« きのことドライトマトの小皿 | トップページ | カレーライスの献立 ~親孝行編 »

たらこの数え方は「タラコ唇」を想像して・・・?

たらこパスタのレシピの材料に載せている

たらこの1/2腹、さてどれくらいの分量でしょうか?

最近のタラコは「1個」「1本」「1つ」と数えられることも多いですが、
そもそもの昔からの数え方は「腹」。
一腹(ひとはら)、二腹(ふたはら)と数えます。

一腹とは、1尾のタラのお腹の中に入っている数のことで、
薄皮に包まれた袋が2つあるのでこれが1単位となり、一腹です。

(めちゃイケの「数取団」で出てきたことはあったのかな~!?)

もしかして今は、お魚をさばく機会も減っているので、
タラコの一腹の状態がよくわからない人もいるかも~。

ところで、「たらこ唇」と言う表現は、
「くちびる」は上と下が一組なのが当たり前なので、
タラコの単位が一腹なのが常識だった時にはじまったのね・・・
と私は勝手に想像していますが、
そのうちタラコ唇を見て、たらこの本来の姿を想像しなさいネ!ってコトがあるかもね・・

とにかく、「たらこ」は「くちびる」と同様、2つが1組なので、
今回のレシピの1/2腹は、
1本のたらこ だと思って下さ~い。
gにすると、だいたい40~50gです。

ちなみに、たらこ一腹の卵の粒の数は大きさにもよるけど
20万~150万粒だとか・・・

|

« きのことドライトマトの小皿 | トップページ | カレーライスの献立 ~親孝行編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/8732840

この記事へのトラックバック一覧です: たらこの数え方は「タラコ唇」を想像して・・・?:

« きのことドライトマトの小皿 | トップページ | カレーライスの献立 ~親孝行編 »