« キムチじゃが芋 | トップページ | 健康診断前夜の献立 »

はやとうり(隼人瓜) ・チャーテ

はやとうりって今までも何度か聞いたことがあって、気になっていた食材です。   

はやとうりとは、
主に鹿児島をはじめとする九州の南部でよく食べられている。
沢山実が成るので千成瓜(せんなりうり)とも言われる。
白い色と緑のものがあるらしい。
日本では鹿児島ではじめに栽培されたので、薩摩隼人の隼人が名前の由来。
高知県の方ではチャーテと呼ばれる。

って話は、以前にどんなものかと調べた時に得た知識だけど、

料理をしたのは初めてでした。

調理したのはこのコです。

Uri0001

クセがなくってとっても食べやすかったので、
次回手にしたら、食べ方は漬物か酢の物にしようと思いました。

タイ料理のソムタムのパパイヤの代わりに使っても美味しそうな気がしました。
どなたか、是非試してみて!

この時作った料理をこちらにも載せて、
その後にも料理を幾つか追加して
(浅漬、酢の物、ピクルス、マーボー、そぼろあんかけ、ベーコン炒め)
記事をまとめてみました・・・

気長に記事を下までスクロールして見てみて下さい

●はやとうりと豚肉の炒め物

隼人瓜の炒め物の中華風献立(写真はこちらで)
の主菜おかず!

はやと瓜(隼人瓜)は、先日お出かけした時に、
とあるお店の前に、「ご自由にお持ち帰り下さい。」
と、夢のような表示が!

ちゃっかり1個、有難くいただいてきちゃったの~!

食べ方、どうしよう?と調理法を迷いましたが、炒め物にしました。

お手軽度 ★★
調理時間 20分

写真はこちら

Uri0006

レシピはこちら(2人分)

●材料
はやとうり 1個
豚バラ薄切り肉 100g
 A<酒・醤油 各小さじ1>
ピーマン  3個(今回は、青1個・赤2個)
長ネギ  1/2本
B(オイスターソース・酒 各大さじ1)
サラダ油 大さじ1

●作り方
①豚肉は、3~4cmに切り、Aをもみこみ、下味をつける
②ハヤトウリは、縦4つに切り、皮をむき、種とわたをとる。7~8ミリ厚さに切る。
③ピーマンは種をとり、食べやすい大きさに切る。長ネギは斜め薄切りにする。
④中華鍋に油を熱し、豚肉を入れて炒める。色が変わったら、はやとうりを入れ、いためる。
⑤ピーマン、長葱を入れ、更に炒める。
⑥Bで調味する。

●ひとくちメモ
はやとうり(隼人瓜)を料理するのは初めてだったのですが、美味しくいただけました。
浅漬けやお漬物にしようか、炒め物か迷ったけど、
折角なので、食卓のメインのおかずで食べたくて、炒めものにしました。
同じウリ科の「胡瓜」や「冬瓜」を炒めた時とは、
一味違う味わいと食感でした!
クセのない味で、歯ざわりが心地よかったです。
2個いただいておけば良かった・・・残念!

豚肉はバラ肉がハヤトウリにはあっていると思いましたヨ。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

・・と、前回書きましたが、
新たに「はやとうり」を入手しましたので、
更に内容を補足しま~す。

ぷくがした下ごしらえはこんな感じです。

今回入手したのは、白と緑の半分ずつ。

0711050002

大小あるけど、下の写真のものの重さを量ったら、
1個250gが平均の大きさって感じでした。

0711050003

割ってみたらこんな感じ

白い方

0711050005

緑の方
0711050010 

色は違うけど、調理法は区別なく使えそうです。

下ごしらえは、わたと種をとって、皮を剥きました。
皮は、ついたまま料理していることもあるみたいですが、
今日使ったのは、皮つきだと、口当たりが良くない感じだったので剥いて使いました。

表面が凸凹してます。皮むき器を使うと、剥くのが楽で~す。

わたと種と取ったところ

0711050006_2

0711050011

白い方は、やや未熟だったので、
料理によってはワタと種をつけたまま使えるかも知れません。
緑の方まで熟してたら、除いた方が良い感じでした。

生でかじってみたら、強いアクはないけど、若干渋みがある気がしたので、
そのまま沢山食べるのはちょっと難しいかも、とぷくは思いました。。。

栄養成分的には100gのエネルギーは20キロカロリーと僅かです。
シャキシャキした食感は食べ応えがあるので、
油を使わない料理はダイエットにもおすすめ!です。
また、緑色の種類には、若干カロテンが含まれています。

で、簡単!はやとうり料理を4品作りました
レシピはこんな感じです。

はやとうりの浅漬

とにかく簡単!手許にはやとうりがあって、どう料理しようか迷ったら、先ずこれを作ってみては?ハヤトウリがどんな味の野菜か、よくわかる料理なので、オススメです。

はやとうり三昧の献立(内容はこんな感じ)
の一品目、浅漬けです。

要するに塩もみしただけ!
一番簡単な食べ方かも!?

クセのない味だったので、箸休めとして、どんな時にも相性がよい味でしたよ!

お手軽度 ★
調理時間 15分

写真

0711050016
白い方で作りました!

レシピ(1~2人分)
●材料
はやとうり  1/2個
塩      小さじ1/4

●作り方
①はやとうりは、種とわたをとり、皮をむく。

写真は上を参照してね

②薄切りにする。 

0711050007

③塩をもみこみ、重しをして しばらく(10~15分)置く。

 ビニールに入れて、よくもんで塩をなじませると楽です!

0711050008

0711050009

④しんなりしたら、水けを絞り、器に盛る。

●ひとくちメモ
塩もみをして水気をしぼると、はやとうりの渋みが抜け、とても食べやすくなった気がします。

塩もみすると、かさが減るので、2人で1個でもペロリと食べられると思いますよ!

薄味なので、物足りないと思った場合は、醤油少々をかけたり、七味などの香辛料を添えたりして食べて下さ~い。

はやとうりの酢のもの

こっちもはやとうりの簡単レシピです。手軽な和食の一皿としておすすめです。

はやとうり三昧の献立(内容はこんなのです)
の二品目、酢の物です。

これも簡単メニューです!

お手軽度 ★
調理時間 約15分

写真

0711050017

緑色で作りました。

レシピ(2人分)

●材料
はやとうり 1/2個
 塩水(水  200ml、塩  小さじ1)
しょうが  少々
甘酢
 砂糖 小さじ1
 酢  小さじ4
 水  小さじ2
 塩  少々

●作り方
①はやとうりは、種とわたをとり、皮をむく。
②薄切りにする。(ココまでは浅漬けと一緒です。)
③塩水を作る。はやとうりがしんなりするまでつける。(15分程度)水気を絞る。

<こんな感じにつけました>
0711050013

④しょうがは、細く切る。
⑤甘酢の材料をあわせる。はやとうりをあえる。
⑥器に盛り、しょうがを添える。

●ひとくちメモ
はやとうりは塩もみをするのではなく、塩水に浸しています。(「立て塩」という手法です。)塩水につけると、塩分を満遍なく均一に行き渡らせることが出来ます。
酢の物には立て塩があっている気がして、この様にしました。
もちろん、塩もみでも大丈夫です。塩もみにする場合は「浅漬け」(こっちを見てね)
での方法をご覧下さい。

甘酢の水を「だし」に替えると、より美味しく食べられます。

※すし酢があったら、甘酢代わりに使ってもいいかも~

今回、本当は「みょうが」を飾りたかったのですが、非常に高かったので
(1パック3個入りが300円超!)針しょうがにしました。
茗荷が手に入る人は是非使って下さい。
彩りが断然違い、赤い色がとても映えると思いますので。

はやとうりのレンジピクルス

電子レンジで作る料理です。しかも作り置きOK!の一品です。

はやとうり三昧の献立(内容はこんなのです)
の三品目、隼人瓜のピクルスです。

これも簡単メニューです!

お手軽度 ★
調理時間 約10分

写真

0711050018

緑色と白色、半分ずつで作りました。

レシピ(2人分)

●材料
はやとうり 1個
きゅうり   1本
A 砂糖 大さじ2
  酢  大さじ4
  水  50ml
  塩  小さじ1/2
  赤とうがらし 1本

●作り方
①はやとうりは、種とわたをとり、皮をむく。7~8mmに切りる。
②きゅうりは、縦j半分に切り、瓜と同じくらいの厚さの斜め切りにする。
③深めの耐熱容器にAをあわせ、はやとうり、きゅうりを入れる。
  ラップで落としぶたをし、更にラップをかける。

  <こんな感じで耐熱ボールに入れました。>

0711050014

④電子レンジ(600W)で約5分加熱する。
⑤あら熱がとれたら、冷蔵庫で保管する。

●ひとくちメモ

丁度、きゅうりが1本あったので、一緒に使ってみました。
(瓜尽くしの料理になりましたー)
にんじんや赤・オレンジのパプリカを使うと彩りも鮮やかでより良いと思います。

酢が入っているので、きゅうりやはやとうりの緑種の色がやや悪くなってしまします。
気になるようであれば、緑色のものは使わない方がいいと思います。

やたらと目立つ「赤唐辛子」はバルコニーで主人が育ててくれたものです!
晴れ舞台を用意してあげようと思い、今回の登場となりました!

<保存容器に入れて冷蔵庫に> 
  ・・・ぷくはお弁当のおかずにも使いました。結構イケましたよ。

0711050020

マーボーはやとうり

はやとうりを使ったメインのおかずにいかが?
想像しやすい味で、誰でも抵抗なく食べられると思いまーす!

はやとうり三昧の献立(内容はこんなのです)
の主菜のおかず、炒めものです。その名もマーボーはやとうり!

これも、簡単メニューですよ!

お手軽度 ★★
調理時間 約15分

写真

0711050019_2

緑色のはやとうりで作りました。

レシピ(2人分)

●材料
はやとうり   1個
 塩     小さじ1/4
豚ひき肉  120g
長ねぎ   1本
しょうが  1かけ
にんにく  1片
豆板醤   小さじ1
サラダ油 大さじ1
A <水 1カップ、砂糖 大さじ1/2、しょうゆ 大さじ2、酒 大さじ1、中華スープの素 小さじ1>
水溶き片栗粉(片栗粉・水 各大さじ1)

●作り方
①はやとうりは、たねとワタをとり、皮をむく。7~8mmに切る。塩をふり、10分ほど置く。水気をきる。
②ねぎ、しょうが、にんにくはみじん切りにする。Aをあわせる。
③鍋に油を熱し、しょうがとにんにくを入れ、弱火にかける。香りが出たら中火にし、豆板醤、ねぎを加え、いためる。
④ねぎがしんなりしたら肉を加え炒める。肉の色がほぼ変わったら、はやとうりを加え、1~2分炒める。
⑤Aを加え、はやとうりがやわらかくなるまで約4分煮る。
⑥水溶き片栗粉を加えて手早くまぜ、全体にとろみをつける。

●ひとくちメモ
市販の麻婆豆腐や麻婆茄子の素を使うと、もっと手軽に作ることができます!

はやとうりは2人分で1個使いましたが、この分量で1.5個使っても良いと思います。

今回は、はやとうりに塩をして、アクを抜くのと同時に
水分も減らし、水っぽい仕上がりにならないようにしました。

はやとうりは、下ゆでしてから使うことも考えましたが、
鍋1つで作れる方がいいな、と思って、こういう作り方にしました~。

つけあわせに、もやしと小松菜があったので、ゆでて一緒に盛ってます。
あんまりお洒落じゃなかったけど・・・

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

はやとうり料理またまた参上!

こんなのも作ってみたよ~

●はやとうりのそぼろあんかけ

余ってたハヤトウリで新たな料理を試してみたので、またまた追加させて下さい。

本当は、「海老あん」や「蟹あん」とかにした方が、彩りも良くって
いいんだろうな~と思ったんだけど、
先ずは「作りやすい素材で出来る料理・・」ってコトに絞って、今回は鶏挽肉を使ってます。

ぷくの勝手なイメージなんだけど、はやとうりとお肉をとりあわせるなら
炒め物は豚肉、煮物は鶏肉が合っている感じがしました。

写真

Dscn2445 Dscn2445_2_3

白い方で作りました。

●材料
はやとうり 1個
A(だし 1カップ、みりん・酒 各大さじ1、うすくち醤油 小さじ1、塩 小さじ1/4)
とり挽肉  50g
生姜汁   1かけ分
B(酒 大さじ1/2、塩 少々)

水溶き片栗粉(片栗粉 小さじ1、水 小さじ2)

●作り方
①はやとうりは種とワタをとり、皮をむく。2cm角程度に切る。下ゆでする。
(茹で時間は2分くらい)
②鍋にAをあわせ、煮立てる。はやとうりを入れ、柔らかくなるまで約15分煮る。
火を止める。
③鶏挽肉にしょうが汁とBを加えてよく混ぜ、肉をほぐしておく。
④ハヤトウリの鍋に鶏挽肉を加え、かきまぜてほぐしながら加熱する。肉に火が通ったら、水溶き片栗粉でとろみをつける。

●ひとくちメモ
下茹ではしなくてもいいかも知れませんが、冬瓜はそうした方が上品な味になるので、
ハヤトウリでもぷくは下茹でをして使ってみました。面倒なら省いていいと思います。

作り方②ではやとうりを煮る時、煮汁が蒸発して減りすぎない様に、注意して下さいね~。

作り方③の鶏挽肉を加える時、面倒でなければハヤトウリを鍋から一度引き上げた方が作業は結局楽です。煮汁が熱すぎると鶏肉がそぼろ状にほぐれず固まってしまうので、気をつけて下さい。

素材の色を生かした料理に仕上げたかったので、調味にはうすくち醤油を使いましたが、濃口醤油でももちろん大丈夫ですよ~。

ぷくは薄味好みなので、このままの調味料で作ると結構優しい味に仕上がるかも。
鶏肉を加えた後に味見して、物足りないな~と思ったら、塩か醤油を足して好みの味に調整してね~。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
そしてまた、はやとうり料理として、
はやとうりとベーコンの炒め物
Dscn2856_1_3 

 の記事を追加しました。

この下に追加すると長~くなるので、
レシピ・作り方はこちらのページで
見てみてね!

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

で、また調子に乗ってはやとうり料理を追加しました
はやとうりのタイ風サラダ(ソムタム風)
Dscn6789_2
作り方・レシピはこちらのページで見てみてね


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

そして、また性懲りも無く、はやと瓜料理を追加しました
はやと瓜の柚子胡椒あえ

Dscn6846_2

レシピ・作り方はこちらのページに載せていま~す!

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

更に、またハヤトウリ料理を加えました。
はやと瓜の金平 胡麻味噌風味

Dscn6900_1

レシピ・作り方はこちらのページに載せていま~す!


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

またまた、隼人瓜料理を作りました。
はやとうりのスープカレー風

Dscn0859_1_2

レシピ・作り方はこちらのページにのせてま~す

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

また調子にのってハヤトウリ料理作りました
隼人瓜と林檎とクレソンのサラダ

Dscn0886_1

レシピ・作り方はこちらのページののせていま~す。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

またまたハヤトウリ料理を追加!

ワインのおつまみ用に作りました。
作り置きができるので、お弁当に入れたりもしてます。

ハヤトウリとカリフラワーと林檎のピクルス
  蜂蜜レモン風味


Photo_6

レシピ・作り方はこちらのページにのせてま~す!

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

またまたハヤトウリ料理を追加!

簡単洋風料理を作りました。

はやとうりのチーズ焼き
  
Photo

  

レシピ・作り方はこちらのページに載せてま~す!

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

またまた隼人瓜料理を追加

お鍋で煮るだけの簡単料理

隼人瓜と大根のポトフ

Photo_2

レシピ・作り方はこちら~!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

海外(フィリピン)のハヤトウリ料理

そして、フィリピンのセブ島に行ったら
「はやとうり」(現地ではサヨテ)を見かけたので、
思わず、料理を作ってもらいました。
(食材を選んで、好きに料理してもらうお店です)




その時の記事はコチラのページにのせてま~す!



また、現地で食べた
八宝菜っぽい料理にも
はやとうりが入っていました
  




その時の記事はコチラのページにのせていま~す!


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

海外(メキシコ)のハヤトウリ

そして、メキシコのカンクンに行ったら

はやとうりを使ったと思われる料理が
ビュッフェで登場しました。

2010_05020043_2


その時の記事はこちらで~す!



スーパーに行ったら
「Chayote」という名前で
(チャーテと発音するのかな?)
山積みで売られていました

2010_05040228_3

その時の記事はこちらのページ参照



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

これからも、まだまだ「はやと瓜」関連の記事を追加するつもりで~す!

また何かあれば追加で載せていきますね~!

   

にほんブログ村 料理ブログへ←ブログ村
参加してます。クリックしていただけると嬉しいです。

イーココロ!クリック募金
↑こちらはクリック募金です。
1クリックで1円の募金できるサイトが開きます!
こちらに立ち寄られたついでに、募金をなさって下さると、
ぷくも、ちょっぴり何かのお役に立てたるようでとても嬉しいです・・

|

« キムチじゃが芋 | トップページ | 健康診断前夜の献立 »

コメント

地域の農業祭で、初めてはやと瓜を買ってきました。食べたことがなかったので、パソコンで、料理の仕方を、検索しました。
ぷくさんが詳しく、書いておられたので、
早速試してみます。形も何となくユーモア的で、可愛いですね。買ってきたのは、白い瓜です。

投稿: 伊丹圭以子 | 2007年11月11日 (日) 13時40分

>伊丹様
コメントありがとうございま~す。
ぷくも、はやとうりを調理したのは今年が初めてでした。
伊丹家で、美味しく食べてもらってたらいいな~、と思います。

面倒なら、お味噌汁の具にしても美味しく食べられると思いますよ~。

日持ちもするようなので、色々試してみて下さいね~

投稿: ぷく | 2007年11月11日 (日) 20時59分

はじめまして。旦那が会社の人から変な野菜らしきものをもらってきて、「なんだこれは?」と思っていたのですが、それが「はやと瓜」であることを知り、今レシピを探していました。豚肉との炒め物はとてもおいしそうなんで、明日にでも作ってみますね~。

それにしても、ぷくさんのはやと瓜レシピ、すごい量ですね。これからもたまに遊びに来ますので、よろしくお願いします♪

投稿: perrot | 2007年12月 4日 (火) 23時45分

>perrot様
コメントありがとうございます!
はやとうり、ぷくもはじめは変な形だな~
と思いました。
料理してみると見かけによらず(?)
素直な野菜だったので、気に入りました。
また見つけたら、レシピを増やして行きますね~

投稿: ぷく | 2007年12月 5日 (水) 23時50分

素晴らしい。

ハヤトウリには何度も挑戦したのに、全て思い通りに行かなくて悩んでいました。
「皮を剥かなくて良い」の一言が頭に残り、どうしてもこの固い皮が邪魔でした。
こちらで見て、皮を剥く事でパッと開けました。さっそく麻婆ハヤトウリを作り、浅漬けも試しました。
美味しかったです。

投稿: デンスケ | 2007年12月 7日 (金) 09時50分

>デンスケ様
お褒めの言葉、ありがとうございます。
この項目、見ている方は多いみたいですが、
「美味しかった」のお言葉は初めてですので、大変嬉しく思います。
はやとうりの皮は、ブログの本文にも書いていますが、人参や大根やリンゴの皮と同じ、剥かなくても食べられるけど、熟度や作る人の好みや料理によって臨機応変に対応すればいいのでは、と思いました。

投稿: ぷく | 2007年12月 8日 (土) 00時41分

今年もあと3日というのに、台所の隅に転がっていた隼人瓜を発見!
いただいた時に、使い道を教えてもらったはずがすっかり忘却の彼方。このままごみ箱?となりかねませんでした。

ぷく様ありがとうございます。早速今夜豚肉と炒めてみます。
安心して年が越せそうです。 61歳むんぷす

投稿: むんぷすまま | 2007年12月29日 (土) 16時17分

>むんぷすまま様
コメントありがとうございます!
はやとうりは、日持ちするみたいなのでまだまだ食べられると思いますよ~。
捨てずに良かった~と思っていただけたらとても嬉しいです。

投稿: ぷく | 2007年12月30日 (日) 10時20分

はじめまして。
沢山の隼人瓜レシピ、見せていただきました。隼人瓜はこうじ漬けしか食べたことが無かったのですが、あまりに食感が良くて止められなくなった事があります。coldsweats01
つい最近も、糠漬けにして食べてたところです。(^^)
漬物以外知らなかったので、さっそくぷくさん紹介のマーボー豆腐を試して見ますね。

投稿: 華野 | 2008年10月28日 (火) 08時09分

>華野さん
コメント、ありがとうございます!

私は隼人瓜のこうじ漬けやぬか漬けはまだ食べたことないのです・・
食感、凄くよさそうですよね~
味噌漬けか醤油漬けを今度作ってみようかな、と思います。

投稿: ぷく | 2008年10月28日 (火) 19時41分

はやとうりを趣味で栽培しています。今年も食べきれないほど収穫できています。
はやとうりは気付かないとかなり大物に成長してしまい、皮が固くなってしまいます。ですから、堅くなる前にできるだけ収穫して食べています。食べ方は、豚肉との炒め物、浅漬けが主ですが、ぷくさんのレシピをぜひ参考にして他の料理にも挑戦したいと思います。ゴーヤチャンプル風なんか合うと思うのですがどなたか作られた方いませんでしょうか?

投稿: | 2008年11月 5日 (水) 13時10分

はじめましてhappy01
いつもハヤトウリをたくさんいただくのですが、料理方法がわからず、片っ端から甘酢漬けにしてました。
ぷくさんのレシピを見て、炒めて良し、茹でて良し、いろいろ試してみたくなりました。
参考にさせていただきます。ありがとうございました!

投稿: t | 2008年11月 9日 (日) 22時09分

>tさん
わざわざコメントありがとうございました
私も栽培してみたいけど、
マンションでは無理ですよね・・

色々試してみたい料理はあるものの、
遅々として進みませんが
また何か良さげなのができたら
載せていきます・・

投稿: ぷく | 2008年11月 9日 (日) 23時56分


隼人瓜ってホント美味しいですよね。
歯ごたえといい♪

クセがあまりないから、漬物、鍋、バター炒めやいろいろな料理に使っています。

今年は苗から育てていたのですが、ツルは伸びるのにいっこうに実がならない・・?

と心配していたのですが、秋にいっきに実ができた時はホント嬉しかったです!

投稿: とも | 2008年11月12日 (水) 00時12分

>ともさん
コメントありがとうございます!

どんな料理ともあう素直な味だと
私も思います。

はやと瓜育ててらっしゃるのですね~
私もますます育てたくなってきました・・・

投稿: ぷく | 2008年11月12日 (水) 23時08分

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉーはじめまして。はやとうり・・高知ではチャーテといいますが、炒めたことぐらいしかなくてとても参考になりました。確かにくせはないように思いますが、炒めたことしかない私にとってサラダにしたりという発想がすごいなと思い、驚きの連続です。

投稿: ととろ | 2008年12月15日 (月) 16時06分

>ととろさん
コメントありがとうございます!

サラダの中でも、タイ風のサラダにすると、格安なのに、とってもお高いものを食べている気になれて、私は嬉しかったで~す。
来年にならないと、もう食べられないのが残念・・・

投稿: ぷく | 2008年12月16日 (火) 00時06分

こんばんわ。
私たちの病棟では、毎年はやとうりを育てています。というか、勝手に生えています。

花にハチが来るので、ハチの来ない時間に収穫します。スタッフで持ち帰っているので、タダで手に入ります。
 
ただ、調理法があやしく、各々がピクルスや味噌汁という無難なものを作ったという話です。ぷくさんのはやとうりへの愛情に感服。

私ははやとうりちゃんぷるーが美味でした。お試し下さい。

投稿: ぽち | 2009年10月15日 (木) 20時22分

>ぽちさん
コメントありがとうございます
今年もそろそろハヤトウリの季節なのですね。

今年は、見かけたらチャンプルーを作ってみようと思ってました!
試してみますね~!

投稿: ぷく | 2009年10月16日 (金) 01時08分

はじめまして
夫が道の駅で隼人瓜を買ってきました。店の人がコラーゲンたっぷりで美肌になると言ってたとのこと??調べたらコラーゲンは不明ですが、美肌にはいいようです。それと抵抗力もつくとのこと。ブタ肉炒めと漬物にして、新型インフルエンザに立ち向かいます。

投稿: きくみみ頭巾 | 2009年10月16日 (金) 19時33分

>きくみみ頭巾さん
コメントありがとうございます!
コラーゲンは・・・たんぱく質の一種なので、ハヤトウリに豊富に含まれていることはないと思いますが、美肌にいいなら、私も沢山食べないと!

投稿: ぷく | 2009年10月18日 (日) 00時55分

こんにちわ、はやとうり…。
僕の近所にて「2個100円」で売られております。

プチトマトやキューリや玉ねぎも100円で売られていて、とっても元気な野菜と言う感じです。

あくる日、この瓜が「でーん」とおかれて売られておりました。

とても大きくて美味しそうなのですが、あんまり売れていない様だし、レシピが分からないしと言う事で買いませんでした。

でも、何だかとっても美味しそうな「うり」なので、レシピを探していたらココに辿り着きました。

瓜を半分にした写真、結構参考になりました。

詳しいレシピをありがとうございます!

投稿: eison | 2009年10月26日 (月) 20時45分

>eisonさん
コメントありがとうございます!
記事が参考になって嬉しいです。

私は今年はまだはやと瓜を食べていないので、どこかで売っていないか探しているところです~!

投稿: ぷく | 2009年10月27日 (火) 21時03分

お友達から譲ってもらった野菜。
ナンだろう、と思って
「冬の野菜」で検索しておじゃましました。
そしたらなんと豊富なレシピのご紹介!!
本当にありがたかったです♪
ありがとうございました!

投稿: 今日子 | 2009年11月22日 (日) 17時23分

お友達から譲ってもらった野菜。
ナンだろう、と思って
「冬の野菜」で検索しておじゃましました。
そしたらなんと豊富なレシピのご紹介!!
本当にありがたかったです♪
ありがとうございました!

投稿: 今日子 | 2009年11月22日 (日) 17時23分

>今日子さん
コメントありがとうございます~!

「冬の野菜」でココが検索できたなんて凄いですね!びっくりです!

何か参考になってくれたらいいな~、と思います。

投稿: ぷく | 2009年11月24日 (火) 01時00分

実家から大量に隼人瓜がきて困っていたらここを発見!

浅漬けや酢のものぐらいしか知らなかったのですが、ここを参考にエスニックに挑戦してみます。

投稿: まりも | 2009年11月25日 (水) 16時30分

>まりもさん
コメントありがとうございます

何か参考にしていただけると、とても嬉しいです。
美味しく食べていただけますように・・!


投稿: ぷく | 2009年11月26日 (木) 01時15分

ハヤトウリ知らなかったです。
いろいろ併用できて便利そうですね。
んー食べてみたい!

投稿: うっちー | 2009年12月11日 (金) 21時39分

>うっちーさん
コメントありがとうございます!
結構おいしいので、どこかで見かけたら是非食べてみて下さい!

投稿: ぷく | 2009年12月13日 (日) 01時10分

大量に貰ったチャーテ
豚肉との炒め物だけで飽きてきてましたが
最高です!天才です!
ありがとうございます
麻婆チャーテ&漬物で
今夜のご飯は決まりです
漬物にしたい!と知人にも言われてたので早速メールしてみました
漬物…食わず嫌いの義父にも食べさせてみたいかも

投稿: まさき | 2010年12月16日 (木) 19時06分

>まさきさん

コメントありがとうございます!
参考になれば嬉しいです。

私は今年、はやとうりが入手できず、何も料理できませんでした。残念。
また来年レシピを充実させていきますね~!

投稿: ぷく | 2010年12月18日 (土) 01時02分

はじめまして★愛知県出身、ブラジル在住のsummereyesと申します。
愛知県では隼人瓜をみかけたことがなく、
ブラジルに来てから初めて隼人瓜の存在を知り
ました。

美味しいので隼人瓜レシピを探してみた
ところこちらのブログを見つけ、拝見させて
頂きました。

美味しそうなレシピばかりですごく
参考になりました。これから
いろいろ挑戦させていただきたいと
思います!

ちなみにブラジルでは
CHU CHU (シュシュ)
と言います。かわいいですよね^^

投稿: summereyes | 2011年7月22日 (金) 05時52分

>summereyesさん
わざわざコメントありがとうございます~!

ブラジルの名前、可愛いですよね~!

先日、インドネシアでも名前も教えてもらったので、ブログ本文の「ハヤトウリ情報(??)」に入れさせて下さいね☆

投稿: ぷく | 2011年7月22日 (金) 23時52分

”チャーテ”って言う名前は メキシコから来たのですね。初めて知りました。
いつも薄味の煮物にしかしてなかったので、マーボー風の、今度試してみます。
ちなみに、これをそのまま土に埋めとけば芽が出てきます、そうです。(聞いた話で、実行してませんが…)
レシピ、ありがとうございました。

投稿: tama | 2011年10月30日 (日) 23時23分

>tamaさん
わざわざコメントありがとうございます!

はやとうりは、クセがないので、濃いめの味付けでも受け止める度量があるお野菜だと思います!ぜひお試しを!

土に埋めれば芽が出てくるのですね~、一度試してみたいです。でも、マンションでは無理かしら・・

投稿: ぷく | 2011年10月31日 (月) 23時42分

はじめまして。
九州から送られてきたお野菜にこのはやとうりが入っていました。名前も使い方もわからず、調べていてこちらに辿り着きました。いろんなお料理に使えるお野菜なんですね!教えて頂きありがとうございました!!

投稿: maman | 2011年11月27日 (日) 17時36分

>mamanさん
わざわざコメントありがとうございます!
九州ではポピュラーなんでしょうか。
今年は私は「はやとうり」入手できませんでした・・

投稿: ぷく | 2011年11月27日 (日) 23時31分

ごちそうさまでした!
日曜日に旦那の実家(鹿児島出身)からはやと瓜を頂戴しました。
そこで食べ方を調べていたところ、こちらにたどり着きました^^

昨日の月曜日に、豚肉の炒め物をしたのですが、とっても美味しかったです♪
美味しいレシピをありがとうございました♪

とっても美味しかったので、当方のブログでリンク&ご紹介させていただきたいのですが、宜しいでしょうか?

投稿: すえ | 2011年11月29日 (火) 12時57分

>すえさん
わざわざコメントありがとうございます!

リンクの件、もちろんOKです!
そちらにもお伺いしますね~!

投稿: ぷく | 2011年11月29日 (火) 23時46分

昨日、久しぶりにハヤトウリを、買うことが出来ました。一昨年ぷくさんのブログで、料理をさせていただいたことを、思い出し、まだあって、よかった!と。

今度は、しっかり、プリントアウトしました。本当に素晴らしいブログありがとうございます。これからもよろしく。楽しみにしています。

今日は、麻婆と、金平を、つくります。

投稿: みどり | 2012年10月 5日 (金) 15時53分

>みどりさん
わざわざコメントありがとうございます。
もう、ハヤトウリが出回りはじめているのですね~!
この記事が、美味しく食べるきっかけになれば嬉しいですhappy01

投稿: ぷく | 2012年10月 6日 (土) 01時21分

はやとうりお酢ずけにしてみました
薄く切り一晩しおずけにしますざるに入れ水切りおして砂糖ー塩(少々)酒少し酢(材料が漬かる位)一度沸とうさせますそのままかけます
冷めてから瓶等にうつし冷蔵庫に保存すれば一年食べれますよ

投稿: 田中裕子 | 2012年10月14日 (日) 11時36分

センナリウリの調理法を探して、ここにたどり着きました。ハヤトウリともいうんですね~。先週末、夫の実家で大量に収穫・分けて頂きました。つる性で他の木に被さるように茂っていましたよ。

塩もみや酢の物に始まって、こんなに展開できるんだと、ぷくさんの発想に驚きました。参考にさせて頂いて、日持ちするようなので、大切にいろいろ試してみたいと思います♪

ちなみに夫の実家では豚肉と炒めて甘味噌味にしていましたが、美味しかったですよ。

投稿: ごまあざらし | 2012年10月14日 (日) 23時24分

>田中裕子さん
コメントありがとうございます
お酢漬けにすると、日持ちがするのですね★
今度試してみます!
ありがとうございますhappy01

投稿: ぷく | 2012年10月15日 (月) 00時27分

>ごまあざらしさん
コメントありがとうございます!
豚肉と炒めた甘味噌あじ、絶対美味しいですよね!
私も試してみたいです。

投稿: ぷく | 2012年10月15日 (月) 00時30分

はじめまして。実家の父母が楽しんで育ててる はやと瓜 今まで すし酢で漬けるしか知らなかったので ワクワクしてきました。初めて 今年
 自分でも育てることができたのですが つぎからつぎから 小さい瓜ちゃんが できるので かわいい反面 あとあと どうなるやら。霜が降りるくらいまでですね。近所にお配りして はやと瓜の輪 ひろめますね。 

投稿: まろ | 2012年10月31日 (水) 14時39分

 ぷく様
 
はじめまして。
昨年 お友達からハヤトウリをいただき、麺つゆでさっと煮て食べてみて、その食感にハマってしまい、今年は小さな庭先で育ててみました。漸く実が付いてきて、調理法はないかと、ぷく様のお部屋に辿り着かせていただきました。たくさんのレパートリーをお持ちで感動です☆ ぷく様 素晴らしい~\(^o^)/
私の可愛いいハヤトウリちゃまが採れるようになったら、ぷく様のレシピを参考にさせていただきますね。ありがとうございました。

投稿: 黒崎 陽子 | 2012年10月31日 (水) 15時57分

>まろさん・黒崎陽子さん
わざわざコメントありがとうございます!

はやとうりは夏場のグリーンカーテンとしても重宝するいい子なので育てる方も増えてきているみたいですね!
せっかく成った実、美味しく食べてあげてくださいね~!

投稿: ぷく | 2012年11月 1日 (木) 00時13分

はやとうりのレシピありがとうございます。
私は酢の物しか作った事がなくどんな料理に
すればいいのか困っていましたが
こんなに色々できるとは…嬉しいです。
早速作ってみますね~♪

投稿: | 2012年11月 8日 (木) 07時06分

わざわざコメントありがとうございます!

色々試してみて下さいね~!

投稿: ぷく | 2012年11月10日 (土) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/8696493

この記事へのトラックバック一覧です: はやとうり(隼人瓜) ・チャーテ:

» ビタミン大根と隼人瓜 [SORI's ブログ]
地場で採れた野菜ばかりを売っている近くの野菜屋さんで緑の大根を見つけて味が気になったので買ってみました。名前はビタミン大根と書かれていましたがいろんな名前があるようです。恵恋さんの記事のサラダ大根も似た種類の気がします。 ビタミン大根をネットで調べる...... [続きを読む]

受信: 2007年11月18日 (日) 20時00分

» こんな野菜 [SOULOG ビリヤード、ヘボ写真&思いつき]
 画像はハヤトウリ。 [続きを読む]

受信: 2009年1月12日 (月) 09時35分

» SAYOTE 早と売り?………ハヤトウリの調理法 [マニラPHOTOバ-ジン]
屋台で売られていた【SAYOTE】ハヤトウリ 北海道で【瓜】と言えば、西瓜(スイカ)、南瓜(カボチャ)、味瓜、ヘチマ(非食用)、... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 07時01分

« キムチじゃが芋 | トップページ | 健康診断前夜の献立 »