« 秋刀魚の酢じめ | トップページ | 焼き油揚げ »

小松菜と黄菊のお浸し

栗ごはんの献立

の副菜の料理は

小松菜と菊のおひたし。

秋の旬料理・・です。


お手軽度
 ★★

調理時間 約10分
 2種類の茹でものがあるから、チョッと手間かも・・・


写真はこちら

Kurigohan0005


レシピ(2人分)

●材料

小松菜 1/2
黄菊  25g
A(だし 大さじ3、うすくちしょうゆ 小さじ1)

●作り方
①小松菜はゆでる。3cmに切る。
②黄菊は花びらをつみ、湯に酢を少々加えた中でゆでる。水にとり、水気をきる。

③小松菜と菊をAであえる。

●ひとくちメモ

いつものおひたしに黄色い菊を添えて、秋らしく仕上げました。
菊は酢を加えた湯で茹でると、色鮮やかに仕上がります。

|

« 秋刀魚の酢じめ | トップページ | 焼き油揚げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/8594728

この記事へのトラックバック一覧です: 小松菜と黄菊のお浸し:

« 秋刀魚の酢じめ | トップページ | 焼き油揚げ »