« ポルチーニ入り茸とツナのキッシュ | トップページ | アクアパッツァ »

穴子のソテー 赤ワインジンジャーソース

居酒屋ぷくぷく亭の前菜です。
赤ワインにあわせる為、お魚系の前菜は火を通したものにしてみました。
穴子は洋食でも美味しく食べられますよ!
クセのないやさしい味で、焼くだけだから、意外に手軽で簡単で~す。
ぷくぷく亭では、お客様に出すと、珍しい!と結構ウケてます。
コツは、よーくヌメリをとって臭みを除くことです。

お手軽度 ★★(ぬめりを取るのがひと手間なので、★2つ)
調理時間 15分

写真

Dscn2537

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックすると更なるレシピ情報へ

レシピ(穴子2尾分)

●材料
穴子 2尾 (2尾で170gくらいでした)
 塩・こしょう 少々
小麦粉 適宜
サラダ油 大さじ2
<ソース>
しょうが汁 1/2かけ分
赤ワイン 大さじ2
しょうゆ 大さじ1/2
はちみつ 小さじ1

●作り方
①アナゴはよく洗う。皮の部分を包丁でこそげ、ぬめりをしっかり取る。
②食べやすい大きさに切る。塩・こしょうし、小麦粉を薄くまぶす。
③油を熱し、穴子の両面を焼く。
④ソースの材料をあわせ、とろみが出るまで加熱する。

●ひとくちメモ
アナゴの皮の部分のぬめりをしっかりとると、臭みは感じないと思います。
アナゴの身は丈夫だから、ぷくはジャブジャブを水の中でしっかり洗いました。
ぬめりをとった後、水分をふきとっておくといいかも。

焼くと、どうしても身が丸まってしまいます。
フライ返しなどで押さえながら焼くと少しはマシかも(←今回はしてません)

ぷくは穴子を焼いた時、バルサミコソースを添えることが多いのですが、
今日はちょっと違った味にしてみました。
バルサミコを煮詰めたソースもオススメです!

にほんブログ村 料理ブログへ←ブログ村参加してます。クリックしていただけると嬉しいです。

|

« ポルチーニ入り茸とツナのキッシュ | トップページ | アクアパッツァ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/9094052

この記事へのトラックバック一覧です: 穴子のソテー 赤ワインジンジャーソース:

« ポルチーニ入り茸とツナのキッシュ | トップページ | アクアパッツァ »