« ひよこ豆のサラダ | トップページ | ポルチーニ入り茸とツナのキッシュ »

カポナータ

イタリアの野菜料理。
作り置き可能で、出来立てより冷めた方が美味しい
南仏料理のラタトゥイユとイメージがダブル料理です。
ぷくは、イタリア料理っぽい流れの時はカポナータ、
フランス料理っぽくする時はラタトゥイユと言ってるけど。

あと、個人的にはカポナータって言うときはビネガー使って、
ラタトゥイユの時はオリーブオイルをもっと使ったレシピにしているイメージが。

どう違うのか、カポナータとラタトゥイユの違いの正式な定義付けは知りません・・・

で、今回はこんな作り方にしてみました。

お手軽度 ★★
調理時間
 30分
●作り置きOKです!

写真

Dscn2524

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックすると更なるレシピ情報へ

レシピ(4人分)

●材料
なす 3個
 塩 小さじ1/2
玉葱  1/2個
セロリ 1本
トマト 1個
にんにく 1片
オリーブ(黒・種なし)  8粒
松の実     大さじ1
オリーブ油 大さじ1
A<砂糖小さじ1/2、塩小さじ1/3、こしょう 少々>
ワインビネガー 大さじ1

●作り方
①茄子は皮を縞模様にむき、2cm角に切る。
 塩をもみこみ、しばらく置く(約10分)。水気が出たらふきとる。
 油で薄く色がつくまで揚げておく。
②玉葱・セロリ・トマトは1.5cm角に切る。
 オリーブは半分に切る。にんにくはみじん切りにする。
③鍋にオリーブ油とにんにくを入れ、弱火にかける。
 にんにくの香りがしてきたら中火にし、たまねぎがしんなりするまで炒める。
 トマト、セロリを加えて、時々混ぜながら約10分煮る。
④オリーブ、松の実、Aを入れてさっと炒める。
⑤ワインビネガーを入れて、ひと混ぜしてから火を止める。

●ひとくちメモ
なすびの水気は絞らなくてもいいけど、そのまま揚げると危ないから
水気をふきとってから油に入れてね。

ビネガーを加えてから加熱しすぎると酢の風味が飛ぶので、
火を止める直前に加えて下さい。
ビネガーの酸味が好きな人は、火を止めてから加えてもいいと思います。

なすを揚げるの、ちょっと手間だけど、とってもおいしくなります。
揚げるの面倒だったら、玉葱と一緒に炒めてもいいかも。
炒める場合はオリーブ油の分量を増やしてね!

にほんブログ村 料理ブログへ←ブログ村参加してます。応援クリックしていただけると嬉しいです。

|

« ひよこ豆のサラダ | トップページ | ポルチーニ入り茸とツナのキッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/9050493

この記事へのトラックバック一覧です: カポナータ:

« ひよこ豆のサラダ | トップページ | ポルチーニ入り茸とツナのキッシュ »