« アクアパッツァ | トップページ | ワタリガニのトマトクリームパスタ »

ローストチキン ~ クリスマスにもお勧め!

居酒屋ぷくぷく亭のお肉料理、ローストチキンで~す。
クリスマス料理ではないけど。
ピラフ風に炊いた雑穀ご飯をお腹に詰めて焼いてみました~!
丸鶏料理は思ったよりに簡単に作れて豪華に見えるから、
おもてなし料理にはいいですよ~。
もちろん、クリスマスメニューにも。

下ごしらえさえしておけば、オーブンが仕上げてくれるし・・・
焼き時間はかかっちゃいますが・・

お手軽度 ★★★ 焼き時間かかるから、やっぱり★は3つかな?
調理時間 60分以上

写真
盛り付けにルッコラとか添えようと思ってて忘れてました・・・

Dscn2542 Dscn2543_2

もう既にかなりお酒が入ってたので、こんな写真~
もう少し美味しそうに撮りたかったけど・・

にほんブログ村 料理ブログへ ←クリックすると更なるレシピ情報へ

レシピ(鶏1羽分)   

●材料
丸鶏 1羽(今回は1.2kgぐらいの大きさでした)

<雑穀ピラフ>
米 1/2合
雑穀ミックス 50g
玉葱 1/4個
くるみ 25g
バター 10g

<ハーブバター>
バター  40g
エルブドプロバンス 小さじ1/2
にんにく  1片
人参の葉  1枝
塩     小さじ1/3
こしょう  少々

<つけあわせ>
じゃが芋 4個
玉葱    2個
人参    小4本

●作り方
<ピラフを作る>
①米はといで炊飯器に入れ、1/2合分の水をはる。雑穀を加え、水を60ml加える。
②玉葱は1cm角に切る。くるみは粗く割る。炊飯器に加える。
③バターを加える。スイッチを入れて炊く。
④炊き上がったら、塩・こしょう少々を加えてかき混ぜ、味を調える。

<ハーブバターを作る>
①バターを冷蔵庫から出し、柔らかくする。
人参の葉はみじん切りにする。にんにくはすりおろす。
②バターが柔らかくなったら、材料を全て混ぜ合わせる。

<つけ合わせの下ごしらえ>
①じゃがいもは皮をむき、2つに切る
②玉葱は、皮付きで4つに切る
③人参は皮をむく。太ければ半分に切る。

<鶏の準備~焼くきあがり>
①鶏肉のお腹の中と表面を洗い、水気をふきとる。
②皮と身の間に、ハーブバターをゴムべらなどで塗る。(濡れる部分と分量だけでOK)
③お腹にピラフを詰める。
④竹串や爪楊枝を刺し、お腹の穴を閉じるように形を整える。手羽は背中側に回す。
 鶏の表面にハーブバターを薄く塗る。
⑤オーブンの天板に網をのせ、胸が上になるようにして鶏を置く。
⑥周りにつけあわせを置き、ハーブバターをのせる。
⑦200℃に予熱したオーブンで、40~50分焼く。

●ひとくちメモ
・丸鶏の扱い方は、こちらのページを参考にするといいかも!
http://www.jidori.net/recipe/howtoroast.htm
 とても丁寧に解説なさっています!

・今回は天板の上に網を置いて、全体にカラリと焼きあがるようにしてみました。
(網がなければ、天板にオーブンシートを敷き、鶏を置いても勿論大丈夫です!)
 オーブン用の網に付け合せの野菜を置くと落ちてしまうので、
 今回は耐熱皿に野菜を入れて、バターをのせて焼きました。
 バターが流れてしまうことがなかったので却って良かったかも!

・じゃがいもや人参は皮つきのまま焼いてもOKです。
・今回の人参は細かったので丸ごと焼いたけど、太いものは半分に切った方がいいかも。

・バターに混ぜるハーブは正直何でも、好みのものでOKです。
 エルブドプロバンス(プロバンス風ハーブミックス)があったので使いました。
 また、パセリを入れようかと思いましたが、人参が葉つきのものだったので、
 それを活用しようとパセリ代わりに刻んで使ってみました!

・鶏のお腹の詰め物、面倒なら、無くても勿論OKで~す。
 また、他の何かをお腹に詰めてローストチキンを作るのであれば、
 既に加熱して食べられる状態になっているものを詰めて下さい。
 (火が通り難いので)

・ローストチキンは、しっかり味をつけるのは案外難しい料理です。
 皮の表面に調味料をよくすりこんで味をなじませる。
 &ソースを作ってつけて食べる という方法が多いです。
 今回は皮と身の間にハーブバターを入れて、味つけしてみました。
 バターの塩気とハーブの香りがついて、ソースなくても美味しくいただけましたよ~。

・ハーブバターが余ったら、パンに塗って焼くと良いですよ!

・鶏の骨からはとっても美味しいスープがとれるので、捨てないで使ってね!
 →ぷくはお鍋にしました。

●オーブンの温度・焼き時間について
居酒屋ぷくぷく亭のオーブンはガスオーブンです。
温度・時間はこれで作った目安です。
オーブンは機種によってクセが違うといわれています。
小型の電気オーブンの場合、ガスより10~20℃高い設定にするといいみたいです。
参考にして下さい。

焼き上がりは肉汁が澄んだ色ならOKです。

にほんブログ村 料理ブログへ←ブラグ村参加中。クリックしていただけると嬉しいです。

|

« アクアパッツァ | トップページ | ワタリガニのトマトクリームパスタ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/9058456

この記事へのトラックバック一覧です: ローストチキン ~ クリスマスにもお勧め!:

» ハーブ 焼き [ハーブ図鑑]
ローストチキン ~ クリスマスにもお勧め!ハーブバターが余ったら、パンに塗って焼くと良いですよ! ・鶏の骨からはとっても美味しいスープがとれるので、捨てないで使ってね! →ぷくはお鍋にしました。 ●オーブンの温度・焼き時間について 居酒屋ぷくぷく亭のオーブンはガ..... [続きを読む]

受信: 2007年12月 2日 (日) 22時21分

« アクアパッツァ | トップページ | ワタリガニのトマトクリームパスタ »