« 赤蕪のマリネサラダ | トップページ | はやとうり料理再び~隼人瓜(チャーテ)の煮物 »

むかごのバターソテー

ムカゴとは、漢字で「零余子」と書く、秋になると山芋の葉の付け根にできる
小さなお芋(球根)です。これを植えると、山芋ができま~す。

凝縮した山芋の風味が味わえる、秋の味覚です。

ぷくは冷蔵庫に入れて使い忘れて根が出たむかごを
プランターに植えたことがありま~す。
秋に小さな山芋が取れました~。

ぷくはまだ発見したことはありませんが(気をつけてないだけかも・・)
お散歩好きな方から伺った話では、都内の植え込みでも
比較的安易にムカゴを発見できるみたいです。

で、今回は新漬オリーブと一緒に、秋の味覚として食卓にのせようと思って
洋風調理のバターソテーにしました!
むかご、こんな料理の食べ方もおすすめですよ~。

お手軽度 ★
調理時間
 10分

写真

0711110003_2

レシピ

●材料
むかご 適宜
バター 適宜
塩・こしょう 少々

★分量がとてもいい加減レシピですみません。目分量で美味しくできると思います。
 ちなみに、今回ぷくが作った分量は、むかごが130g、バターが10gでした。

●作り方
①「鍋にバターを熱し、むかごを入れて炒める。
②ふたをして、むかごの中に火が通るまで加熱する
③塩・こしょうで調味する。

●ひとくちメモ
むかごは、皮つきのまま調理できます。よく洗ってから使って下さい。

今回は、小さめのものを「むかごご飯」用にし、残りのやや大きめの粒で作りました。
大きい粒なので、火が通りやすいように蓋をしましたが、
小粒なら蓋をしなくても火が通ると思います。

火の通り加減は、むかごに竹串を刺して、確認して下さい。

にほんブログ村 料理ブログへ←ブログ村参加してます。クリックしていただけると嬉しいです。

|

« 赤蕪のマリネサラダ | トップページ | はやとうり料理再び~隼人瓜(チャーテ)の煮物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/8891900

この記事へのトラックバック一覧です: むかごのバターソテー:

» ヤーコン レシピ [ヤーコンの栽培方法、料理の仕方、食べ方教えます。]
ヤーコンの芋ソテー料理方法 ヤーコン芋はよく洗って土を落とし、皮むき器などで皮をむき、酢水につけます。 ヤーコン芋をマッチ棒ほどの大きさの拍子木切りにし、再び酢水につけたあと、水気をきります。 フライパンを熱して、バター(10g)を溶かし、ヤーコンを強火で炒めます。 塩、こしょうをふり、さらに炒めます。(ヤーコンから水分が出てくるので、多いようであれば少し煮詰めます。逆に足りない場合は、日本酒を少々ふりかけましょう) 醤油を加えて火を止め、バター(10g)を溶かします。 味を...... [続きを読む]

受信: 2007年11月20日 (火) 15時52分

« 赤蕪のマリネサラダ | トップページ | はやとうり料理再び~隼人瓜(チャーテ)の煮物 »