« 秋刀魚の生姜煮 | トップページ | 菊花豆腐のすまし汁 »

つるむらさきのお浸し

松茸御飯の献立(写真はこちら)
の野菜のおかずは、
つるむらさきのおひたしです。

何故今頃ツルムラサキ<蔓紫>?・・・
私にもよくわかりませんが、
近所の八百屋さんでお安く売られていたのです・・
青菜も献立に入れたかったので、今日はつる紫、使いました。

お手軽度 ★
調理時間 10分

写真はこちら

0710290003

レシピはこちら(2人分)

●材料
つる紫 50g
A だし 大さじ4
  うすくちしょうゆ 大さじ1

●作り方
①つるむらさきは茹でて、水にとり、水気を絞る。食べやすい長さに切る。
②Aをあわせたものとあえる。

●ひとくちメモ
つるむらさきは、他の青菜と同様、ゆでて、色んな料理に使えます。

茎がやや太いので、歯応えがありすぎると思う時は、
太さを半分~1/4に切ってもいいかも。

すこし独特の風味がある、夏場が出盛りの野菜です。

醤油は淡口でなくてもOKです。

|

« 秋刀魚の生姜煮 | トップページ | 菊花豆腐のすまし汁 »

コメント

うちのブログにも起こしいただき、
ありがとうございました。ここの
レシピ集はとても役にたちそうです。

ツルムラサキですか、めずらしいですね。
あのもっそりした感じが好きになれませんが
調理の仕方では美味しくなるのでしょうね。
たしか栄養がある植物ですね。(^-^)

投稿: ripple | 2007年11月 1日 (木) 09時11分

>rippleさん
またまたコメントありがとうございます!
つるむらさき、ちょっとクセがあるから苦手な人もいるかも。
おひたしより、炒め物の方が万人受けする調理法かも知れないので、そのうち作ってみようと思います!
また、ブログ遊びに行きますね~

投稿: ぷく | 2007年11月 2日 (金) 12時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/470606/8675351

この記事へのトラックバック一覧です: つるむらさきのお浸し:

« 秋刀魚の生姜煮 | トップページ | 菊花豆腐のすまし汁 »