« 赤ワインとあわせる魚料理の献立 | トップページ | 赤蕪のマリネサラダ »

ぶりのポワレ 赤ワインソース

タイトルは少しお洒落な名前にしてみたけれど、
ポワレとは言っても、フライパンで鰤を焼いた簡単家庭料理です。

ソースに赤ワインを使って、ワインと相性を良くしています。
お醤油も入れているから、誰でも食べやすい味だと思いま~す。

これから旬で、ますます美味しくなるブリ(鰤)は、
照り焼きのイメージがあるけど、洋風料理でも色々使えま~す。

お手軽度 ★★
調理時間 
20分

写真

07111100042 0711110004

・・・ソースの色がきれいに出てなくて、残念・・・

レシピ(2人分)

●材料
ブリ(切り身) 2切れ
 塩・こしょう
小麦粉     適宜
にんにく    1片
オリーブ油   大さじ1
バター     5g
赤ワイン    大さじ2
しょうゆ    大さじ1
<つけあわせ>
ほうれんそう  1/2束
バター     5g

●作り方
①ブリの切り身は好みで2~3つに切る。塩・こしょうする。約10分置く。
②つけあわせを作る。
 ほうれんそうは、ゆでて冷水にとり、水気を絞る。3cm程度に切る。
 フライパンにバターを熱し、ほうれん草を加える。バターが全体になじむまで炒め、
  取り出す。
③ぶりの水気をふき、小麦粉を全面に薄くつける。にんにくは、薄切りにする。
④フライパン(ほうれんそうで使ったものをそのまま使ってOK!)に
  オリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかける。
 香りがし、にんにくに薄い焼き色がつくまで熱し、にんにくを取り出す。
⑤フライパンにバターを加えて中火にする。
 ぶりを加え、全面を焼く。香ばしく焼けたら取り出す。
⑥ぶりを取り出したフライパンに、赤ワインとしょうゆを加え、
 ややとろみが出るまで加熱し、ソースを作る。
⑦皿にほうれんそうを盛り、その上にブリを盛る。ソースを添え、にんにくを飾る。

●ひとくちメモ

にんにくを加熱する時は、フライパンを傾けて油を一箇所に集め、
揚げるようにすると良いで~す。

ぶりの焼き時間は切り身の大きさにもよりますが、片面2~3分が目安で~す。

ソースに使った赤ワインはもちろん料理用のお手頃価格のものです。
飲むワインを使っても良いのでしょうが、
そんな勿体ないこと、ぷくにはできませんでした。。。

ほうれん草をゆでて使うのが面倒だったら、炒めてもOKですが、
その時はバターの量を増やして下さい。

つけあわせは、野菜も添えたかったのでほうれんそうにしましたが、
別に何でも構いませ~ん。

にほんブログ村 料理ブログへ←ブログ村参加してます。応援クリックしていただけると嬉しいです。

|

« 赤ワインとあわせる魚料理の献立 | トップページ | 赤蕪のマリネサラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/8891483

この記事へのトラックバック一覧です: ぶりのポワレ 赤ワインソース:

« 赤ワインとあわせる魚料理の献立 | トップページ | 赤蕪のマリネサラダ »