« ワタリガニのトマトクリームパスタ | トップページ | 秋生鮭のムニエルの献立 »

鶏鍋~ローストチキンのお下がり料理

居酒屋ぷくぷく亭のお肉料理、
ローストチキンの身は食べて殆ど無くなりました。

でも、丸ごとの鶏を使った料理なので、骨が残ったの。
この骨を捨てるなんて勿体無いこと、ぷくにはできません。

食器の後片付けをしている間、鶏がらでスープをとっておきました。

このだしを使って翌日はお鍋にしました。
つくねも手軽に柔らかくできる方法で作ってます。

Dscn2551

鶏がらスープ
お手軽度 ★
調理時間
 火にかけるだけですが、時間は結構かかります。

鶏鍋
お手軽度 ★★・・・スープさえあれば、普通の鍋と同じです。
調理時間
 鍋料理にかかる時間

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックすると更なるレシピ情報へ

レシピはこちら

●鶏がらスープのトリは・・・

生の「鶏がら」からスープをとる時は、一度茹でたり、お湯をかけたりする
下処理が必要だけど、ローストチキンのお下がりは既に火が通っているので
この作業が省略可!だから、とっても簡単です。

●鶏がらスープの作り方
①鶏がらが丸ごと入る大きさのお鍋に、鶏がらがつかるくらいのたっぷりのお湯を沸かす。
②沸騰したら、鶏がらを入れ、弱火で40~50分以上煮る。途中アクをとる。
以上!ざるなどでこして使って下さい。

お水の量も大雑把で大丈夫です。(極端に多いと薄いスープになっちゃうけど。)
途中で水分が減ったら差し水をして下さい。

好みで香味野菜を入れてもいいよ~。

※鶏に食べられそうなお肉が沢山残っていたら、スープをとる前に取り分けて、
別な料理につかってね。食べられない部分だけで充分美味しいので。

●鶏鍋

とった鶏のスープは結局鍋にしました。
普通のスープや雑炊なども考えたけど、寒かったし、料理作るのも面倒だっかから。

材料 は適当だけどこんな感じでした。
鶏骨つきモモ肉。
鶏挽肉+れんこんでつくねに。
大根
人参
白菜
春菊
ねぎ
豆腐
えのき
最後はうどんでスープもほぼ終了

ポン酢でいただきました。
薬味は浅葱(ベランダ製)やゆずこしょうでした。

●ひとくちメモ
鶏は骨付き肉を使ってスープに更に旨みを加えました。
そして昆布も加えたので、鍋のスープだけでも絶品ものでしたよ!

鶏挽肉はすりおろした蓮根と、角切りのれんこんを混ぜてつくねにしました。
(つくねのレシピ、メモって無かったので、また作った時に載せます)

お下がり品の残り物料理とは思えない
凄く美味しい鍋でした。スープも何も残らなかった。。。
また、ローストチキン → トリ鍋 のローテーションを組みたくなりました・・
皆様にも是非ともオススメいたします。

にほんブログ村 料理ブログへ←ブログ村参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

|

« ワタリガニのトマトクリームパスタ | トップページ | 秋生鮭のムニエルの献立 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/9173853

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏鍋~ローストチキンのお下がり料理:

« ワタリガニのトマトクリームパスタ | トップページ | 秋生鮭のムニエルの献立 »