« カポナータ | トップページ | 穴子のソテー 赤ワインジンジャーソース »

ポルチーニ入り茸とツナのキッシュ

キッシュとは、そんな大変な・・・タルト生地作りが・・・と思うけど、
この生地はフードプロセッサーでガーッと、約1分で出来上がり!
とっても簡単なのでーす。
ホント感動ものです。
フードプロセッサーが無い場合は、冷凍のパイシートを活用するのがいいかも?

で、キッシュの中身は、ポルチーニがあったので使ってみました。
そして主婦らしく、ツナ缶全てを無駄なく使うレシピに・・・・。

お手軽度 ★★★ 生地作りは★だけど、やっぱり時間はかかるから、
       ★3つかな?
調理時間 1時間以上はかかります (生地を休ませる時間入れて)
作り置きOKです。(再加熱すればいいので)

写真

Dscn2519

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックすると更なるレシピ情報へ

レシピ(22cmタルト型1個分)

●材料
<タルト生地>
薄力粉  100g
バター  50g
塩    小さじ1/4
水    大さじ2

<アパレイユ>
乾燥ポルチーニ  6g
 ぬるま湯   大さじ2
マッシュルーム  1/2パック
玉葱    1/2個
ホウレン草 100g
ツナ油缶  小1缶(80g)
塩  小さじ1/4
こしょう 少々
A<卵 2個、生クリーム 100ml、塩・こしょう 少々>

●作り方
<生地作り>
①フードプロセッサーに全ての材料を入れ、混ぜる。
ひとかたまりになったら取り出す。ポリ袋に入れて、冷蔵庫で30分以上ねかせる。
②生地を型に敷けるくらいの大きさに伸ばす。型に敷く。(余分な生地は切り落とす。)
生地の底にフォークで穴をあける。
③生地の上にオーブンシートを敷いて重しをし、200℃に予熱したオーブンで10分焼く。
④あら熱をとる

<アパレイユ・詰め物作り> ~ <焼く>
④ポルチーニはぬるま湯につけ、戻す。あらく切る。もどし汁はこす。
⑤マッシュルーム、玉葱は薄切りにする。
⑥ほうれん草はゆでる。3cm程度に切る。
⑦フライパンにツナ缶の油を入れ、たまねぎを炒める。マッシュルーム、ほうれんそう、ポルチーニを加え、更に炒める。ツナとポルチーニの戻し汁を加え炒めて水分を飛ばす。
塩・こしょうする。冷ます。
⑧卵を溶き、Aを混ぜる。⑦を加えて混ぜる。生地に流しこむ。
⑨180℃に予熱したオーブンで18分焼く。

●ひとくちメモ
中身に、ベーコンやハム、チーズを使おうかと思ったけど、
ポルチーニの香りが負けちゃいそうだったから、味の出る素材はツナにしたの。
ぷくは、ツナ缶の油も勿体ないから炒めるのに使いましたが、
ノンオイルのツナを使う時は、サラダ油を炒め油に使って下さい。
そして缶のスープは勿体ないなら、ポルチーニの戻し汁と同じタイミングで
入れて炒めると良いと思いますよ~


タルト生地に使うバターは冷蔵庫から出したばかりのものを使って下さい。
(室温でやわらかくしておかないのがフードプロセッサーでのポイントです)
ポリ袋は、型の大きさにあった袋を使うのがオススメ。
袋のまま生地を伸ばすとラクチンでーす。

生地に薄い部分があったり、破れちゃったりした時は、切り落とした部分で
補修してね

ぷくはタルトの下焼きの重しにはお皿を使いました~。

ポルチーニの戻し時間は30分くらい?かな?

温めなおす時は、160℃ 10分くらいが目安です。

生地を下焼きしたところ

Dscn2503

生地を型に流しこんだ所

Dscn2506

焼きあがった直後
(生地が盛り上がってるの、分かるかしら?)

Dscn2507

冷めると生地が落ち着きます!

Dscn2519_2

にほんブログ村 料理ブログへ←ブログ村参加してます。クリックしていただけると、嬉しいです。

|

« カポナータ | トップページ | 穴子のソテー 赤ワインジンジャーソース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/9058769

この記事へのトラックバック一覧です: ポルチーニ入り茸とツナのキッシュ:

« カポナータ | トップページ | 穴子のソテー 赤ワインジンジャーソース »