にんじん  150g
だいこん  70g
キャベツ  100g
オリーブ油 大さじ1
ツナ缶    小1缶(80g)
ほうれんそう 50g(ゆで)
水       700ml
牛乳     300ml
生ハム   25g
塩      小さじ1/2
こしょう   少々
食パン   1枚
ゆで卵   4個(好みの状態で)

●作り方
①ほうれんそう以外の野菜は1cm各程度に切る。
②鍋にオリーブ油を熱し、野菜を炒める。全体にしんなりしたら、水を入れる。煮立ったらあくをとりツナ缶を汁ごと入れ、ふたをして約10分煮る。
③ほうれんそうは2~3cm長さに切る。生ハムは細切りにする。
食パンは、3~4cm角に切り、軽くトーストする。ゆで卵は殻をむく。
④牛乳を加え、塩・こしょうで調味する。煮立つ直前に火を止める。
⑤器に盛り、ハム・トースト・卵を添える。

●ひとくちメモ
ツナ缶は汁ごと入れました。野菜をたっぷり入れているので、ツナ缶と野菜の味だけで、スープの素を入れなくても、旨みが足りる仕上がりになったと思います。

牛乳を入れて煮立ててしまうとモロモロに凝集してしまうので、煮立つ直前に火を止めてください。(生クリームならこんな心配ないけど)

食パンは、そのまま入れるとふにゃふにゃになりそうなので、軽くトーストして入れました。
コレが結構美味しかったです。
食パン1/4枚でもかなりの満足感でした。

野菜は余っていたものを色々入れただけなので、何を使っても美味しいと思いますよ~。
生ハムの余っていたので入れておきました。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インターコンチネンタル東京ベイ エイジアンテーブル でランチビュッフェ

昨日は久しぶりに会うお友達が東京に来ていたので急遽お出かけしてランチを楽しんできました。
お友達がこちらのホテルに泊まっていたので、お部屋に集合。
噂通り、窓からのレインボーブリッジの景色はとっても見事でした。
・・・写真撮っておけばよかった。

食べるよりおしゃべりがメインの集まりでしたが、
折角なので食べたものを載せておきます。

ビールはアジア系のものを一人1種類ずつ

タイのプーケット、ベトナムの333、シンガポールのタイガー

メニューに載っていたビールのうち、ぷくは飲んだことがなかったプーケットを注文しました。

Image0003

一皿目
テンペのサラダ、グリルチキンの香草サラダ、生春巻、海老とポークと蓮根のサラダ、春雨と海老のサラダ、グリルポークのスパイシーサラダ、ガドガド

サラダやガドガド、春巻き用のソースは4種類ありました。
和風ドレッシング、ビーナッツソース、タイ風オリエンタルソース、ユニバーサルソース

Image0002

<二皿目>
揚げ春巻き、ワタリガニとすり身のフリット、白身魚の香草風味、生春巻き、サラダ、海老すり身のトースト揚げ、タイ風茶碗蒸し

Image0004

<三皿目>
ホイコーロー、チキンと茸の中華風、焼きビーフン、パイナップルチャーハン、シーフードの中華風炒め

Image0005

<和牛の炭火焼き>
添えのごはんは多分タイ米のもち種

Image0006

<五穀粥>と<レッドカレー(+インディカ米)>

Image0007

<麺類>
係りの方がいて麺をゆでて下さいました。
種類はフォーかブンを選べました。
ぷくはブンにしました。
スープの量や具の種類は各自のお好み次第

Image0008

ここからデザート

デザートの時点でタイムアウト直前!
とにかく急いで取ってきました。

ラズベリーのソルベ、グレープフルーツのソルベ、
アーモンドアイス、バニラアイス

Image0009

揚げドーナツ、揚げバナナ、揚げパイン、サツマイモのケーキ、イチゴのムース、マンゴープリン

Image0010

杏仁豆腐、チェー(具の量、種類はお好み)、黒胡麻汁粉(白玉入り)

Image0011

コーヒー&紅茶

ビュッフェだから自分でお皿に取るので、盛り付けは美しくありません。
もう少し綺麗に取れば良かったなと反省。
あと、料理名もうろ覚えです。名前が無いのもあったし。
一応一通りのメニューをいただきました。

ホテル内のレストランらしい、全体的に優しい洗練された感じのお味がしました。
現地の人が日常食べる味を想像すると物足りないでしょうが、
現地のリゾートホテル内で食べる味はこんな雰囲気だったな~と思いました。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渡り蟹と春雨のスープ煮の作り方・レシピ タアサイ(ターサイ)入り

冷凍庫を整理しようと、眠っていたワタリガニを使って一品作りました。
豆板醤を使ってピリ辛にしたかったけど、夫が辛いものはまだ食べるの×だし、汁物っぽい仕上がりがいいだろうな~と、こんな作り方にしました。
タアサイも入れてみました。

春雨がカニの旨みを良く吸って美味しい味になったよ~ん。

お手軽度 ★★
調理時間 40分弱

Dscn3439_1

鍋ものっぽく土鍋で作ってみました。

レシピ・作り方(2人分)

●材料
ワタリガニ 1はい
長ネギ   1本
生姜    1かけ
にんにく  1片
春雨    30g
タアサイ  100g
紹興酒   大さじ1.5
油     大さじ1
とりがらスープの素 小さじ1
醤油    小さじ2
オイスターソース 小さじ1
塩・胡椒  少々

●作り方
①わたりがには甲羅をはがし、がに(食べられない部分)を取り除く。足を切り、切り込みを入れる。身は4等分程度に切る。紹興酒大さじ1/2を蟹にまぶす。
②長葱は5センチ程度をみじん切りにし、残りは斜め切りにする。ショウガ・ニンニクはみじん切りにする。
③タアサイは軸と葉に切り分ける。
④春雨は熱湯で戻す。食べやすい長さに切る。
⑤鍋に油を熱し、弱火でみじん切りの葱・生姜・にんにくを炒める。香りがしたら強火にし、渡り蟹の身と足を入れて殻の色が変わるまでしっかり炒める。
⑥紹興酒大さじ1を加えてさっと炒めて水4カップを加える。沸騰したらアクをとり、甲羅とスープの素を加え、約10分煮る。
⑦春雨と葱とターサイの軸を入れてさっと煮る。
⑧醤油とオイスターソースを加える。必要なら塩・こしょうで味を調える。最後にタアサイの葉を加えさっと火を通す。

●ひとくちメモ
春雨は緑豆春雨や韓国春雨を使ってね。(芋澱粉の物だと溶けてしまいます。)

あらかじめ鍋物用など向けに切って売られているワタリガニでももちろん同様に作れます。

紹興酒の代わりにお酒でも大丈夫です。(今回中華っぽくしたかったので中国酒を使いました)

野菜を何か入れようと、白菜を考えていたら、タアサイ(搨菜)が売られていたので使いました。タアサイはこんなレシピや作り方でも美味しく食べられるよ!代わりに白菜や青梗菜とかを使ってもいいと思います。今回使ったターサイの量は外の大きい部分、10枚(本?)でした。

蟹を10分程度煮ると、煮汁に旨みが溶け込みます。
蟹の甲羅は食べられないけど煮ると味が出るので、加えています。
ワタリガニは食べられる部分が少ないですが、旨みは煮汁と春雨がしっかり吸い込んでいます。ぷくは身の食べやすい所と爪だけ食べました。
炒める時にかにを潰しぎみにするといいかも。
あと、春雨の量を倍くらいにしてスープを殆ど吸わせてもいいかも~。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ほうれん草のポタージュスープのレシピ・作り方

こちらも夫仕様で緑黄色野菜を食べるために作ったほうれんそうのスープです。
汁物は体調がいまいちでも、大丈夫なものですね・・

お手軽度 ★★
調理時間 20分

Hourennsou_2

↑失敗しました・・・

レシピ・作り方(4人分)

●材料
ほうれん草 100g
玉葱    50g
じゃがいも 小1個(100g)
オリーブ油 大さじ1
固形スープの素 1個
水     400ml
牛乳    200ml
塩     小さじ1/3
こしょう  少々

●作り方
①ほうれん草は茹でて、2~3cm長さに切る。
②玉葱は薄切りにする。じゃがいもは皮をむき、2cm程度に切る
③鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎ、じゃが芋を炒める。
④水300mlとスープの素を加えて蓋をし、
 じゃがいもが柔らかくなるまで煮る。あら熱をとる。
⑤ミキサーに入れ、ほうれん草を加え2~3分かけ、なめらかにする。
⑥鍋に戻し、水100mlと牛乳を加え、火にかける。塩を加え、
煮立つ直前に火を止める。

●ひとくちメモ
ほうれん草を沢山摂取したかったので、100g入れました。
色が「鮮やかすぎる」緑になったので、50g程度でも充分かも。

スープにとろみを加えるために、今回はじゃが芋を使いました。
とろみ加減は最後に加える水と牛乳の量で好みの状態に加減してね。
牛乳の半分くらいを生クリームにするとクリーミーでおいしいです。

煮立ててしまうと、スープが凝集してしまうので、
煮立つ直前に火を消すのがお勧めです。
ぷくが作ったのもちょっと目を離したすきに、煮立って濁った仕上がりに・・・)

クルトンや砕いたクラッカーとかを載せるとより美味しいのは解ってるのですが、
今回は食べられないので泣く泣くパスしました。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蕪のファルシー

要するに「蕪の肉詰めのスープ煮」なのですが、
タイトルはちょっとお洒落にしてみました。
料理でファルシーとは詰め物をしたもののこと(フランス語)。
英語ではスタッフド~と言うけど、
何となくファルシーを使いたい気分でした。

柔らかな優しい味の煮物です。
夫もそろそろこれくらいの料理なら
難なく食べられるようになりました。

お手軽度 ★★
調理時間
 30分程度

Dscn3425_3

かぶのファルシーの作り方・レシピ(2人分)

●材料
かぷ 小6個
ひき肉 50g
長葱 少々(10g)
人参  適宜
片栗粉 少々
塩   少々
こしょう 少々
スープの素 1/2本(顆粒)

●作り方
①かぶは葉を切り、皮をむく。中身をくり抜く。
②くり抜いたかぶの中身はみじん切りにし、塩少々をふる。しんなりしたら水気を絞る。
②人参は1cm程度の厚さに切る。葱はみじん切りにする。
③かぶの葉はきれいな部分を少し飾り用に適当な大きさに切る。
④挽肉にかぶ・長ネギと塩、こしょう各少々を加え、粘りが出るまで混ぜる。
⑤蕪の実の穴にかたくり粉をふる。肉を詰める。
⑥鍋に水200mlと人参を入れ火にかける
沸騰したら蕪を入れる。水の量は蕪が全体に浸るくらいする。(足りなければ足す。)
スープの素を加え、蓋をして約15分、人参と肉に充分火が通るまで煮る。
⑦塩・こしょう少々で調味し、蕪の葉をくわえてひと煮立ちさせる。

●ひとくちメモ
今回の蕪、ちょっと小さめで1個の実の大きさは50g程度でした。蕪のくり抜きは、ギザギザのスプーンでしました。
さっとゆでたりレンジにかけて柔らかくしてからくり抜いてもいいけど柔らかそうな蕪だったので、煮崩れが心配で生のままくり抜きました~。

くり抜いた蕪の重さは50g強でした。塩をして水気を絞って肉に入れましたが、ぷくは絞った水にも旨みが含まれていて、捨てるのは惜しい気がして煮汁に加えちゃいました。(恥ずかしいくらいセコイお話でスミマセン・・・)

挽肉の種類は何でも良いと思いますが、今回のぷくはお家にあった豚挽肉を使っています。

ほんの少しのお肉で結構見た目にボリュームがある料理になったので、ダイエットの時などにもいいかも~。割と食べ応えもあったし。

煮汁にワインを加えたり、ベーコンやハムで味を出してもきっと美味しいと思います。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

1月15日と1月18日の食事 小豆粥

昨日1月15日は小正月。女正月とも言われ、小豆粥を食べるならわしがあります。
お粥生活中なので、小豆がゆのレシピにも挑戦(・・って程でもないけど~)してみました。

15日の小豆粥には、鏡開きのお餅を入れて作ることもあります。

お手軽度 ★★
調理時間
 20分
(炊飯器で作りました)
Dscn3367

  ↑写真が湯気でもやもや・・

レシピ・作り方(2人分)

●材料
小豆 40g
米  1合
塩・ごま塩など

●作り方
①小豆はかぶるくらいの水で2~3分ゆで、ゆで汁を捨てる。
②小豆に約2カップの水を加えて、弱火で約15分ゆでる。ゆで汁を分ける。
③米をとぐ。小豆のゆで汁と水を合わせて、おかゆの水位に水をはる。
④小豆を加え、お粥を炊く。
⑤炊き上がったら、塩やごま塩を加えて食べる。

●ひとくちメモ
お赤飯を作る時と同じように、一度小豆の赤いゆで汁を作ってから作りました。
お米にゆで汁を加える時は、あら熱を取って冷ましてからにしてね。

小豆と言えば、あんこやお赤飯のイメージが強いですが、
小豆独特の風味がお粥とも合っていて、
お粥にしても美味しいことを発見しました。

●小豆粥のこと
ぷくはお塩を加えて味つけし、小豆粥を食べましたが、
お砂糖を加えて食べるパターンもあるみたいです。
守貞謾稿(江戸時代の風俗書)によると、
京阪は塩を入れて、江戸は砂糖を入れて食べるとのことです。

小正月に小豆粥を食べる理由は
小豆の赤い色に呪術性があって、
魔よけや邪気払いの意味から
健康を願って食べたからという話や、
中国の故事にならい、
この日にお粥を食べれば
邪気を払うからという説などもあります。

また、その3日後の1月18日にも
「十八粥」と言って、小豆の入ったお粥を食べる習慣があります。

十八粥は、「大師粥」とも言って、
天台宗の僧の元三大師を供養するために食べる
お粥のことを言うのがポピュラーなようですが、
15日に作った小豆粥を
18日にまでとっておいて食べたり、
供えたりすることを言う地方もあります。

小豆の栄養成分の話としては、
ビタミンB1が比較的多く含まれていて
脚気に対して使われたという話もあります。
また、食物繊維やポリフェノール、
サポニンなどが最近注目されている成分です。
薬膳ではむくみをとり、解毒作用があるとも言われています。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おろし蓮根入りつくねの作り方・レシピ

つくね団子の作り方とレシピです。

食感が柔らかめで胃にやさしそうなおかず
としてこんなものも作って食べてます。

お手軽度 ★★
調理時間
 20分
Dscn3314_2

レシピ・作り方(2人分)

●材料
鶏ひき肉 200g
れんこん   100g
生姜汁  1片分
塩    小さじ1/3
醤油   少々
ニンジン 50g
大根   250g
だし 200ml
A(みりん、砂糖、うすくち醤油 各大さじ1)

●作り方
①レンコンは皮をむき、すりおろす。挽肉、生姜汁、
塩、醤油を加えて粘りが出るまでよく混ぜる。
食べやすい大きさに形作る。
②ニンジンは1cm厚さの輪切りにする。
 大根はすりおろす。
③鍋にだしを入れて火にかける。煮立ったらAを加え、
 ①と人参を入れて、人参が柔らかくなるまで煮る。
④大根おろしを汁ごと入れる。ひと煮立ちしたら火を止める。

●ひとくちメモ
すりおろした蓮根をつなぎに使ったツクネです。
今回は入れられなかったけど、角切りにした蓮根を入れると食感に変化が出て
より美味しくなると思います。

火を通す前は少し柔らかいかな?と思う状態でも加熱すると
蓮根のでんぷんがしっかり固まるので大丈夫です。
今回は手で形を整えましたが、
スプーンですくって煮汁に落とし入れて作っても。

最後に加える大根おろしは無くてもいいのですが・・・
今回はできるだけ野菜を食べられる料理にしたかったので
入れちゃいました。
大根おろしの汁も勿体無いので入れましたが、
先の方の辛い大根を使った場合は、
入れない方が良いと思います。。

あと、大根おろしを入れるなら、煮汁の色がにごった色になったので、
お醤油を減らした方が良かったな~と後から思いました・・・

上に散ってる緑色は、大根の葉の柔らかい葉の部分だけを摘んで
さっとゆでたものです。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ほうれん草のすり流し汁の作り方・レシピ 

要するにほうれん草をすり潰したものが入っているお味噌汁を作りました。

すり流し汁とは、すり潰した素材を使った汁物です。
和風ポタージュって感じ?
昔はすり鉢を使って作っていたのでしょうが、
今は便利な道具で作るのが主流かと。

Dscn3332_1
↑湯気でもやもやした写真になっちゃった

お手軽度 ★
調理時間
 10分

●材料
ほうれん草 50g
だし    300ml
白みそ   大さじ2

●作り方
①ほうれん草は茹でて水にとり、水気を絞る。2~3cmに切る。
②ミキサーにホウレンソウ、だしの半量、みそを入れ、なめらかになるまで2~3分かける。
③鍋に入れ、残りのだしを加える。火にかけ、煮立つ直前に火を止める。

●メモ
色をきれいに出すため、今回は白みそ(西京みそ)を使いました。
好みの味噌でOKです。

味噌はミキサーにかける時に入れておくと、
加熱する時溶く必要がないので便利です。

でも、初めに入れすぎて味が濃くなってしまうと
もう調整ができないので、
少し少なめに入れて、仕上げに味を調整する方がいいのかも。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

金時人参のポタージュの作り方・レシピ

夫の症状にあわせ、お粥とともにスープレシピも蓄積中。

あんまり食が進まない時や食べられない時、
スープは野菜の栄養を摂るには有難い存在。

今回は金時人参のスープを作りました。

Dscn3341
金時人参は、「京人参」
と言ってることもあるけれど、
関東ではお節の季節・年末年始
ぐらいしか出回らない気がします。

で、暮れはとても値段がお高いの。
ぷくにとっては・・・)

年が明けると少し価格も割安になるので
ぷくはお正月休みが明けてから、
お手頃価格で買うのを楽しみにしていま~す。

一度、この紅色の野菜でポタージュを作りたかったのです。
金時人参の甘みが効いた味になったよ~

お手軽度 ★★
調理時間
 20分

レシピ・作り方(4人分)

●材料
金時人参  1本(250g)
下仁田葱  100g
バター   15g
食パン   1/2枚(6枚切)
固形スープの素 1個
水     600ml
牛乳    200ml (又は生クリーム)
塩     小さじ1/3
胡椒    少々

●作り方
①人参は皮をむき、細かめの適当な大きさに切る。
葱は薄切りにする。
②鍋にバターを熱し、ねぎ・人参を炒める。
③水400mlを加える。煮立ったら、固形スープの素と食パンをちぎって入れ、ふたをして人参がやわらかくなるまで煮る。あら熱をとる。
④ミキサーに2~3分かけ、なめらかにする。
⑤残りの水と牛乳を加え火にかける。塩・こしょうで味を調える。

●ひとくちメモ
さすが金時人参、いつも食べてる西洋にんじんとは違う
濃い目の紅い色のスープになりました。
赤いパプリカを使ってもこんな色になるのかも。

葱は、同じく今が旬の下仁田ねぎを使いました。
(ポワローの代用のつもり)
もちろん普通の玉葱でも。
その場合は1/2個を目安に使って下さい。

今回は、スープにとろみを出すために、
残ってた食パンを使いました。
食パンは結構水分を吸って膨らむので
途中で水分が無くなっていないか確認した方がいいかも。

とろみ加減は最後に加える水分で
好みの状態に調整して下さい。

●金時人参のこと
金時人参とは、東洋系と言われる人参です。
(いつも食べているのは西洋系)
主に関西で栽培されていて、江戸時代に中国から日本に渡ってきた東洋系の人参の中で唯一今も残っている種類と言われています。
(西洋系はヨーロッパとアメリカから渡ってきたそうです。)

西洋人参とは違う、柔らかな食感と甘さと風味は、
特別な人参という感じがして、
お節料理には欠かせない気がします。

また、人参の色素としては、βカロテンが有名ですが、
西洋種とは違う金時人参の紅い色の色素は主に「リコピン」と言われるものです。

カロテンは体内でビタミンAに合成されるのに対し、
リコピンはビタミンに変わらないので、
少し前まではあまり注目されていなかった
栄養素ですが、最近は抗酸化力が強い成分として脚光を浴びています。
(トマトに含まれるのが有名)

食品成分表でも、金時人参と西洋人参は別のものとして
それぞれのデータが載っています。
カロリーはあまり変わらないものの、
ビタミンAは西洋種の半分くらいの量です。(西洋1500μg、金時830μg)
といっても、金時にんじんにも充分
「緑黄色野菜」といえる量のカロテンは含まれています。
また、カリウムは西洋種の倍近くありま~す。

関東では「京人参」と言われることも多い気がしますが、
関西では必ず「金時人参」と言われている筈です。多分・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

茶碗蒸しの作り方 レシピ

お粥のおかずとして「茶碗蒸し」も食べています。
茶碗蒸はプリン感覚で、
普通の食事ができない時でも食べられる
ありがたいメニューだなと実感中。

具は色々入れられないので、今回は若布のみ。

お手軽度 ★★
調理時間
 20分

Dscn3321_1_2

Dscn3321_2_2

茶碗蒸しのレシピ 作り方(4個分)

●材料
卵  2個
だし 300ml
うすくち醤油 小さじ2
塩      小さじ1/3
塩蔵わかめ 10g

●作り方
①若布は水につけて戻し、食べやすい大きさに切る。
②卵をよくときほぐし、だしを加える。塩・醤油も加える。
③茶碗に若布を均等に入れ、②を分けて入れる。
 かき混ぜてわかめをほぐす。
④蒸気の立った蒸し器に茶碗を入れ蓋をして強火で2~3分蒸す。
 卵液の表面の色が白っぽく変わったら弱火にし、6~8分蒸す。

●ひとくちメモ
茶碗蒸しと言えばもっと具が入っているイメージですが
ぷくは色々材料を取り揃えるのが面倒なので、
若布だけを入れた茶碗蒸しをよく作ります。
わかめ+卵と言う、いつでも
在庫食材で作れるから、結構便利。

卵液の調味料のお醤油は薄口(淡口)を使って
白めの色に仕上げています。
ぷくは関西人なので、濃い色の茶碗蒸しには
 少し違和感があるので。)
好みで普通の濃口醤油を使ってもOKで~す!

今回は蒸し器を使った正統派の調理法。

茶碗蒸しをスが立たないように蒸すポイントは火加減。
最初は強火で蒸して一気に全体の温度をある程度まで上げて、
途中から弱火でゆっくり火を通していきます。

時間は蒸し器や茶碗の大きさ、卵液の元の温度によっても
変わってきますので、目安にして下さい。
今回のぷくの蒸し時間は強火で2分、弱火で6分でした。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ホワイトソースの作り方・レシピ

冬野菜のグラタン(鮭とほうれん草のグラタン)の時
手作りしたホワイトソースのレシピはこんな感じです。

Photo_3
ホワイトソースを手作りする時一番厄介なことが
ダマになってしまうと言う点。
今回は無事に仕上がりました。

ホワイトソースのレシピは
小麦粉とバターの分量は同量。
で、作る料理にあわせて牛乳の量を変えて
仕上がりの堅さを加減するのが
一般的な方法です。

↑写真はホワイトソースのを取ってなかったから
グラタンでお茶を濁しています。

★ホワイトソースは冷凍できるので
 まとめて作って作り置き可能です。

レシピ・作り方(冬野菜のグラタン2皿分)

●材料
バター  45g
小麦粉  大さじ3
牛乳   400ml
塩    小さじ1/3
こしょう 少々

●作り方
①鍋にバターを入れ弱火で熱し、小麦粉を入れて、焦がさないように混ぜて炒める。
②粉っぽさがなくなりさらっとしてきたら牛乳を加え、よくかき混ぜながら、1~2分煮る。
③塩・こしょうを加える。

●ホワイトソースのダマ、ダマにならない為には
ホワイトソースはダマになる場合があるけど、
ダマにならない為には
牛乳を温めた方がいいとか、冷たい方がいいとか
牛乳は一気に加えるとか、少しずつ加えるのがいいとか
牛乳を加える前に一度火からおろすとか
泡だて器で混ぜるのがいいとか
牛乳と小麦粉を混ぜて加えるのがいいとか
小麦粉とバターを練り合わせて加えるとか
レンジがお勧め、など
色んな説がありますが・・・

今回ぷくはフッ素の鍋を使ったので木べらで炒めました。
(温めるのが面倒だし、)いつも通り冷たい牛乳を入れて作りました。
牛乳は2回に分けて加えてみました。

ダマにならない一番のポイント小麦粉の炒め方にあると言うのが
一般的な考え方です。

ダマの原因は、小麦粉が糊化して固まってしまうから。
小麦粉とバターを充分に炒めると、
粉の粒子がバターでコーティングされた状態になるので
牛乳を加えても、その中で分散して、
粉同士がお互いにくっつかずに固まらないと言われています。

焦げるのを気にして充分に火を通していないと
小麦粉とバターがきちんを混ざっていなくて
ダマになりやすいのです。
(ココが難しいところ、ですけどね~)

牛乳は少~しずつ加えて溶いていった方が良さそうな気もするけど
程よく小麦粉が炒められた状態であれば、一気に加えてもなめらかに仕上がります。

小麦粉の炒め加減の見極めはある程度慣れるしかないかも知れないけど、
「弱火」で「焦げないようによく混ぜながら」「サラっとした状態まで」
がポイントかも。
使う鍋も火の当りが柔らかい厚手のものを使う方がいいです。

あと、小麦粉とバターの割合を変えてしまうと
(バターの量を減らしてしまうと)
小麦粉をバターで充分にコーティングできないので
ダマになりやすくなります。

●ホワイトソースがダマになった時の解決方法・対処方法
と、上の文章をもっともらしく書いているかく言うぷく
過去に何度もダマになって悲しい思いをしたことが・・

ダマになった場合はこし器でこしてほぐして使ってました。。。
面倒だけどコレしかないです。
あとは少量なら「気にしない」という方法も・・

ダマになってリカバリーした時は、上手にできた時と比べ、
少しソースが粉っぽい気がすると思うけど、
何かを混ぜて仕上げて黙っていれば殆ど気付かれない筈です。

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

続きを読む "ホワイトソースの作り方・レシピ"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

1月11日は鏡開き

明日、1月11日は鏡開き。

お正月に年神様に供えた鏡餅を下げた後、
お汁粉やお雑煮などにして食べる行事のことです。
その時お餅を分けるのは、木槌で叩いたりして、
刃物は使わないというのが、一応昔のしきたり。

ぷく家の近所のスーパーでは
午前中にお買い物に来た人には
お汁粉サービス!という、太っ腹なイベントがあります。
(あー、行けないのが残念!)

何故1月11日が鏡開きの日なのかの由来は、
元々は1月20日に行われていたのが
20日は江戸幕府の3代将軍家光の命日(4月20日)と重なるので
没した翌年の承応<じょうおう>元年(1652年)のお正月からは
11日に変更になったという説が一番有力なお話です。

ちなみに「鏡開き」は武家以外での呼び方で
武家では「具足開き」と言って具足(甲冑のこと)
に供えていたお鏡餅をお雑煮にして食べる行事だったそうです。
武家での大切な行事の日だから、忌日を避けたいというお話は
なるほど~と納得できる説です。

ちなみに、この話をはじめて耳にした時
ぷくはマニアックにも歴代将軍の命日を調べたことがあったのですが、

家光の2代後の5代将軍家綱は1月10日没。
また9代将軍の家重は6月12日に歿したとのことなので、
もし、家綱があと1日長命だったら、
或いは家重があと1日短命だったら、
鏡開きの日もまたまた変わっていたのかも?と
勝手に想像してました。

あと、20日が月命日の将軍には
8代吉宗(6月20日)
14代家茂(7月20日)
とのことなので、
20日は徳川家にとっては忌日なのかも。。

特に江戸好きではないのですが
ついつい気になって調べちゃいました。

ここまで調べるのは、すごーい物好きだな~と自分でも思います。
でも、結構興味深い・・

あと、京都近辺では1月4日に鏡開きを行うところもあるそうです。
また、
「今でも1月20日に行う地方がある~」という情報はよく耳にするのですが、
実際に行われている地域については、
きちんとしたお話をぷくは聞いたことがありません。

「○○では1月20日でーす!」という情報、誰か教えて~!

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホウレン草と鮭のグラタンの作り方・レシピ 

Photo_2 
夫はまだ普通の食事はできないけど、柔らかいものなら食べられます。

今日は少し油のある料理が食べた~い!
と言うことで
トローリと味わうグラタンに。

毎日お粥など精進料理っぽいものだから油が恋しくなるのは当然かもね。

Dscn3346 下仁田ねぎと寒じめほうれんそうを使った
冬野菜のグラタンにしてみました。

たんぱく質系の素材は
食感の柔らかさと彩りで生鮭に決定!


お手軽度 ★★
調理時間
 50分

レシピ・作り方(2皿分)

続きを読む "ホウレン草と鮭のグラタンの作り方・レシピ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏がゆ ~ 中華粥の作り方 レシピ

まだ続くお粥生活。今度は鶏粥を作りました。
白粥に比べると、食べごたえのあるおかゆです。

お粥作りは炊飯器にお任せしているので、とても手軽にご飯を整えているこの頃です。

お手軽度 ★
調理時間 5分

Dscn3338

レシピ・作り方(2人分)

続きを読む "鶏がゆ ~ 中華粥の作り方 レシピ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

具沢山パスタスープ ミネストローネトマト抜き!

まだ夫が普通の食事をとれないから、
ショートパスタを使って主食を兼ねる野菜たっぷりのスープを作ってみました。

023


あったかだったので身体がとても温まりました。

とーっても具沢山のスープになりました!
主食も兼ねたスープとして、レシピに書いた分量をどっさり作ったけど、
4人でも充分食べられる量になりました。
野菜たっぷり、汁物なので満腹感アリなので、
ダイエット料理としてもお勧めです。

お手軽度 ★★
調理時間 約30分


レシピ・作り方(2~4人分)

トマトが今ダメな食材なので、トマト無しのミネストローネといった感じかな。

続きを読む "具沢山パスタスープ ミネストローネトマト抜き!"

| | コメント (0) | トラックバック (3)

人参粥

まだお粥暮らし続行中。野菜も一緒に調理しようと、にんじん粥を作ってみました。
載せるほどのメニューではないけど、お粥生活の思い出として載せておきます。
Dscn3327
炊飯器に入れてスイッチ入れるだけなので簡単です。

お手軽度 ★
調理時間 5分

レシピ・作り方(2人分)

続きを読む "人参粥"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

節約みそ汁~大根の葉と皮のお味噌汁

この時の献立の汁物です。
大根の皮と葉を具にしたお味噌汁です。
この料理で1項目使う程ではないのですが、一応。

Dscn3148年末年始、いっぱいお金使ったから
これから少しお財布の紐を引き締めて
節約しないと~と言うときにぴったりのメニューかも??

よく考えるとこの日の献立、いただきもののお魚以外は
激安の節約献立でした。。

お手軽度 ★
調理時間 10~15分
(干した大根の皮を戻すのに少し時間がかかるかも)

レシピ・作り方

続きを読む "節約みそ汁~大根の葉と皮のお味噌汁"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大根菜めしの作り方・レシピ

Dscn3133

年を越してしまいましたが、この献立の時に作ったご飯、
おなじみの大根菜飯です。

1本買いした大根に葉が少しついていたので、
残さず使いきりました。

写真に湯気まで撮れました☆


お手軽度 ★
調理時間 10分以内

レシピ・作り方

続きを読む "大根菜めしの作り方・レシピ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七草がゆ

今日、無事に夫が退院してきました~。
でもまだきちんとした食事がとれないので
退院1食目はおかゆです。

Nanakusa

年越そばもお節も「年末年始らしい」
食生活とは無縁で過ごしていたから
唯一食べられそうな「らしい」食事を
一足早く食べさせてあげようかな、
と思い七草粥にしたよ~

おかゆは炊飯器で作ったのでラクチン!

お手軽度 ★
調理時間 5分

レシピ・作り方(2人分)

続きを読む "七草がゆ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田作り ごまめ 

田作り

今年のおせち料理の田作りは電子レンジを使って簡単に作りました。
次回もこの方法で作ろうかと思ってます。

お手軽度 ★
調理時間 10分以内

0002_2

レシピ・作り方

続きを読む "田作り ごまめ "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮の初詣はご当地グルメの宝庫!

明治神宮の屋台料理はとにかく凄かった!

日本一料理が充実している初詣では??

写真見てみて~!

このページはこの記事の続きです・・

続きを読む "明治神宮の初詣はご当地グルメの宝庫!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治神宮へ初詣~08年のお正月

  あけましておめでとうございます。

前回からの続きで行くと、今日の内容は
大根の葉と皮を使った節約料理 になるので、
新年早々それはちょっとな~、と思い、
今日のブログは元旦の日記にしました~。

続きを読む "明治神宮へ初詣~08年のお正月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成20年のお節料理

あけましておめでとうございます。

ぷく一人のお正月なので、特に何もしないでおこうと思ってました。
(夫入院中。病院で年越し)

でも何もそれらしきものを食べないのも何だし~
お正月に料理するのも面倒くさいし~、と
ささっと作れるものだけ急遽31日の午前中に作りました。
時間のかかる煮しめはパス!
一人分なら、まあこんなもんでいいかな。

お花も一緒に写真撮影
Dscn3279_32

ぷくのおせち料理

出し巻き卵(伊達巻は面倒なので・・)
紅白菊花蕪
(普通の蕪と赤かぶで、
 菊花かぶを作りました)
田作り(レンジで作りました)
海老の照り煮
花蓮根

紅白蒲鉾(コレは切るだけだけど・・)
いくら醤油漬け(冷凍してたものを解凍)
栗きんとん(を茶巾風に盛り付け)
黒豆(重曹入れて煮ました)

あとは、お雑煮。。


レシピは書くほどのものないけど、
田作りは簡単にできたし、残しておくと
自分でも役立ちそうなので後で載せるかも・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
↑ブログランキングに参加中です。クリックしていただけるとぷくにポイントが入る仕組みです。
 よろしければお帰りがけにポチッと押して下さると非常に嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると

ぷく
も、ちょっぴり何かのお役に立てたようでとても嬉しいです・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »